ストレート派?ミルク派?紅茶について語ります!

マーサ・スチュワート・ホームオフィスシリーズのチョークボードラベルを貼って識別している2つの空き缶。気になる中身は...

まずひとつめはこれ。アーマッドティー(Ahmad Tea)の空き缶です。

b0208652_7303338.jpg


特に好きなブランドというわけではないのですが、クリスマス時期になるとかわいいパッケージのものをスーパーで見つけてしまうので、ついつい手が伸びてしまいます。

ラベルには「Typhoo」。

b0208652_731567.jpg


中には今これが入っています。

b0208652_7305392.jpg


タイフー(Typhoo)のティーバッグです。ダージリン好きを何度か公言しているので、不思議に思われた方もいるかもしれませんね。私は普段紅茶はほとんどストレートで飲みますが、ミルクティーにするならどんな高級茶葉よりもこれが美味しいと思っています。

****************

ところでみなさんはコーヒー党?紅茶党?紅茶党なら、ストレートティー派?それともミルクティー派?

私は家族全員コーヒー党という家庭で育ちました。母にいたっては「渋くて飲めない」というほどで、家にはお客様用すらありませんでした(今も私の滞在中にしかありません)。

小さい頃の私にとって紅茶というものは、「遠い街に住むお母さんお友だちの家を訪ねたときに、お花の柄のきれいなカップで出てくる大人の飲み物」でした。

ジュースよりも炭酸飲料よりもコーヒーが好きな小学生だった私が突然紅茶に夢中になったのは、中学1年生のときです。誰も飲まないので何年もの間放置されていたお中元かお歳暮のトワイニングのギフトセットを興味本位で開けてみたのがきっかけです。

レギュラーサイズのルースリーフが5、6缶とお砂糖数種類がきれいに並んでいて、まん中にはシュガーポットが入っていました。これです。

b0208652_94412.jpg


なんと現役!25年間、一度もしまい込まれることなく私のキッチンに居場所を持っています。学生寮にいた頃にふたの内側のコルクがすり減って切れてしまい、捨ててしまったので密封は出来ません。ここ10年ほどは個包装になった人工甘味料を入れるのに使っています。

中学生で紅茶の美味しさに初めて気づき、大人になってからはブランドや産地で飲み比べをしたり、専門店で美味しい紅茶を味わったりするようにもなりました。

紅茶と砂糖の歴史的役割をテーマに米国史の論文を書いたり、専攻した食品栄養学の課題でも何度か紅茶を取り上げているので、おそらくかなりの紅茶好きと言えるのではないかと思います。

****************

しかしそんな私が初めてミルクティーを飲んだのはほんの6年前のことです。それまではストレート一辺倒で、試しにもミルクを入れたことは一度もありませんでした。ミルクは邪道と思っていた私に何が起こったのかと言いますと...

外食した席で、同伴していた子どもが私のアイスティーにミルクを注いでしまったのです!その子のお母さんは私が好まないことを知っているので交換を申し出ましたが、私への好意と親切心からお手伝いしてくれた子どもを傷つけたくありません。そこで「ガマン」して飲んだのです。

しかしその「ガマン」こそが私の半生のカンチガイを正してくれたのです!アイスミルクティー、なんて美味しいの(笑)!そこは数人前のパスタやピザが大皿で出てきて取り分けて食べるスタイルの気軽なレストラン。けっしてすごくいい茶葉を使っていたわけではないはずです。

そこから私の第二の紅茶探検(笑)が始まりました。ミルクによく合う好みの紅茶を求めて、あれこれ読んだり試したり。結果、しばらくはベノアのアッサムが私のお気に入りとなりましたが、後に知り合ったスコットランド出身の年配女性がアメリカで手に入るものではこのタイフーを好んで飲むというので(スーパーで普通に売られています)、私も飲むようになりました。

****************

さてそのタイフー。カップの底が見えなくなるほど、赤っぽい色がとにかくよく出ます。雑味もあります。これをさらに、「このままでは濃すぎて飲めない!」というくらい長く抽出して、ミルクで割って飲めるマイルドさにするのが私の好きな飲み方です。

おすすめの美味しい紅茶なんていうつもりもありませんし、お客様にお出ししたりもしません。アメリカにおけるリプトンのように、おそらくイギリスではPG TipsやTetleyと並んで「飲み飽きない安価な大衆紅茶」という位置づけなのではないかなと思います。

****************

長い!語りすぎて、このブログ史上1、2を争う長さの文章になってしまいました(笑)。写真が多くて記事がふくれることはあっても、本文はなるべく完結に書くことを心がけているのですが...

もうひとつの缶の中身については別の記事に分けて書こうと思います。お茶好きの方もそうでない方も、ぜひ懲りずにまた読みにいらしてください。

今日もランキングの応援、よろしくね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ コラージュへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-07-11 12:12 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://frommbinsd.exblog.jp/tb/18583667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まりあ・くらら at 2012-07-11 17:59 x
くらら改めまりあ・くららです (;^_^ A

海外のパッケージってどうしてあんなにかわいいものが多いのでしょう。
私もたくさんしまってあります。

25年間も大切に使われてきたシュガーポット♪
素晴らしいですね。
ちょっとレトロな柄がとても愛らしいです。

コーヒーも紅茶も大好きです。
紅茶はベノアのことが多いです。
ケーキと一緒ならプレーンで、それ以外はミルクとお砂糖をたっぷり入れます。

マリコさんのお優しい気持ちが、新しい発見につながったのですね。

年末にはJALがSDへ直行便を出すそうなので
とても楽しみです(-^〇^-)
今年は夫の休みがそんなにとれないようで、ムリかもしれません・・。残念。
Commented by グランマ at 2012-07-11 20:21 x
脱帽!
何事もにも、気を抜かずこだわりぬいて ご自分のもっとも心地よいものを選びぬく努力、    努力の賜物を、簡単に真似する私。
marikoさんのブログに巡り合えた事に感謝します。

最近は私も紅茶派 意外と茶葉が高くって、娘に私へのプレゼントは 全て紅茶にして と言ってあります。
Typhoo 覚えておきます。
Commented by ムームー at 2012-07-11 20:25 x
こんばんは~
わぁ~今日は可愛いポットに紅茶のお話素敵です~♪
お気に入りは何年でも大切に使いますね。
娘は紅茶大好き人間です、私はとくにこれがってのがない、いやしんぼう丸出し何でもこい!です~
marikoさんの味覚は素晴らしいですね。
そして、どんなものでも自分のものとして開花されるのは才能なんでしょうねぇ。
Commented by ORIKO at 2012-07-11 20:36 x
日本でもアーマッドティーは売られていますが、こんな可愛い缶は見たことないですよ~。
見たら絶対買いますね。(^・^)
ところで私はコーヒー党なんですが、最近はルピシアの紅茶を色々試すのも楽しんでいます。
フレーバーティーをストレートで飲むことが多いかな。
元々自分の好みを追求するとか、こだわりがあるタイプではありません。
強いて言えば、いただきものだったり、たまたま試飲して美味しかったり、みたいな縁(?)を大切にするタイプですかね?(^・^)
Commented by ほたる at 2012-07-11 21:22 x
コーヒーも紅茶もどっちも好きで、アイスもホットも濃い目にミルク入りが好きです。
アメリカに来る前、こんなに素敵な所はアメリカの田舎には無い!(失礼)と思って、銀座のベノアのティーサロンに通いつめてました。嗚呼、行きたい。
フレーバーティーやスモーキーな香りの紅茶が苦手だったのですが、紅茶教室で習った時に「美味しい」と思いました。食わず嫌いだったのですね。
クリスマスとかってやっぱりカワイイ缶で出るのですね!Typhooも含めてチェックします~!!
Commented at 2012-07-11 21:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marikobrown at 2012-07-12 05:43
まりあ・くらら様、
このシュガーポット、ちょっとレトロどころか、だいぶダサくないですか(笑)?すごーく気に入っていた時期があったかと言えば別にそうでもないのですが、これだけ長く一緒にいると愛着も湧いてくるものですね。ギュッと密封できずにフタがちょこんと乗っているだけなので、開けやすくて便利です。

そうそう、何が新発見につながるか、分かりませんよね。レストランで運ばれてきたサラダに注文したものと違うドレッシングが使われていて、交換しますって言われたけれどまあ今日はこれでいいや、と思って食べてみたらそれ以来それがお気に入りになってしまったこともあります。いわゆる「食わず嫌い」はひょんなきっかけから解消されたり、逆に好物に変わったりすることもあるので、柔軟に構えていかないと損をしちゃいますね。
Commented by marikobrown at 2012-07-12 06:05
グランマ様、
よく言えばグランマさんのおっしゃる通りかもしれませんが、単に自分に最適なものを見つけることにしつこいと言うか、食いしんぼうというか(苦笑)。人のしている「いいな」と思うことを上手く取り入れて自分スタイルにしていくっていうのも才能だと思いますよ。せっかく提供されている情報は使わなくっちゃ!

Typhooは心地よいチープ感・日常感があるのだけれど、日本やアメリカで飲むクセのない大衆向けブレンド(リプトンや日東紅茶のような)と違って私には「外国」の味がします(笑)。もちろん個人差も大きいだろうけれど、紅茶に限らず国民としての好みみたいなものもあるんじゃないかなって思います。
Commented by marikobrown at 2012-07-12 06:09
ムームー様、
古いシュガーポット、デザインが昭和でしょう(笑)?あたりまえのようにいつも傍らにあったものですから、今回この記事を書くにあたり改めて計算してみて(単純に中学生の時の年齢を引いてみて)、自分でもびっくりしました!

娘さんのように「なんでもこい!」の方の方が食に関しては得をすると思います。私ももっと柔軟でいたいなっていつも思っています。食いしん坊って言われてもね(笑)!
Commented by marikobrown at 2012-07-12 06:13
ORIKO様、
イギリスの赤い公衆電話ボックスのデザインの缶とか、出るんですよ〜。すごく美味しいと感じているわけではないのですが、缶欲しさに抵抗出来なくなっちゃいます(笑)。こちらではクリスマス前に遭遇率が高くなります。

縁を大切に、っていうのも素敵ですね。私もこちらから積極的に攻めていく(?)場合もありますが、来るもの拒まずでお気に入りが見つかる場合もあります。ミルクティーの美味しさ発見はまさにその例ですね。食に関しては柔軟でいたいものです。
Commented by marikobrown at 2012-07-12 06:55
ほたる様、
ベノアレベルじゃなくてもいいから、普通に葉っぱをポットで蒸らして入れてくれる紅茶が飲みたい...何かにつけ、アメリカは紅茶よりコーヒーの国だなって思います。

フレーバーティーやスモーキーなお茶も美味しいと思えるって上級者だと思います。ラプサンスーチョンとか、どうがんばっても飲み慣れません(苦笑)。専門家に美味しい入れ方を習うと違うのかしら?

私のよく行くスーパーではクリスマスになるとドイツなどからの輸入のお菓子のコーナーが出来て、かわいい缶の紅茶もそこで見つかります。Pier 1 ImportsやCost Plus World Marketにお茶の扱いがあるので、期待できるかも。
Commented by marikobrown at 2012-07-12 07:18
鍵コメ at 2012-07-11 21:39様、
魅力的なお仕事をされていたのですね〜!好きなものに囲まれて、普通ならお金を出して習うことが社員教育に含まれていて。理想のお仕事です!

私もアメリカに来たばかりの頃(14年前です、似た時期ですね)、あまりにも紅茶が充実していないので青ざめました。ティーバッグしか売ってないし、やっと見つけたトワイニングもイングリッシュブレックファストとアールグレイのみとか!文字通り、紅茶を求めて駆けずり回りましたよ。

私の印象では、中東系の大きなスーパーに行くと紅茶のコーナーが充実しています。リーフティーもいっぱいで、回転もいいのでフレッシュです。ただし、すっごい大きなパックでしか扱いのないものもあり(おそらく人気だからだとは思うのですが)、試したいけど勇気がないっていうのもあります。

私もミルクは冷たいままです!スコットランド人のおばさんが「昔は牛乳がホモジェナイズされていなくて、分離した脂肪分の高いところをすくってミルクティーにするのがよかった」と言っていたのがすごく頭に残っていて、いつかやってみたいと思っています。
Commented by naoko at 2012-07-12 19:10 x
Typhooに反応しちゃいました!
Typhoo大好きです。
イギリスに行ったときに、列車の中の売店?で飲んで、
以来ミルクティーはTyphooがベストだ!と思っています。
あの丸いティーバッグも可愛いし。
でも日本では売っていないの(泣)。
お江戸に行けばあるのかな?
私の住む田舎にはありません。。。。
アメリカにはあるんですねぇ。いいなぁー。
Commented by yuki at 2012-07-13 08:28 x
ご無沙汰しています。
覚えてらっしゃらないかもですけど(^_^;)
私も紅茶大好きな上に、TyphooやTetleyなどのイギリスの大衆ブランドの名前を見て思わず...(笑)
私は、妊娠、出産してから、なぜか体がコーヒーを受け付けなくなったので、もっぱら紅茶です。
それも、真夏でも熱いミルクティ。
お茶は、TetleyかYorkshire Teaです。
どんな高級な茶葉より、1箱1.5ポンドほどのこのお茶がホッとする味なんです。
日本の紅茶は、薄くて...
実は、先月、本帰国したのですが、TetleyとYorkshire Teaは、山盛り持って帰りました。
今も、温かいミルクティを飲みながらコメント書いてます。
Commented by 20081111 at 2012-07-13 19:01
こんにちは(^-^*)/
文中にあった質問に回答しますと…夏はアイスラテ、冬はレモンティーが好きです。
自宅にデロンギのエスプレッソマシンがあるのでカフェラテを美味しくいただけます。
紅茶をストレートで飲むときはディンブラやキャンディーのように香がキツすぎないものを好みます。
ロンドンバスの缶、可愛いですね。
私もよく中身より缶ほしさにお菓子やお茶を買ったりしますよ★
Commented by marikobrown at 2012-07-17 09:14
naoko様、
ミルクティーにはTyphoo、同意してくださる方がいてよかった!なんというのでしょう、子どものころに飲んだわけではないのになんとなく昔懐かしいようなあの風味。飽きませんよね。列車の中の売店っていうところがイギリスっぽくていいですね!アメリカでは普通に他のものと並んで紅茶コーナーにあったり、スーパーの中のヨーロッパ系の食品のところで見つかったり。日本では色も味ももっと繊細な紅茶が好まれるからでしょうか、確かに見ませんね。naokoさんも旅の思い出の味に再会できるといいですね!
Commented by marikobrown at 2012-07-17 09:24
yuki様、
残念ながらURLが上手く入らなかったようで、クリックしてもエラーのようになってしまうのですが、カード作りをされるyukiさんでいらっしゃいますでしょうか?それならもちろん覚えていますよ!作りかけの材料や道具をトレーに載せていると紹介した記事にコメントをいただいただけでなく、すまいるさんやmaruさんのブログのコメント欄でお名前を拝見したり、他のクラフトブロガーさんが本文で紹介されている時にたびたびお邪魔していました!日本に帰国されたのですか。あとで探してみたいと思います。

「どんな高級な茶葉より...」イギリスに長く住んでいらした方が同意見をお持ちで安心しました(笑)!そうそう、日本は色も味も繊細な(yukiさんの言葉をお借りすると、薄い)紅茶のほうが好まれているのか、ほとんどのブレンドはミルクティーには向かないタイプですよね。私はもともとダージリン好きなのでそれはそれで美味しいと感じるのですが、ミルクを入れるならやっぱりあの赤っぽい雑味のあるチープな(笑)ブレンドがいいですよね。日本では手に入りにくいようですので、たくさん持って帰国されて正解だったと思います!
Commented by marikobrown at 2012-07-17 09:31
20081111様、
コメントありがとうございます!アイスラテ、私も好きです!前の日にエスプレッソをいれて冷蔵庫で冷やしておき、翌朝ミルクと半々くらいにして甘ーくして飲みます。キャンディーも色が明るくてキレイだし、飲みやすいですね。

ロンドンバスの缶は実は巨大なのもあるんですよ。コレクションしているわけではないのにキッチンには乗り物が多いです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(44)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2017年 06月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧