私のドローイング(デッサン)初体験/ドゥードゥルアート(doodle art)のすすめ

昨日はランキングポイントがさらに自己最高記録を更新!訪問者1,169人中、133人もの方がひとつめの、61人もの方がふたつめの投票バナーをクリックしてくださいました。

ポイントだけでなく、訪問者数も私が把握している限り過去最高。1,000人をちょっぴり超える日はたまにありますが、1日にこんなに多くの方がアクセスくださるのは初めてのことでした。うれしいです!投票してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

たぶん一時的な現象だと思うので(以前もナゼか数日間だけポイントがそれまでの倍くらいになって何の前触れもなくまた突然半分になった経験あり・苦笑)、「さあ、人気上昇中のうちに次は何をお見せしようかしら」(笑)と頭の中は楽しい計画でいっぱいです。

****************

今日は先日少し触れた、2年前に参加したドローイング(デッサン)のクラスのお話を。

カレッジの本科コースのひとつとして1学期間通い単位をもらった二次元デザインやグラフィックデザインのクラスとはまったく違い、私の参加したドローイングの教室は週1回x3週間で終了する単なる趣味のワークショップでした。

「宝くじが当たったら?」の質問に過去20年ほど「個人レッスンで優雅にピアノ、テニス、絵を習いたい」と答えているくらい絵を学ぶことには興味があり、チャンスがあればと常々思っていましたが、あってもカレッジで受講することにはためらいがありました。

なぜなら成績がつくのが怖かったからです!勤勉さと集中力(=しつこさ・笑)にだけは自信があるので大抵のことは努力でどうにかなると思い込んでいますが、こればかりは生まれ持ってのセンスがないと無理だと思い、作品を評価される環境で絵を習うことには消極的だったのです。

なので、経験を問わない、たとえるなら区や市の主催のコミュニティーセンターのデッサン教室のようなこの3回コースを見つけ、「気楽で私にぴったりだわ」と申し込んだわけです。

絵についてエラそうに(笑)分析することには慣れていましたが、描き方を教わるのは初めて。持って生まれた才能や経験にももちろん左右されるけれど、たとえばレシピさえあればパンが焼けるように、型紙と手順書さえあればブラウスが縫えるように、描き方さえ知っていれば私でもある程度は可能かもしれないと勘違いさせられるような目からウロコ体験の連続でした。

特に、「線」を追うのではなく「形」を見つける、というコンセプト。人の顔を見るとどうしても目鼻口の輪郭を追ってしまうけれど(それこそドラえもんの絵かき歌のように・笑)、そうではなくて目と眉の間のくぼんだところにある黒い三角形、光が当たって頬に出来た白い台形、というように、「形」を見つけて並べれば見たものを紙面に写せる、というコンセプトです。

私が「これは意識改革だ!」と震えたのは(笑)、黒い紙に白で描くという経験でした。

普通に白い紙と鉛筆で練習して「あれ、私イケるかも?」なんて調子に乗りかけていても、モノクロ写真と黒い紙を並べて白い鉛筆を与えられるとまったく手が動きません。だって本来「描く部分」(黒いところ)はそのままで、「描かない部分」(白いところ)を描くんですから!

これはもう、目とか唇とか言っていると頭が混乱して前に進みません。目鼻口はないものとみなし、丸や三角や四角の「形」のみが存在すると無理やり脳内を変換してやっと描き出すことができたのです。ああ、こういうことか、と。それで「意識改革」(笑)。

とにかく、人間の顔に見えるか、写真と似てるか、などは一切考えずにひたすら「形」だけ写し、さらに顔のパーツなどは意識せずただ機械的に明るいグレーの部分はうっすらと、白いところは力を入れて白の色鉛筆で塗っていったら、ちゃんと顔らしいものが出現しました。

b0208652_19202864.jpg


半信半疑で、ただ盲目的に形だけ描き写すこと約15分。で、我に返ったらこれが出来ていたので本当にびっくりでした。しかもまわりの人たちが「そっくり」というくらい見本の写真に似ていたのです。感激でした。

成績もつかない単なる趣味の教室とは言え、根っからの生真面目人間なので(笑)受講中の3週間はできるだけ学ぼうと家でもよく練習していました。

自分の左手を描いたり...

b0208652_19482215.jpg


右上の隅に描き始めと描き終わりの時間が記されています。理由は知らないけど、ひとつ10分か15分以内で終わらせることにこだわっていて、時間切れになると途中であっても終了して次のものを描いていました。2年前の自分、不思議すぎる(笑)。

パステルでミニバラを描いたり。

b0208652_1948387.jpg


うっすら透けている次のページは自画像。激似だけど激ブスなのでお見せ出来ません。夫も「上手に描けてるけれど似ていないよ」などと矛盾したことを言ってなぐさめてくれました(笑)。

絵は上手ではないけれど、たまにスケッチブックにお花や雑貨を描いたりしています。

*****************

さて、この教室。大変おもしろかったのが教えてくれた先生でした。風景画が専門の彼女は熱心なドゥードゥリング(doodling)ファンで、「シャーピーは画材です」とともに「ドゥードゥリングは真面目なアートです」という名言(?)も。

ドゥードゥル(doodle)というのはらくがきとかいたずらがきという意味で、一般的には授業中ノートの余白にぐるぐるの迷路や先生の似顔絵を描いたり、教科書の歴史的人物にヒゲを生やしたりツノをつけたり、サングラスをかけてツッパリ風にしたりというのが連想される言葉です。

そこから派生して、アートではこんなイメージ。固定した作風はないけれど、ストリート系やヒッピー系の印象が強いジャンルではないかと思います。

日本語では、「ドゥードゥルアート」としないと該当の文献や画像は出て来ないようです。

先生はとにかくドゥードゥリングが好きで、本命の作品作りに行き詰まると気分転換にドゥードゥリングをすると言うのです。初心者の私たちが必ずスランプに陥ることをよく知っているので、彼女は初日からドゥードゥリングの用意をしてくれていました。

作品例を見ても分かるように決まったルールはありませんが、行き詰まった時のリフレッシュ法として取り入れるので「とにかく頭で考えないこと」が鉄則。そして教室では「1本描きすること」、「抽象画に徹し、お花やハートなど具象的なモチーフは避けること」という先生独自の定義に基づいてドゥードゥリングが行われました。

その日のノート。Doodling=seriousってメモってある(笑)。

b0208652_2152445.jpg


1本描きされたグニャグニャのあとに「シャーピーで着色」とあります。そうです、ここであの「シャーピーは画材です」発言がなされたのです(笑)。

白いカードストックを半分に切ったものをみんなに数枚ずつ配り、「さあ」と言わんばかりに200本はあろうかというシャーピーをテーブルいっぱいにぶちまける先生。私も他の生徒たちもドローイングとドゥードゥリングを交互にやりながらとても楽しい時間を過ごしたのですが...

ないのです、描いたものが。3週間で私はおそらく6、7枚は描いたと思うのですが、手元にはないのです。他のみんなも、「先生、ドローイングは返してくれるのにドゥードゥリングは返してくれないよね」、「もしかして人のドゥードゥル集めてるとか?」、「どれだけドゥードゥリング好きなんだよ!」(笑)。

しかし自分のスケッチブックには残っていました。

b0208652_2120487.jpg


どれも無理やり1本描き。一度ペンの先をペーパーにつけたら最後まで離さず一気仕上げです。黒のシャーピーでドゥードゥルをしてできたブロックをカラーのシャーピーで塗りつぶしています。

それぞれ4x5.5インチのいつも作るグリーティングカードのサイズ。まさかこれをカードのデザインにするつもりだったとか?2年前の自分、恐ろしすぎる(笑)!

そういうわけで、新しいシャーピーの試し書きと兼ねてしまったためにあんなにかわいいうさぎさんのイラスト本からあのようなサイケデリックな結果が生まれてしまったのでした。

このブログではマーサカラーの優しい雰囲気のクラフトが中心だからかいつもとのギャップに驚かれた方もいらっしゃったようでしたが、実はサイケの裏にはちゃんと経緯があったのでした〜!

ナゾの高ポイントはいつまで続くかしら(笑)?今日もクリックお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-04-04 22:19 | 日々の暮らし


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(43)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧