サンディエゴ現代美術館 in ラホヤ(La Jolla)

先週行った、ラホヤ(La Jolla)にあるサンディエゴ現代美術館(Museum of Contemporary Art San Diego)のレポートです。この日の写真はすべてコンデジで撮っています。
b0208652_17555750.jpg


入館する前から、こんな彫刻がお出迎え。手の部分が動いています。

b0208652_17565151.jpg


どんなに大きいか、友情出演者との比較でお分かりいただけるでしょうか。

エントランス。残念ながら、ここからは先は撮影NGです。

b0208652_17571814.jpg


HIGH FIDELITY: Selections from the 1960s and 1970sというエキセビションをやっていました。たまたま学芸員による無料のガイドが始まったのでラッキーでした。

モダンアートはエキセントリックで分かりづらいものはあまり得意でないけれど、単純に視覚に訴えるポップでカラフルでかわいいのは大歓迎!恐れ多くも、「このアイデア、いただき♪」などとつぶやきながら見てしまいます。

EMPEROR'S RIVERという写真展も開催中。サンディエゴのフォトグラファー、Philipp Scholz Rittermannによる、急速に発展する中国の新旧のコントラストをとらえた作品の数々です。

夫は政治的角度から内容について論議したがっていたけれど、私はほとんど無視で(笑)ただただそのパノラミックなワイドアングルの素晴らしさとプリントの質の良さに感嘆。一枚の写真が何メートルもあるんですよ。

屋外の彫刻の庭では撮影OKです。ボートで出来たスカルプチャー。

b0208652_17574640.jpg


いったい何でくっつけてるんでしょうね?クラフトボンドじゃムリ。

b0208652_17581520.jpg


作品の大きさと遠近法で、いつもは大きな友情出演者も今日ばかりは小さく見えます(笑)。

これは指摘されるまで気づきませんでした。分かります?

b0208652_17583942.jpg


まるでクッキー型で抜いたよう!

他にはこんなのとか...

b0208652_1759446.jpg


こんなのとか...

b0208652_17593377.jpg


...いかにも夫が「オレには解せねぇ」とブツブツ言いそうなタイプの作品群。

しかしこのボート、しつこくて悪いけど、やっぱり物理的にすごいよね。ほんと、いったいどうやって接着してるんだろう(完全にクラフター目線・笑)。

b0208652_181329.jpg


ちなみにどの写真でもチラリと入っている黄色いホース。これも展示の一部なんだそう。私は「水まきをしたあとのしまい忘れかしら?詰めが甘いわ」、などと思っていました。

見下ろせばすぐ海の、とても景色のよい美術館です。いちばん長居してしまったのは...

b0208652_182442.jpg


ペリカンのご一行様が飛んでいくのが見えるテラスでした。

b0208652_1823269.jpg


寒くて外にいられなくなるまで撮りつづけ、この日いちばん多かったのはペリカンの写真!一眼レフカメラを車にお留守番させたことを激しく後悔したのでした。コンデジではこれが限界。また撮りに行かないとね。今度はもう少し明るいうちに。

*************************

先週末はミラマー基地へ、今日はコロナドビーチへ、そして明日はジュリアンへ行くのだけれど...写真の選択と編集が追いつかない!お出かけ写真をその日か翌日に記事にしていらっしゃるブロガーさんたちってすごいです。私はハンドメイド記事も数日遅れでアップしてるのに。

まあ、どうか気長にお付き合いください。

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。みなさんのワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ


 
by marikobrown | 2011-06-26 18:19 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://frommbinsd.exblog.jp/tb/15834792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 雅風 at 2011-06-26 19:16 x
ロンさんがご一緒で比較対象となってくださったのでよかったですね(苦笑)お陰でどの位なのか・・・がよく解ります。ぜひお礼をお伝えくださいませ。
美術館に博物館・・・何々園と名の付く場所は、国を問わず行けば充分満喫した時間を過ごさせてくれる場所ではないかと思っています。どの目線で見るか?によっても楽しみ方は色々!うんちくは置いておいて、目の前にあるものをただ感じて楽しむっていいんじゃないかなって思いますね。彫刻って奇想天外!?見ててとても楽しいです!
Commented by yumilina at 2011-06-26 23:32
こんばんは。
前回の私のコメント、何がなんだか判りませんね。
言いたかったのは、基礎を学ばれたmarikoさんの加工して遊んだ写真だったら、きっと素敵という事です。
写真だったらピントと構図と露出なのかな?映画や音楽は監督や作曲者や演奏家の個性と自己の表現と言っても、最低のラインをクリアしていないと駄目だと思うんですよね。
ボートの接着は溶接ではないかと思います。
ボンドじゃ無理無理。
週末から南洋のほうに出かけて、先ほど戻ってきました。
泊まった所でネットに接続できたので、コメントはしなかったのですが、お邪魔してました。暑かったので、ストロベリーレモネードの投稿は、渇いた喉にパーンチ。
飲みたかった~。
Commented by Karen at 2011-06-27 03:25 x
ひょえ~, 私にはあのボートの塊の下に立つのは無理です。絶対に無理!ロンさん、良く立っていられると感心しちゃいます。クッキーの型抜きとホースは私のつぼにはまってます。ジュリアン、一度行ってみたいんですよぉ。りんごもアップルパイも大好きなんです。報告(?)楽しみにしてます。(ってリクエストしてるって事ですよね?ごめんなさい、ずうずうしくて!)

イチゴと砂糖のMarikoさんのレシピ、試しました!砂糖100グラムって目で見ると結構な量なんでびっくりしました。適当レシピで料理している人なものですから、きちっと測ると、自分の感覚と違うことに驚きます。出来上がりですが、美味しかったです。ヨーグルトに混ぜたら最高。これはイチゴが買える間の定番レシピに決定です。100グラムの量も大体わかったし!ありがとうございます!
Commented by ks_1119 at 2011-06-27 08:16
面白いものを結構飾ってあるんですね。
Commented by maru at 2011-06-27 08:43 x
ボート、すごいですね。ギュウギュウに吊ってあるのかしら??でも強い風が吹いたらユサユサ・・なんて、とっても怖い>< 落ちてきたらと思うと下に立てないですよね!
私もホース、スプリンクラー式なのかしら?と思っていました。あぁアートって難しいです。標識かわいい♪一番ツボでした☆
Commented by ムームー at 2011-06-27 12:08 x
ペリカンが飛ぶ姿にびっくりです、こんなふうに飛ぶのですねぇ。
像の大きさがかなり大きいって賛助出演のダーリンさまと比較して見ればわかりました。
ボートは何でついてるのかしら、ハンダづけ?
面白いものがたくさんありますねぇ~
見せて貰えて嬉しいです~♪
Commented by yojoka at 2011-06-27 16:22 x
ボートが押し寄せてきそうな勢いですね。
お写真でこんなスリルを感じてしまうので
marikoさんの撮り方はほんとにすごいです(><)
Commented by Moon-in-the-ocean at 2011-06-27 16:32
ボートで作品を作るのは実にサンディエゴ!だと思うんですけど、上を眺めている間にメキメキメキっと音を立てて落ちてきそうです…。私も下には絶対に立ちたくないです。 クッキー型で抜き取ったような花壇?と抜き取られた後の空間が可愛らしいですね。
先週末ディズニーに行かなければ、marikoさんに会う機会もあったのかもー。残念~!!
Commented by Petit Bonheur at 2011-06-27 22:49 x
ほんと旦那様が小さく見えますね!!
まるで旦那様が小人になっちゃったみたい(笑)
それにしても、このボート!!
凄い!って思うよりも先に下にいる旦那さん恐くないのかな?ってそっちに気をとられてしまいました!
後、宇宙人みたいなヤツ。。。。
これもアートなんだろうけど(苦笑)
多分?いや、絶対に娘が見たら大泣きします!(笑)
Commented by わたげ at 2011-06-28 09:00 x
アメリカの美術館はいいですねぇ。
自由な発想と 遊び心が満載です。

marikoさんの記事を読んでいると アメリカでの生活が懐かしく 帰りたくなっちゃいます^_^;

今回の美術館での刺激が どんなふうにmarikoさんの作品に表現されていくのか これかも 楽しみにしています。
Commented by ORIKO at 2011-06-28 14:28 x
うちの夫も「分からない、、」と言いそうです。(^・^)
私も作者の意図を充分理解できる自信はありませんが、「スゴイ!」とか「面白い!」と思えれば充分楽しめるんですけどね~。
黄色いホース・・・なかなか芸が細かいですね!(^・^)
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:00
雅風様、
今回の友情出演は非常に役に立ちましたね(笑)!ふだんはデッカい体がデッカく写ってますから...最初に課題のポートレイトを載せたときは躊躇していて、コメントなどもすごく気にしていたのですが、最近はブログに載った自分の写真を見て、「オレ同じ服ばっか着てるように見えるなあ」などと言ってネットでシャツを注文してました。ノリノリです(笑)。

どの目線で見るか、でずいぶんと違ってきますよね。美術館、特に現代美術館は、クラフト目線で見始めると居ても立ってもいられなくなったりして(笑)。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:10
yumilina様、
単なる崩れvs基礎を知っている人の意図的な崩し、おっしゃること、よく分かりましたよ。写真もそうですね。最低限の条件をクリアした上での個性や「型破り」こそが価値あるものなんだって、私も思います。

ボート同士は溶接で合体させているでしょうね。でも建物の角にあのボートのかたまりの先を「ちょこん」とくっつけてるのは何でしょう?あれが見上げたところにあるのだから、かなりの迫力でしたよ。

旅行に行っていらしたのですか。いいなあ〜!南洋って響きだけでなんだかワクワク。写真もたくさん撮られたでしょうか?見たいな〜!
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:20
Karen様、
ジュリアン、私は二度目だったんですが、前回行ったのはお正月で、行く途中、雪の山を通ったんですよ。今回も「山の方は涼しいだろう」と余裕を持って行ったら、どっこい、暑かった〜〜〜!小さな街ですが、雑貨好きならけっこう本気の買い物ができるかも。私は好きです。写真付きレポート、書きますね!

いちご300gに対し、まぶしたばかりのグラニュー糖100gは真っ白で、慣れていない方にはちょっとびっくりの量かもしれませんね。でも時間が経ったらいちごから水が出て、さらさらでフルーティーなシロップになったでしょう?いちごにブルーベリーやブラックベリーを足しても美味しいですよ。今週はどこもベリー類がセールになっていてうれしいですね。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:22
ks_1119様、
現代美術はナゾなものが多いですね(笑)。実は私は数年前までは苦手どころか嫌いなくらいでした。ようやく分かるものは分かるようになってきましたが、夫は常に「オレには分からねえ」と文句を言っています(笑)。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:27
maru様、
常連さんっぽい、髪をむらさき色に染めたその道の人っぽい奇抜なオバサンが「この黄色いホースもアートの一部なのよ」と教えてくれました。でもそう言われてみてみたら、なるほど、これを目で追うとすべての展示物につながるようになっていて、しかも黄色という色も合っているな、と。コンテンポラリーアートはむずかしいですね。私は単純に、「色がきれい!」とか、「かわいい!」とか、視覚に心地いいものが好きみたいです。maruさんのお気に召された標識みたいにね。やたらに政治的なのとかはちょっと苦手。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:29
ムームー様、
ペリカンが団体で飛ぶ姿、なかなかすごいでしょう?私も一羽でいるところは見たことがあったのですが、こんなに大きなグループで並んで飛んでいるところは初めてだったんですよ。カモメよりうんと大きいので、こちらに向かって飛んでくる様子もなかなかの迫力でしたよ。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:33
yojoka様、
一眼レフカメラは車に置いて、コンデジしか持って入らなかったのですが、迫力が伝わったようでうれしいです。見上げるようにして撮っていた時はちょっと怖かったですよ〜。一体誰がこんなことを考え、しかもアートと認めて美術館に飾るのでしょうね。いろんな意味ですごいです(笑)。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:39
Moon-in-the-ocean様、
自分の時に限って...とか、思ってしまいますよね。遊園地の乗り物なども、「いつもは安全でも私の時に限って不具合が生じて、私だけ高速の乗り物からポーンと放り出されたらどうしましょう?」などと考えてしまいます。え?日頃の行いがよければそんなことはないって(笑)?

私も久しぶりにディズニーランド、行きたいなあ。1年でいちばん混んでいる時期を選ばなくってもよさそうな気もしますけれどね(笑)!
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:45
Petit Bonheur様、
コンテンポラリーアートには子どもが見たら怖いんじゃないかってもの、けっこうありそうですよね。大人でも不気味に感じること、ありますから。映画「もののけ姫」で泣く子続出と聞いて納得したことがありますが、やっぱり適例年齢って言うものがあるのでしょうね。この宇宙人みたいなヤツは、夫も「怖い」って言ってました(笑)。
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:49
わたげ様、
こちらの美術館や博物館は遊び心があるのと同時に、子どもが実際に触ったり入ったりできる体験型の施設も多いですよね。サンディエゴのバルボアパークの自然博物館や航空博物館がよい例ですし、ダウンタウンにも新しくチルドレンズミュージアムも出来ました。お子さんたちとのクリエイティブな生活を楽しむわたげさん家にぜひ体験して欲しい!
Commented by marikobrown at 2011-06-28 18:52
ORIKO様、
ご主人もそうですか。ロンはコンテンポラリーアートに対してはかなり手厳しくて(?)、抽象画などを見て「オレにも描ける」とか、「ゾウでも描ける」とか、ブツブツ言っています。彼はトラディショナルなアートが好きです。リアリスティックな風景画とか肖像画とか。ORIKOさんのご主人もそうでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(44)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2017年 06月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧