カテゴリ:ハンドメイド( 35 )

ダーラナホースのぬいぐるみ/クロシェ編みのティーコゼー

風邪で寝込んでしまい、珍しく前回の更新から丸2日空いてしまいました。変わらず訪問してくださったみなさん、どうもありがとうございます。

2週間前のあのときも吐き気や関節の痛みで苦しかったのですが、今回は全然違う症状で、起きたら声が出なかったんです。咳、鼻づまり、37℃台の微熱。そして耳の奥が猛烈に痒くて、咳やくしゃみをするたび引っ掻かれたように痛い!

病院で症状を説明すると、前回とは別のウイルスにやられたのでしょうと言われました。でもピークは過ぎたようです。明日は金曜日でフォトグラフィーの日なのですが、幸い祝日のため授業がないので、引き続き家であたたかく過ごそうと思っています。

日本も風邪やインフルエンザ流行で、学級閉鎖や学校閉鎖が相次いでいるとか。みなさんもどうぞお気をつけ下さい。引いてしまった方々は、どうぞお大事に。

******************************

さて、今日はストック写真の中から、以前コメント欄などで「ぜひ見せてください」とリクエストを受けていたものを2点。「ブログは読み物」と思っている私は自分なりに話題の流れにこだわっている(え、そうでもない?)ので、なかなか機会がなかったのです。今日は何の脈略もない写真を載せる絶好のチャンス!ということで(笑)。

これは赤いカーテンと赤インクで刷ったリーフプリントの記事でチラリと出てきたぬいぐるみとおなじ型紙で作ったお馬さん。ゆっきーさん(オススメブログ!)にリクエストいただきました。

b0208652_13292829.jpg


斉藤謠子の北欧キルト」という本に載っていました。スウェーデンの地方民芸品である木彫りのお馬さん(ダーラへスト、ダーラナホース)をモチーフにしたぬいぐるみっていうところがユニーク。

ポイントは、たてがみとしっぽの布を手で裂くところ!このぼろぼろ感がすっごく素朴でいいのです。ただ、生地のせいか、私の縫製が悪かったのか、ヒヒ〜ン、パカッパカッ、と走らされるたびに減っていってるような。

ちなみに夫の馬の真似はすごいです。そこらの映画の効果音より臨場感に溢れています。駆けずり回るその姿はまったく似ていませんが、音がソックリ。なので私の作ったこの2頭のお馬さんたちもかなり遊んでもらいましたが、現在どちらも行方不明中(脱走?)です。

こちらは2人分の小さなティーポット用に編んだティーコゼー。

b0208652_1358320.jpg


背景のカウンターの上、ごっちゃごちゃ。今ならゼッタイ撮らない写真です(笑)。

これは以前、めぐおさんがキャスキッドソンのティーコゼーを購入された時のブログ記事で話題に上ったもの。カタログで見てしましまが気に入ったけれど、キャスキッドソンの値段の付け方はかなり強気な上、UKポンドは高いから、「だったら好きな色と形で編んじゃお」と。

赤ブームなら赤と白だけのしましまを編みそうな私ですが、ここにオレンジやピンクを足したのは完全にキャス影響でしょう。これは今も愛用中。合わせて編んだティーポットの方が割れてしまったので、もう一度同じ物を日本で調達。気に入るとしつこいです、私。

ところで「cosy」や「cozy」を「コゼー」って、なんかヘンな訳ですよね。「コジー」もヘンだけど、どっちもヘンだから、いっそのこと文明開化の音がしそうなくらい(笑)ヘンな「コゼー」の方が風情があって(?)私は好んで使っています。忠実にカタカナにしようとすると「コゥズィー」なんだけど、うーん、こっちの方がヘンかも?

しばらく過去作品で引っ張らせてください(笑)。

2日更新をお休みしたら、人気ガタ落ち(笑)!どちらも一気に10位くらい下がりました。やっぱり更新してこそのポイントなんですね。残念だけれど、これって読者の方々がランキングに参加されているブロガーさんたち全員に対して公平な証拠なのでは、と逆に安心もしました。

今日もお役に立てましたら、また共感していただけましたら、ぜひ下のバナーから1票ずつおねがいいたします。1回のクリックで10ポイント加算され、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

これ↓も応援してね。
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-02-18 14:56 | ハンドメイド | Trackback | Comments(32)

私のアトリエ大公開!リネンで簡単コテージ風カーテン作り

去年のいまごろのクラフトルーム(アトリエ)。模様替えビフォー&アフターのビフォー写真ということで(アフター写真の掲載はいつになるかわかりませんが・汗)。

b0208652_5202920.jpg


明るい窓辺に並べたアイロン台の上の植物を撮っていた時の一枚。ミニバラや黄色い蘭はどこへ行ったの?などと答えの分かり切った質問はしないように(笑)。

リビングルームのカーテンは3回ほど作り替えていますが、私のクラフトルームはずっとこれ。リネンを2つに折って輪の部分が下になるようにクリップ式のカーテンリングで留めています。

これも当時かなり影響を受けていたイギリスの雑貨ブランド、キャベジズアンドローゼズ(Cabbages & Roses)のオーナー、クリスティーナ・ストラット(Christina Strutt)著のRomantic Home Sewing:Cottage-Style Projects to Stitch for the Homeを見て作っています。

b0208652_631578.jpg


この窓は上下2段になっていて、下のシアーカーテンの部分にはブラインドが入っているのですが、上の黄色のカーテンの向こうは開閉できないアーチ型の明かり取りの窓になっているのです。完全に遮光せず、直射日光を避けつつ目隠しになるようなアイデアはないかな、と考えていた時に見て、これ(右)だ、と真似っこしたわけです。

b0208652_6392395.jpg


黄色のリネンを通して入ってくる光は柔らかくあたたかく、とても気に入ったので、ダイニングエリアのカーテンもこれで作りました。でもブログや課題用に写真を撮るようになって、黄色っぽい写真の修整にも限界を感じている今日このごろです(苦笑)。

「B」はミシン刺繍。布地と同じ色の光沢のある刺繍糸で刺してあるので、室内の方が明るい時は白っぽく光り、外の方が明るい時はこんなふうに透けて浮き上がります。

初めてカーテンとクッションカバーの手づくりに挑戦するにあたり、インテリアやソーイングの本を50冊くらい見ましたが、この本はかなり参考になりました。他にもランプシェードカバー、エプロン、布のコサージュ、トートバッグなどを作りました。

リビングルームの赤インテリアの手始めに作った、夫のお気に入りのモノグラム・クッションカバーも、デザインほとんどそのまんま(笑)。

b0208652_71252.jpg


ただし、上手い具合に赤いラインの入ったアンティークリネンなどは簡単に手に入るものではないので、私バージョンでは普通のリネンに赤いバイアステープを縫い付けています。

この本を眺めていたら、ますますまた赤をテーマカラーにしたくなってきました。

******************************

日本時間の今日はバレンタイン。もうあげた人、もらった人、これからあげる人、もらえるかどうかドキドキ・ヒヤヒヤの人(笑)...楽しみですね。

我が家はと言いますと、私自身も先週引いた風邪が良くなったり悪くなったりですっきりしないのですが、今度は夫がダウン。明日のディナーもキャンセルしておとなしく過ごした方がよさそうかな、と思っています。

昨日の夜は、先日「風邪を引いた時に食べるもの日米比較」として話題にしたチキンスープを作って出したのですが...しばらくしてもの足りなかったのか、自分でナチョスを作って食べていました(笑)!夫婦揃って体調と食欲は無関係のようです。

今週末はお買い物やお食事に行けるといいんだけれど。

人気ブログランキングに参加しています。今日もお役に立てましたら、また共感していただけましたら、ぜひ下のバナーから1票ずつおねがいいたします。1回のクリックで10ポイント加算され、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

これ↓も応援してね。
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-02-14 07:46 | ハンドメイド | Trackback | Comments(31)

赤ブーム再来の予感!レッドXホワイトXブラックのインテリア


今でこそ季節ごとに暖炉まわりを飾ったり自分で作ったものなどを壁にかけたりしていますが、以前は実用的なものと観葉植物以外は一切出ていない家でした。とにかくこざっぱりとした空間が好きで、カレンダーすらかけていなかったほどです。

唯一「色」を取り入れていたのがキッチン雑貨とクッションカバーで、前のアパートメントではマスタードイエローとオリーブグリーンを選んでいました。

もう少し広い今のところに越してきて、家具を買い足したりカーテンやクッションカバーの生地を探すにあたり、「何か別のテーマカラーを取り入れよう」と言う意識で雑誌やリフォーム番組を見たり、雑貨屋さんを回ったりしていた時に現れたのがこの1冊でした。

b0208652_12224565.jpg


すでに廃刊となっているCottage Livingの2008年1・2月合併号。なかなか夫婦で一致しなかったテーマカラーが、見て即「次は赤!」と決まった記念すべき(?)1冊なのです。先日、季節ごとに整理されたマガジンファイルを覗いていて、久しぶりに再会しました。

夫は家具やインテリアなどはかなり東海岸よりのトラディショナル好み。家具も本物の木材を使った大きくどっしりとしたものが好きで、自分で組み立てるような家具は許しません。私が好きなフレンチカントリー風のはじめからキズ加工されたアンティーク調の家具などにも苦い顔。IKEAに至っては「嫌い」と公言。

なので、この表紙を見て中身にも興味を示す夫に内心びっくりでした。

b0208652_12532079.jpg


でも私も同時に「難しそうだけれど勇気を持って赤っていう冒険もいいかも?」と思ったので、08年は我が家の赤元年(?)となったのでした。今見てもときめくお宅です。

カーテンやリーフプリントのインクも赤。キッチンタオルやペッパーミルも赤に買い替え。初めて手づくりに挑戦したクッションカバーにも赤を取り入れました。

b0208652_132962.jpg


イギリスの雑貨ブランド「キャベジズアンドローゼズ」(Cabbages and Roses)のオーナー、クリスティーナ・ストラットの著書「Romantic Home Sewng」にかなり影響されていた時でもあったので、リネンを使ったり、デザインも真似しています。

手前のリネンのものにはミシン刺繍で「B」。これはフェルトでアップリケしてあります。

b0208652_13182050.jpg


夫のお腹が隠れる大きさ(笑)。この真っ白なリネンにアップリケとラインを入れたものが一番のお気に入りだったようでした。

冬にはかぎ編みでグラニースクエアをつないだ毛糸バージョンも登場。

b0208652_1323924.jpg


壁は白いものの、ソファは黒の革、家具もチェリー材やエスプレッソにステインされたマホガニーと濃い色ばかりなので、ホワイトXレッドを取り入れることでずいぶんと明るく軽い印象になって気に入っていました。

赤を増やすのが楽しくなってきた夫は、調子に乗ったのかウケ狙いだったのか、「赤かったから」という理由だけで赤いグラジオラスを買ってきたり(笑)。

b0208652_4544589.jpg


赤ブームは09年末まで2年間続き、去年からはテーマを一色に決めずに様々な色を採用。グリーンXモーヴをカーテンやクッションに使ったり、暖炉まわりはとにかくカラフルに。でもこうやって見ると、赤、やっぱりいいなあ。バレンタインの次はイースターなので、パステルカラーかなと思っていたのだけれど、どうしましょう。

ちなみに夫に好きな色を訊ねると、「カントリーピーチ」と返ってきます。初デートの時からずっとそう言い続けていて、実際にお花などに選ぶ色も優しくふんわりとしたピンク系が多いんです。

私は長いこと山吹色とかマスタードイエローと言ってきました。ゴーギャンの描く黄色がとても好きなのです。でも今なら「赤」と答えます。

赤ブーム、再来の予感です。

人気ブログランキングに参加しています。今日もお役に立てましたら、また共感していただけましたら、ぜひ下のバナーから1票ずつおねがいいたします。1回のクリックで10ポイント加算され、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

これ↓も応援してね。
人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-02-12 14:12 | ハンドメイド | Trackback | Comments(20)

IKEAの布地で即席バレンタインデコレーション

去年のバレンタインではマーサのキットを使って大きなポンポンでお部屋を飾りましたが、一昨年は布を使ってダイニングエリアの壁をそれらしくイメージチェンジしました。

b0208652_10282426.jpg


これ、IKEAの布地のまわりにマスキングテープ(と言ってもDIY用のほんとのマステ)をぐるりと貼っただけ。2インチ(約5cm)の、日本のガムテープほどの幅の黒いマスキングテープを、布の端を挟むようにして貼ってあります。

キッチンカウンターのこちら側から撮影。向こう側にダイニングテーブルが隠れています。

IKEAの布は安くて丈夫、しかも通常のインテリア生地よりも幅が広く、150cmもあります。北欧デザインらしい大胆な大柄を活かしてファブリックパネルにする方も多いようですが、私の場合は期間限定だったので、そのまんま画びょうで留めるだけにしました。

バレンタインが終わったら小さく畳んで仕舞えるし、裁断も縫製もしていないのでもちろん再利用可能です。

そもそもこれも私にとっては再利用でした。

実はこのアパート、LDKから奥の各ベッドルームに続く通路の部分に作り付けのデスクがあるんです。電話やインターネットをつなげるようになっているし、棚もついています。まだパソコンが一家に一台で、家族の共有スペースに置かれていた時代の名残でしょうね。

わが家はそれぞれがデスクを持っているので、これは必要ありません。ここはキッチンのすぐ裏なので、あっという間にちょうどいいキッチン道具置き場と化してしまいました。

キッチンエイドの大きなスタンドミキサー、ホームベーカリー、フードプロセッサー、アイスクリームメーカー...道具が多い上、私は炊飯器も使うときしか出さないので、デスクの上も下もいっぱいに。

そこで目隠しカーテン用に選んだのが、このIKEAのハート模様の布だったのです。

b0208652_11213058.jpg


つっぱり棒を渡したところに、上はクリップ式のカーテンリングで、下はロッドポケットを作って直接通しています。でも、このように使うには生地が厚過ぎて使いづらかったので、早期引退となり、バレンタインのデコレーションとして再登場したというわけです。

その後は薄手のユーティリティ生地で同じようにカーテンを作って隠しています。

b0208652_11305346.jpg


ギンガムチェックの布にステッチを入れています。

b0208652_11314334.jpg


これはスモッキングの本に載っていたステッチで、本ではスカートの裾の模様になっていました。簡単で、ザックザックとおもしろいほどのスピードで進みます。が、4本どりなのであっという間に刺繍糸がなくなります。予想以上の減りに、2、3回買い足しにマイケルズへ走った記憶が(笑)。

余談ですが、IKEA、日本ではスウェーデン語読みと同じ「イケア」と発音されますが、アメリカでは「アイキーア」。Nikonも「ニコン」ではなく、「ナイコン」です。イケア、ニコンでは通じません。「I」はあくまでも「アイ」なんです。
 
******************************

昨日の記事に友情出演した夫が、カップケーキを前におあずけをくらっているように見えているとのコメントをいくつかいただきましたが、違うんです。

食べ物を目の前にテレビに夢中になったりする悪いクセのある夫、実はこれもYouTubeで何かアホなものにクギヅケになっているところなんです。「出されたものにはちゃんと反応しなさいよ」と私に叱られる直前の一枚なのでした(笑)!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-01-14 12:02 | ハンドメイド | Trackback | Comments(42)

パッチワーク+アップリケ+ワイヤー細工で鳥かごのアサンブラージュ

09年のバレンタインではマーサスチュワートのパンチサンプラーをカード代わりにしてメッセージを、10年には夫本人のらくがきをこっそりリノリウム版画に。

いずれもその年の2月のマイブームが反映されているわけですが、それではまだペーパークラフトに傾いていなかった08年2月に何を作っていたのかと言いますと...

これです。

b0208652_736195.jpg


パッチワークとアップリケとワイヤー細工のアサンブラージュ。マイケルズの代わりにジョアン(布地も扱う大型クラフトショップ)に通い、常にミシンを触っていた当時の私のチョイスは、当然布ものでした。

シアンの無地と、チョコレート色にシアンの水玉の入った布をパッチワークして1枚にしたものを、木の枠に包み張りされたキャンバスに重ねるように張って土台に。

その上に、フェルト、フランネル、コットン、麻など、いろんな素材で作った雲と鳥さんのアップリケを待ち針で固定。しっぽはタッセルで、目はボタンで出来ています。

仕上げにワイヤーで作った鳥かごを重ねてアサンブラージュ(コラージュの立体版)の完成です。サイズは40x30cm強。キャンバスの木枠の厚みも2.5cmあります。

これをプレゼントしたときの会話。

夫:この鳥は何鳥なの?
私:青い布が空で、ドットのところが水で、水鳥だってのが分かんないの?
夫:だって鳥かごに入ってるから...
私:...(無言)

鳥かごは思いつきで最後に作ってつけたので、ちぐはぐなことになっています(苦笑)。

長いこと自室に飾ってくれていましたが、模様替えで私が撤去。今は別のものがキャンバスに張られています(これも追々ご紹介)。

アップリケの雲と鳥さんは現在も私の部屋のコルクボードに。ワイヤーの鳥かごはと言いますと、その後ちょっぴりリメイクされてアクセサリーフックとなりました。

b0208652_824166.jpg


たまたまだけど、ハートばっかりですね。ドレッサーの脇にかけられて活躍した鳥かごですが、その後また模様替えで撤去され、しばらく裸のままでした。

その後、クラフトショップで見つけたカラフルな鳥さんたちを留まらせてぶら下げておいたのですが、毛糸のポンポン、お花のモチーフ編みのヘアアクセ、ビーズ編みのエジング(ところどころにビーズを編み込むレース編み)などなど、試し編みしたものをどんどん引っ掛けていったら、こんなにぎやかなサンプラーになりました。

b0208652_8212074.jpg


今では私のクラフトルームの片隅に追いやられてしまっていますが、視界に入るたび、「どれも試作ばっかりで、ちゃんと形にしないのね?」と咎められる気分です(苦笑)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2011-01-12 08:51 | ハンドメイド | Trackback | Comments(32)


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(44)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2017年 06月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧