カテゴリ:ハンドメイド( 35 )

マーサの型紙で帽子を作ろう!/アラフォーの帽子秘話

夏がやって来ました!毎月楽しみにしているマーサ・スチュワート「リビング」も、6月号の表紙はとっても夏らしいフローズンデザートでした。

b0208652_3165234.jpg


Spiked Italian Ices。スパイクというのは尖ったものを表すことばですが、派生していろんな意味を持ち、「飲みものをスパイクする」と言ったらアルコール入りであることを指すんです。

元々は「毒を盛る」という俗語から来ていて、アルコール抜きでと頼まれたけどちょっぴり入れちゃいました、とか、本来アルコール飲料ではないけれど足しちゃいました、みたいな、ちょっと後ろめたい響きがあるような気がします。

大いに飲んで食べたあとに出てきたさっぱりシャーベットがマルガリータやモヒートやダイキリを凍らせたものだったら...ちょっと罪を感じるけどうれしいですね(笑)。

フローズンデザートももちろん夏らしいのですが、アメリカの夏と言えばこれ!

b0208652_3555986.jpg


赤、青、白がないと始まりません!「リビング」の7月号も、この星条旗カラーを使ったアイシングクッキーが表紙となっています。美味しそう、と思えるかどうかは別として(笑)、季節感はたっぷりです。

7月4日の独立記念日を意識してのこの3色ですが、アメリカにいるともう条件反射的に(笑)星条旗カラー=夏カラー。国旗デザインのストライプ、星形、そして独立記念のお祝いのフィナーレを飾る花火あたりがこの季節の代表的モチーフになるでしょうか。

中身も夏色いっぱいの内容となっているのですが、私をいちばん惹き付けたのはこのページ。

b0208652_4212688.jpg


帽子は好きで毎年ひとつかふたつ買いますが、ソーイングを始めてからは自分でも作るようになりました。日よけになるブリムハット(つば付き帽子)ばかりです。これは4年ほど前に撮った写真。

b0208652_4182868.jpg


ソーイングデビューをしてコースター、スタイ、エプロンの次に押し寄せた大マイブームで、かなりの数を作りましたが、プレゼントなどにして手元にはあまり残っていません。

ニコール・キッドマン主演の「マーゴット・ウェディング」(Margot at the Wedding、日本では未公開だそう)という映画を観た時は...

b0208652_4413223.jpg


ゼッタイこんなの欲しい!と、似たような布と型紙を探して作りました。

b0208652_4432832.jpg


ただしニコールじゃないのであまり似合わず、ほとんど被ってないんだけど(汗)。

このページを見て、また作ってみたくなりました。作り方と型紙はこちらから。

この季節の外出に帽子は欠かせません。日焼け対策だけでなく、ここ数年は目も日光に敏感になっていて、私にとって帽子やサングラスはおしゃれだけのためではなくなって来ています。それにブローやメイクが億劫な日も、帽子を目深に被ってしまえばちょっとした外出ならOK!

...と思っていたのですが、ちゃんと支度する時間がなく、三つ編みお下げにニット帽、メガネ(普段はコンタクト)でカレッジへプリントをしに行ったある日のこと。

入口付近で会ったクラスメートにあいさつするも素っ気なく扱われ、ラボに入っても無視状態。で、5分くらい経って突然、「え?君だったの?」って!

「僕(50代のおじさん)にはハイスクールガールの友達はいないから、さっき『ハーイ』って言われても僕に向けられたんじゃないと思ってた!」なんて言い訳してたけど、つまりは私だと気づかなかったわけで。

さらにあとから入ってきたクラスメート(20代前半の男の子)にも、「一瞬誰か分かんなかった」と言われ、しかも、「誰かから逃げてんの?」と、変装しているのだと思われてしまった!

ガーン...

帽子を過信しちゃいけません、アラフォー世代。

昨日は訪問者577人中、37人の方がクラフトブログランキングに、21人の方がアメリカ情報ブログランキングに投票してくださいました。ありがとうございました。今日もどうぞよろしくお願いします。ワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-06-18 05:45 | ハンドメイド | Trackback | Comments(24)

色合わせに困ったら...秘密兵器登場!/初めてのパッチワーク

先日、紫陽花の3色のグラデーションに試行錯誤したことを言及しましたところ、「私だけじゃなかったんだ!」と何人もの方に共感していただきました。

ペーパークラフトに限らず、パッチワークの布合わせや刺繍糸の配色など、何色かの素材を選んで合わせるというのは、手づくりの楽しみのひとつであると同時になかなか難しい作業です。

私のハンドメイドのきっかけはソーイングでした。初めたばかりの頃はミシン刺繍を入れたコースターや赤ちゃんのスタイなど、ごく簡単なものばかりだったのですが、それでも表地と裏地の組み合わせや刺繍糸の色選びなど、色との闘い(笑)はすでに始まっていたように思います。

毎回毎回、布や糸とにらめっこをするだけで手を動かさないで終わる時間が長いことに苛立ちを覚えていたのですが、「これはどうにかしないと」と本気で思ったのはパッチワークに挑戦したときです。まったく選べず、ちっとも前に進めないのです!

そこで、何らかの助けになるかな、と思って受講したのが「デザインの基礎と彩色法を学ぶ」というコース概要の二次元デザイン(two-dimensional design)でした。

カレッジで学んだからと言って色のエキスパートになれるわけではありませんでしたが、困ったときの手がかりとなるコンセプトやガイドラインになるツールを知ることは出来ました。

そのうちのひとつがこれです。

b0208652_4244120.jpg


アートやデザインをする人にはおなじみのカラーホイールです。インテリアやキルトの本の冒頭でもよく見るチャートですね。私の持っているものは、表側は「何色と何色を混ぜると何色が出来る」という、絵の具のミックスのガイドになっています(上写真)。

そして裏側は選んだ色の対角線上にある色(complementary color)や、三角形のそれぞれの角に来る色(triad)など、様々なカラースキームがひと目で分かるようになっています(下写真)。

b0208652_4532769.jpg


毎回これに従っているということはないのですが、行き詰まったときや、主観的になり過ぎていると感じた時、照らし合わせてみたりしています。

ちなみに私を追い込んだ(笑)人生初のパッチワークというのはこれでした。

b0208652_5302339.jpg


今見るとどうってことないんですけれどねー(苦笑)。これが、膨大な布の山から「目に自然な」数枚を選択するというのがなかなかの骨折りだったりするわけです。激しく頷いていらっしゃる方も少なくないのでは(笑)?

柄の部分は大好きなソレイアードです。「K」のアップリケは、刺繍ミシンのクロスステッチ機能でフェルトにイニシャルを刺したあと(よく見ると「x」で構成されています)、切り取って縫い付けてあります。

パッチワークは手づくりのぬくもりがあって、一見ゆるい感じのようですが、実際やってみると「出来る人、尊敬!」となる、なかなか難易度の高い手芸だと思います。私もこのあともうひとつ子ども向けのお食事エプロンを作りましたが、それっきりです(苦笑)。

今日も共感していただけましたら、また参考になりましたら、ぜひ下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。ワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計でランキングが出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-06-10 05:31 | ハンドメイド | Trackback | Comments(16)

ウェバリー社のバラ柄インテリア生地でトートバッグ/テラコッタ色のポリマークレイで素焼き風ネームタグ

昨日の期末試験をもってデジタルフォトグラフィーのクラスが終了しました!

授業そのものは週にたった1度というコースだったけれど、撮影のため平日も週末もあちこち出かけたし、プリントするために授業のない日もラボに通ったし、なにより金曜日の朝8:00始業(=5:30起き)、そしてお昼休憩を挟んで5時間半(!)というのがキツかった!

写真が上達したかどうかは自分ではイマイチ判断がつかないけれど(「数打ちゃ当たる」の精神が捨てきれていない・苦笑)、新しいことを学び、クラスの仲良したちと良い時間を過ごし、写真が嫌いになったり好きになったりしながら、最終的には「好き」で終了できました。ホッ。

今日はさっそく気持ちを切り替えようと、クラフトルームの掃除と整理を開始。今度こそ応急処置では済まされない!ということで、まず収納箱やカゴの中身を全部出して、ジャンルごとに道具や材料を詰め直してみましたらば...

布地ダンボール5箱分、毛糸3箱分。買った覚えのないリボンやステッカーがザクザク。そしてなんと、すでに持っているクラフトパンチとインクパッドが買い物袋に入ったまま出現!

...ひょうきん懺悔室だったら(古っ!)、確実にバケツの水かぶりの刑です。

それにしても同じものを二度買うなんて、老化現象もいいところ。買ったことを忘れてもうひと袋にんじんを買い足してしまうお母さんどころの話ではありません。今からこれでどうする、私?

*******************************

膨大な布地を用途ごとに整理していて、ウェバリー社(Waverly)の白地に大ぶりのバラ柄のノーフォーク・ローズ(Norfolk rose)というインテリア生地に反応してしまいました。

これは以前、クッションカバーとして登場しています。奥のチェック柄も同じくウェバリー社のもの。どちらも座布団カバーにも使いましたが、とても丈夫で3年経った今も現役です。

ウェバリー社は布地のほか壁紙やペンキなどを扱うブランドで、ストライプやチェックなどの時代を問わないクラシックなものや、エレガントな花柄が印象的。品のいいカントリー系のインテリア本などでもよく目にします。

しっかりとしたインテリア生地なので、バッグにも最適です。

b0208652_1731443.jpg


これも3年も前に作り、もう手元にはないので、唯一残っている暗い写真を無理やり明るく補正してみました。アラバマの姪たちに送ったライブラリートートです。本を複数冊入れてもいびつにならないよう、底にマチをつけています。

シャンペンゴールドの刺繍糸で名前を入れてあるのですが、残念ながら写真ではよく見えません。でも持ち手にぶら下がっているネームタグは見えますね。これです。

b0208652_17372232.jpg


テラコッタ色のポリマークレイを細長く丸めて手のひらでつぶし、スタンプで名前を入れ、麻ひもを通す穴をストローで(笑)開けて焼いただけ。つや出しなどはあえて塗らず、焼きっぱなしの素焼き風仕上げです。ジャンルを問わず、どこまでも「やりすぎない」のが私のモットー(笑)?

さてこの生地。やっぱりかわいい♪かなりたっぷりあるので、エプロンにしようか、それとも足りるようならテーブルクロスにしちゃおうか。

ランキングに参加中!応援してくださいね↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

こちらにも参加。クリックするだけです↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-05-29 18:01 | ハンドメイド | Trackback | Comments(24)

フルーツコレクション ワイヤージュエリーMB流

前回のピアスは単色でまとめたシンプルデザインではあるものの、ワークショップで用意された材料を使って限られた時間で仕上げた、言ってみればそれほど私らしくないものばかり。

月日を経て、MB流ワイヤージュエリーはこうなりました。

b0208652_11405532.jpg


私のフルーツコレクションです。上から、ピーチ、ベリー、洋梨、マスカット。おそろいのネックレスも作りました。え?ひとつ足りない?マスカットはとても細かく面倒なので、ずいぶん長いこと保留になっているのです(苦笑)。

コメントのお返事にも書きましたが、実は私、耳に穴が開いていないのです。いつも顔にかかるようにロングの黒髪を下ろしていて(アンパンマン隠しを目論んで・笑)、耳が見えることがないからです。なのでピアスはもっぱら人に贈るかムダに在庫が増えるのみ。

しかしこのフルーツコレクションを作り、サンプルとしてひとつずつ手元に残しておこうと決めたとき、しまい込んでしまうのはもったいない!と思ったのです。

そこでコレクターズボックスにディスプレイ。クラフトルームの壁に飾っています。

b0208652_129258.jpg


これは以前ご紹介して思いがけず大好評だったバタフライのパンチで作った昆虫標本に使っているマーサ・スチュワートのコレクターズボックスの色違いです。こちらはココア色のフレームに、土台はピンクのサテン張りです。

夕方この写真を撮った後、久しぶりにジュエリーメイキングの箱を開けてみたら、紫がかったビーズが買ったままの状態で一番上に乗っかっていました。巨峰を作るつもりだったのです。

思わずペンチを握りかけてしまったけれど、ひとたび始めると止まらず、今日のブログ更新はおろかお夕食も省略になってしまうと思ったので(笑)、見なかったことにして箱を閉じました。それに何気に明日は期末試験だし!

ランキングに参加中!応援してくださいね↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

こちらにも参加。クリックするだけです↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-05-27 12:40 | ハンドメイド | Trackback | Comments(34)

実はピアスは和製英語!/ワイヤージュエリーのピアス

先週最後のプロジェクトを提出し、あとは今週の期末試験を残すのみとなったデジタルフォトグラフィー。試験は筆記で、カメラ用語の定義やヒストグラムの読み方など基本の知識中心です。

実際のテストを片手に、「まるで質問と正解を教えているようなものだなあ」などとつぶやきながら復習をしてくれた先生のおかげで、特に準備をしなくても大丈夫そうです(笑)。

今学期がすっかり終了してハンドメイドモードに切り替えるのが今から楽しみ!ワークショップやクラスのスケジュールもチェックしています。フォトグラフィーの授業と重なって1月以来参加できなかったワイヤージュエリー(ビーズ)にも再び通えます。

2年ほど前、始めたばかりの頃に作ったピアス。

b0208652_14484710.jpg


ビーズをワイヤーに通してつなぐだけだからきっと簡単でしょ、と思っていたら大まちがいでした。ペンチの先の丸みを利用して均等な輪を作ったり、輪の根元に残りのワイヤーを巻き付けて処理したり。技術というより練習の要るクラフトだと分かりました。

この渦巻きの部分は、ぐるぐるにしたワイヤーをハンマーで叩いてつぶしています。

b0208652_1555684.jpg


不均等な太さのオーガニックなラインが特徴です。

ちなみにこの「ピアス」という言葉、和製英語だってご存知でしたか?アメリカ英語では穴に通すタイプのものも「イヤリング」(earrings)と呼び、クリップ式に挟むものと特に呼び名での区別はありません。

「ピアシング」(piercing)という言葉はありますが、こちらが連想させるのは耳たぶだけでなく耳全体にいっぱい穴が開いていたり、鼻、唇、眉、まぶた、おへそなどに輪っかを通したりする、あの手のタイプ。

アメリカでピアスを探したいのなら、「イヤリング売り場はどこですか?」と訊ねましょう。「ピアス」と言ったらおっかないお兄さんのいるタトゥーショップに連れて行かれ兼ねません(笑)。

ランキングに参加中!応援してくださいね↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

こちらにも参加。クリックするだけです↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-05-25 16:11 | ハンドメイド | Trackback | Comments(26)

クロスステッチのサンプラー、MB流

先日、はじめてインターシャ(編み込み模様)ニットにチャレンジしたときのサンプラーをガラスのフレームに入れたものをお見せしましたが、こちらはクロスステッチバージョン。

b0208652_10384045.jpg


はじめてのことでただただおもしろく、興味本位にチクチク刺していったらこんなふうになりました。刺繍の本を参考にした図案もありますが、ほとんどは即興です。

左の「MB」は私。1974年生まれです。右の「RB」は夫。男子は意外と年齢に過敏なので(笑)、こちらは年号ではなく誕生月日で。元船乗りなので、イカリとカモメをアレンジ。

クロスステッチはやり始めると止まりません。アメリカのクラフトショップで見かけるキットや図案の本に載っている大きくて絵画のような写実的なものより、単色のワンポイントやアルファベットを組み合わせるのが好みです。北欧や東欧のちょっとノスタルジックなデザインもいいですね。

*********************************

サンディエゴの内陸部、昨日はなんと35℃まで上がりました!海岸部でも28℃くらいあったようです。今日も暑く、先日までトレンチコートにブーツだったのに、今日はいきなり半袖にサンダルで登校でした。この時期の平均最高気温は18℃前後なので、異常です。

気温はまた下がるようですが、気持ち的にはすっかり季節が変わりました。今日は4月1日。そろそろ私も自分の生活を取り戻さないと。ニュースに貼り付き、写真の課題に追われるだけで4月が過ぎてしまうのはもったいない。閉じこもって過ごすには惜しい季節です。

ペーパークラフトもそろそろ再開したいと思います。マーサ・スチュワートからセールのお知らせが来たので久しぶりにサイトを覗いてみたら、いくつか新作が出ているようです。実は私、バレンタイン以来、一度もマイケルズに行っていないのです。あんなに毎日のように通っていたのに!

いろいろなことが心に重くのしかかり、写真、クラフト、お料理など、好きだったことに興味を持てなくなっていましたが、この異常な暑さに背中を押された(蹴られた・笑?)気分です。

今日も「読んだよ」、「また来るよ」のしるしに、下のバナーを1回ずつクリックおねがいします。みなさんのワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計でランキングが出ています。このポイントが翌日の更新の励みになっています。どうぞよろしく!

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-04-02 12:10 | ハンドメイド | Trackback | Comments(36)

フレーミングでなんでもインテリア!

フォトショップでの遠近感の歪み直しのデモンストレーションにピッタリな写真を見つけました。

エプロンをかけるためのこの小さな飾り棚はキッチン脇の通路にあり、めいっぱい下がってもカメラとの距離に1mくらいしかありません。しかもとても高い位置に取り付けてあります。

身長165cmの私の目線からはこのような撮影になってしまいます。

b0208652_2333340.jpg


これをフォトショップで直します。「編集>変形>遠近法(Edit>Transform>Perspective)」と選択して、左右の下の角(どちらでもOK)を掴んで寄せると...

b0208652_2415853.jpg


タテの線が垂直になりました。これをクロップ(トリミング)すれば...

b0208652_2443023.jpg


なにごともなかったような(笑)インテリア写真になりました!

これはニットを始めたばかりの08年秋に撮影。基本の編み方を覚えてマフラーと帽子をいくつか編んだ後、インターシャ(編み込み模様)にチャレンジ。初めてだったのでとりあえず練習用に適当にサンプラーを編んでみたら、ちょうど手持ちのフレームにぴったりのサイズだったのです。

ガラスのフレームに入れてしまえばなんでもインテリアになる、と、まるでバカのひとつ覚えのようですが(苦笑)、はい、認めます、手ぬぐいだけでなく、ハンカチもクッションカバーも、なんと作ったピアスまで(!)フレームに入れられ壁に飾られています(笑)。

上段のイニシャル「MB」は「はじめての手づくり ちいさな刺しゅう」に載っていたクロスステッチの図案を参考に。二段目のうさぎは適当にやってみたオリジナル。ダーラナホースと木の図案は「北欧のかわいいあみもの」にミトンの模様として載っていたものです。

アーガイルの手法であるインターシャは覚えるのに少々苦労しましたが、やりはじめるととても楽しいニットです。方眼紙でデザインしてオリジナル図案も作れます。模様を編み込んだ帽子までは作りましたが、いつかセーターなどの大物にもチャレンジしたいです。

**********************************

課題写真のため、あちこち撮り回っています。今日もこれから出動。合計8GBのメモリが埋まるまで帰って来ないつもりです!がんばるぞー!

今日も「読んだよ」、「また来るよ」のしるしに、下のバナーを1回ずつクリックおねがいします。みなさんのワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計でランキングが出ています。このポイントが翌日の更新の励みになっています。どうぞよろしく!

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-03-31 03:11 | ハンドメイド | Trackback | Comments(21)

愛が募るあまり...ゴーギャン作品→アップリケ→ファブリックパネル

今日は普段めったに入らない、夫の部屋の壁にかけてあるもののひとつ。

b0208652_12484541.jpg


二次元デザイン(デザインの基礎を学ぶ美術学科の初歩クラス)の最後の課題で作ったものをリサイクルしたお手軽ファブリックパネルです。鳥かごのアサンブラージュ解体後、土台にしていたキャンバスに張った自己流(笑)です。

課題は、用意されたモネやレンブラントなどの傑作のA4コピーから好きなものを選び、トレーシングペーパーを乗せてshape(形)、line(線)、value(濃淡)、color(色)とそれまで習ったコンセプトに沿って分析するというもの。

それらを綴じて、仕上げに最後の必修用語であったtexture(質感)を理解するため、自由な素材で表紙を作って製本、というのが課題の概要でした。手触りのあるものなら何でもOKとのことだったので、当時ソーイングに夢中だった私は迷わず布を使ったのです。

私がもとの絵画として選んだのはこれでした。

b0208652_13365599.jpg


「Te Avae No Maria」、ポール・ゴーギャンです。「好きなアーティストは?」と時代もジャンルも絞らずに質問されたら悩みますが、「色使いが好きなアーティストは?」なら即答でゴーギャンです。彼の使う太陽の光を吸い込んだような濃厚な黄色がとても好きです。

アップで見るとこんな感じ。切り口の処理もせず、ミシンでラフにアップリケしています。ジグザグ縫いなどのミシンステッチも使用。お花は布を重ねています。

b0208652_1357580.jpg


赤い物体(なんだろう?ソテツの根元?)はソレイアードの生地。色は違うけど、模様のかたちが似ていたので(笑)。

b0208652_140771.jpg


一枚に仕上げたあと厚紙を包むように張って留め、冊子の表紙にして提出しました。

一見ユルーく見えるけれど、どれがどれの奥で、何が手前で、とパーツが重なる順番を把握しなければならず、特に腕と服のあたりでは意外と頭を使いました。

他の色はともかく、この黄色だけは忠実にしたくてしつこく探したのですが、なかなか見つからずに別の黄色で妥協したんです。ところが完成間近になってこの布を見つけ、初めからやり直しをしたのでした!

デザイナーは覚えていないけど、マリメッコでした。ブロック模様の入った布の無地の部分です。下半分のグリーンも同じ布から切り取りました。

オマージュなどというほど立派なものでもないですが、好きなアーティストや作品からインスピレーションを得て何かを作るという作業はとても楽しいものですね。私はビートルズ好きが高じて(笑)こんなものも作っています。

愛が募るあまり...という経験、ありませんか?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-03-05 15:30 | ハンドメイド | Trackback | Comments(22)

空き缶・空き瓶リメイク、マーサ流&わたし流

わたしのとっておき!マーサのエッジパンチ活用法」で登場した、我が家のコーヒー&紅茶のストック棚。このブレブレの写真の片隅に写っていたジャスミンティーの缶が、「マーサスチュワート・リビング」の今月号に、空き缶利用のクラフト例として紹介されていました。

b0208652_20674.jpg


いつも見ているお茶の缶なのに、マーサの雑誌で取り上げられると100倍かわいく見えてくるのは気のせいかしら?もしかして私、完全に洗脳されてる(笑)?

これは「冷蔵庫マグネット」だそう。中に強力な磁石を入れて(金属でない場合は外側に貼り付けて)、かわいい空き缶に第二の人生を与えましょう、とのこと。

我が家の棚の中を見て、「私も同じのを飲んでいます」という思いがけない反応がちらほらありましたので、人気のお茶なのかしら?と(それとももしかして、類は友を呼ぶというやつ・笑?)。参考に載せてみました。

**********************************

お恥ずかしながらあまりエコ意識の高い方ではない私も、空き缶や空き瓶はよく再利用します。とは言ってもシールやマスキングテープを貼るか、もしくはそのまんま、ペン立てや小物入れにするのがせいぜいですが。

気まぐれにリメイクも。これはかぎ針編みにハマった直後、07年に作ったもの。

b0208652_20483671.jpg


夫のデスクから拝借。中身で一目瞭然かしら(笑)。ドライバー、懐中電灯まではそれでも分かるとして、ナゼに机上に電圧テスター?ちなみにもとは何の缶だったのかな、とハダカにしてみましたら、右はルピシア、左はベノア。どっちも紅茶でした。

アラン編みを覚えた時は、試し編みしたパッチを輪にしてトマト缶に被せたりも。

b0208652_12434289.jpg


空き瓶には、簡単にワイヤーでハンドルをつけます。

b0208652_21124657.jpg


ペンだけでなく、ティースプーンやバターナイフを立てたり、お花を飾ったりと、キッチンやリビングでも活躍します。だけれど夫にはこれが不評でして...

私はシャビーなものも好きなので、このワイヤーを無造作に巻き付けた感じこそいいと思っているのですが、夫に言わせると、「つなぎ目がプロフェッショナルじゃない」んだそう。

どれ、貸してみな、と「solder station」(日本語で「はんだごて」?)なるもので直されそうになったこともありました!金属の溶接の装置のようなのですが、なんでそんなもの、一般家庭のクローゼットから出てくるの(笑)?

実は、道具を一式そろえたり材料を買い込んだりする傾向は、私だけじゃないんです。夫のクローゼットも工具(特に電気関係)ですごいことになっているんです!

夫婦でストック癖があるので、ボディソープやシャンプー、ペーパータオルやトイレットペーパーなどの買い置きもいつも棚いっぱい。

いつオイルショックになっても困りません(笑)!

空き缶や空き瓶のよい再利用法をご存知でしたら、ぜひ教えてくださいね。

今日も「読んだよ」、「また来るよ」のしるしに、下のバナーを1回ずつクリックおねがいします。みなさんのワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計でランキングが出ています。このポイントが翌日の更新の励みになっています。どうぞよろしく。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-03-01 22:48 | ハンドメイド | Trackback | Comments(38)

Marimekko(マリメッコ)の布地でカーテン2種/アップリケとモチーフ編みのクッションカバー

はじめてハンドメイドのクッションカバーカーテンに挑戦して赤を楽しんだ08〜09年。去年は特にテーマカラーを決めずに自由に選んで作り替えをしました。

マリメッコ(Marimekko、フィンランドの布と雑貨のブランド)の布地を2種類買って、カーテンは2回作り替えました。

ひとつめは、夫がひとめぼれして選んだこの柄で。

b0208652_7415569.jpg


デザイナーはPia Holm(ピア・ホルム)。SIIPI(羽根)というデザインです。

探してみたけれどカーテンと分かる写真はこれだけ。しかも夫によるパパラッチ。

b0208652_811292.jpg


...パジャマで失礼!ゼンゼンわかりませんね(汗)。

ふたつめはこちらで。

b0208652_7425437.jpg


PUTKINOTKO(プトキノトコ)と言って、木だと思ったらパセリ柄だそう。UNIKKO(ウニッコ)で有名な、Maija Isola(マイヤ・イソラ)によるデザインです。

これもカーテンを撮ったわけではないっぽい写真しか見つからず...

b0208652_8115059.jpg


...まあ、雰囲気だけでも(汗)。意味不明な写真ですが、自分の名誉のために言っておきますと(笑)、これは去年の9月、初めてのデジタルフォトグラフィーの課題撮影のため、いろいろな設定を試しながら連写していたときの1枚です。

もう1枚。

b0208652_8123679.jpg


これは、偶然カメラを手に持っていた時、偶然パティオのブラッドオレンジの木に来た珍しいお客さまを撮ったもの。偶然が重なって、私にとっては奇跡のような1枚なのですが、お客さま、見えるでしょうか?

撮った本人にしか見えないかしら。ぜひ探してみてください!

クッションカバーも合わせてグリーンを取り入れて作りました。

b0208652_8554454.jpg


奥のモチーフ編みのものは、ひとつめのカーテンの写真で私がひざに乗せているもので、それだとサイズが分かるでしょうか。大きめです。ヒッピーバッグというものの作り方に載っていたパターンで、ポップな感じが北欧出身のカーテンの布地に合うかな、と。

明るい緑だけにするとカーテンには合っても黒のソファには浮くと思ったので、一枚めの布にちょこっと使われている(濃い方の大きな葉っぱの後ろから突き出している)トープを土台の色にしました。

トープ(taupe)って日本語訳あるのかな、と思って今調べてみたら(これで通じるようですね)、「もぐら」って意味なんですって。なんだかかわいい。茶色がかった濃い灰色、が定義だそうです。

手前はすでにお洗濯をした後に撮ったようで、文字の部分がぼろぼろになってますが、リネンニットにフェルトでアップリケをしたものです。

夫:これ、なんて言う意味なの?
私:フィンランド語で「グリーン」だよ。
夫:本当?「ヨダレ」とかじゃないだろね?

お昼寝するとヨダレが染み込んで夫専用になってしまうので(笑)!でもけっして私がそんなふうに避けるのではありません。「オレのクッションが肌に触れるとブツブツができるぞ」と、完全な自虐ネタです。

ちなみにこの後、オフホワイトとトープの毛糸を長編みでストライプに編んで、夫用にしました。夫専用です。触るなキケン、です。我が家に遊びに来られる方もご注意です(笑)。

テーマにとらわれず、自由に、なんて言いつつ、結局グリーンが基調となった2010年だったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-02-24 08:58 | ハンドメイド | Trackback | Comments(36)


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(44)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2017年 06月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧