<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

結局完成!マーサのキットでグリッターアート

マーサスチュワートのグリッター・バイ・ナンバー(Glitter By Number)を使ったグリッターアート、結局年内に完成させました。

b0208652_4163284.jpg


予想通りの骨折り仕事でしたが、完成品の出来映えに報われます。気に入りました。もうひとセット買って、今度は手持ちの別の色のグリッターでやってみたいと思うくらいです。

よく見ればグリッターが混ざっちゃっているのですが、ぱっと見、ぜんぜん気になりません。むしろ明るい色に濃い色が混じり、深みが出ているような気さえします。

b0208652_4173192.jpg


b0208652_435485.jpg


シートの粘着性がとても強いので、いったんついたグリッターは触ったりこすったりしても意外と大丈夫。はがし忘れを2回ほどしましたが、最後に残ったところをはがして該当のグリッターをかければ問題なし。

もしはがし間違っても、グリッターをかける前に台紙を被せればOKだと思います。グリッターをかけちゃったら致命的だと思いますが(笑)。

問題は飾り方。それぞれが13cm四方と小さく、CDケースほどのサイズしかありません。4枚をひとつのフレームに入れるか、それとも小さいフレームにそれぞれ入れるか。

ちょっとした模様替えを兼ねて、今飾っているものもいくつか入れ替えしようと思っているので、新学期が始まるまでの間に追々整えていくつもりです。

******************************

今年のフィナーレにふさわしい写真をと、旅行の写真などから探してみたのですが、イマイチ季節感に欠けるので、2010年はこの2枚で〆てみます。

b0208652_4313481.jpg


b0208652_4285983.jpg


あるお正月、父の実家の玄関前にて。除雪車がドカッと雪のかたまりを置いて行ったのを、父がくずして私がそり遊びできるようにしてくれたのだろうと思います。

雪国新潟で育ったので、こういう遊びにはたくさんの思い出があります。自宅の庭にかまくらを作ってもらい、兄弟みんなで入って撮った写真などもあります。

外が寒ければ寒いほど、家の中や家族の温かさがありがたいものですよね。みなさんどうぞ楽しい大晦日の夜をお過ごしください。

こちらはまだ30日。歯医者さんの予約があるのでこれから出かけてきます。いたって普通の日です。明日は唐揚げの次にお蕎麦が好きな夫と年越しそばを食べます。

もちろん「山盛りの」天ぷら付き。誕生日もクリスマスも、「唐揚げ」ではなく「山盛りの唐揚げ」をリクエスト。好きなものはいつも山盛り(a pile of)です(笑)。

ではまた新年にお会いしましょう!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-31 04:27 | ペーパークラフト

春の森を再現!マーサのスタンプキットでカレンダー作り kawaii

季節はずれなタイトルですが(汗)、先日の手づくりカレンダー2010年の続き。3月はスタンプいっぱいのにぎやか仕上げにしました。

b0208652_5325723.jpg


いくつかのクリアスタンプセットを使い、春の森を再現。大半は、マーサスチュワートのスターターキット(Peg Stamp Starter Kit)からのものです。

スタンプはポイント使いや、それだけでカードが完結する大きめモチーフを好む私ですが、このキットで合わせたり重ねたりする楽しさもおぼえました。

b0208652_5333780.jpg


お花と茎と葉っぱが別々なのでいろいろな組み合わせができるし、インクパッドの色も好きなように変えられるし、見本のようにお花だけをリース型に並べたりもできます。

足がなくて落ち着かない、とクリスマスツリーに付け足した植木鉢もこのセットから。普通、植木鉢だけのスタンプなんてないですよね(笑)。

インデックスカードのワンポイントにも活用しています。

左の大きいウサギさんだけ私の手づくりはんこ。元のデザインは彼女のロゴです。

オリジナル画像と比較して、どうでしょう?前足がやや小さくなったところが反省点。仕上げに輪郭をキレイにしようとぐるりと削ったら小さくなってしまいました。

でも消しゴム彫りは苦手!と公言していたにもかかわらず挑戦したところに、贈り物としての意義がありますよね?自分で言うことじゃないか(苦笑)。

高校時代からの親友で、CDのパッケージデザイン制作から写真展の企画運営まで、音楽・アート業界でプロデューサーとして幅広く活躍している彼女は、私の誇り。なので、勝手に「販促品」を作ってしまったというわけです(笑)。

へたっぴ承知でも、売ってないものは作るしかないですからね。友達にエールを送る意味で、ちょっとがんばってみました。

消しゴムはんこと言っても、私は消しゴムではなく、ゴム版画用の画材を使っています。他にも作ったものがいくつかあるので、それらのご紹介も兼ねて、この話はまた別の記事にしようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-30 05:39 | ペーパークラフト

マーサのグリッターアートセットでペーパークラフト活動納め?

マーサスチュワートのニューアイテム、グリッター・バイ・ナンバー(Glitter-By-Number)を初めて見かけた時は、子どもの頃の思い出がよみがえり、懐かしさで胸がいっぱいになりました。

b0208652_7441615.jpg


なぜなら、こういう砂絵のセットを買ってもらったことがあるからです!

内容はこんな。

b0208652_7461485.jpg


パターンが区画され、それぞれに番号のついたシール式の台紙と、5色のグリッター。

まず、「1」のついた部分をはがします。

b0208652_7495454.jpg


はがしたところだけ、ペタペタした台紙が現れます。

さらに「1」を探してはがします。ん、小さいところは意外とめんどう?

b0208652_751820.jpg


「1」の部分をはがし終えたら、「1」のグリッターを振りかけます。

b0208652_7542938.jpg


グリッターなどの粉モノ作業の時は、折ってまん中に線を入れたコピー用紙などの上ですると、余りをビンに戻すのがラクになります。

次に「2」と番号のついた部分を...

b0208652_7551246.jpg


...ん、なんだか「2」以降はめんどうそうだな。

それに全部で4枚あるし。

b0208652_7561330.jpg


他にやることがないわけでもないから、年明けでもいっか(笑)。

小学校の低学年のころ、夏まつりでこれと同じ要領のハローキティの砂絵セットを買ってもらったことがあります。夏休みの終わりに、近所の高学年のお姉さんに手伝ってもらって作った記憶が。なつかしいです。

たしかちぎり絵もやったような...それもキティでした(笑)。

マーサのキットはこのモナークバタフライ(Monarch Butterfly)の他、お花のパターンがあります。もっとポップな色でクリスマス柄も出ており、例のハトさんのデザインにはついつい惹かれそうになりましたが、季節を問わずに飾れるこちらを選びました。

マーサのテレビ番組や雑誌で見てグリッターアート(オレンジの矢印ボックスをクリックすると他も見られます)には大変興味を持っていたので、このキットはスターターの私にぴったりです。

リンクのページのプロジェクトの6〜10のような、写真をもとにしたグリッターアートをやってみたいのですが...

エラそうなことは、キットを完成させてから言った方がよさそうです(苦笑)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-29 08:29 | ペーパークラフト

マーサのスタンプとパンチで手づくりカレンダー

カヴァリーニ(Cavallini&Co)の卓上カレンダーも今年のクリスマスプレゼントに選びました。秋のリトルイタリー・フェスタで画材屋さんにてフォーリンラブして、自分用に購入とご紹介したものと同じSweet Treats。買い占めました(笑)。

b0208652_9215919.jpg


旅行好き(今年だけで海外3回!)の友達にはこちらをチョイス。

b0208652_9222125.jpg


すでに、「これを見て旅に出たくなった」とのメールがありました(笑)。

カヴァリーニは毎年のカレンダーだけでなく、スタンプも特上級のかわいさです。今のところ持っているのは3セットですが、これから倍増する予感。だってこれですよ。

お店では、今年は自分でたくさん作ったのにタグも欲しくなってしまったし、妹から手帳が送られてきたのにプランナーにも手を出しそうになってしまいました。キケンです。

******************************

実は去年の今ごろ、誕生日が1月末の友達へのプレゼントと自分用に、カレンダーを手づくりしようと目論んだんです。卓上ではなく、小型のウォールカレンダーです。

クラフトパンチを使ったり、カリグラフィーをしたり、苦手の消しゴムはんこまで彫ったり、カレンダー部分もすべて数字スタンプの手押し(!)で挑戦したんですが...

...6月分で力尽きました。

今思えば、素直にカヴァリーニで買って送ればよかったです(苦笑)。

友達への手づくりカレンダーの表紙はこんなでした。

b0208652_9495013.jpg


バースデーカードを兼ねたカレンダー。マーサスチュワートのバースデーケーキのパンチ(Birthday Cake Medium Punch)をスポンジで厚みのついた両面シールで貼り付けて立体感を出しています。

1月は...

b0208652_9473929.jpg


1ヶ月間、年齢と直面。まるで嫌がらせみたいね(笑)。この大きな数字のスタンプもマーサのもので、0から9までのべた塗りになるスタンプと点線で囲まれたようになるスタンプがセットになっています。初期のもので、残念ながら今は販売していません。

大人と違い、子どもはひとつ増えた新しい数字がうれしいので、年齢を強調したこのデザインを子ども用バースデーカードの定番にしています。少しずらしてスタンプするのがお気に入り(というより、クリアスタンプじゃないので必然的にずれる・笑)。

2月は、ポストカードをそのまま使った手抜き(笑)デザイン。

b0208652_9501978.jpg


夏ごろサンディエゴ美術館へ見に行ったリチャード・アヴェドンのエキセビション(Richard Avedon: Portraits of Power)で買ったポストカードをすっかり送り忘れていたので、カレンダーに利用してみたのでした。モデルはソフィア・ローレンです。

とにかくカレンダー部分の数字と曜日をスタンプするのが大変で大変で...どちらもマーサスチュワートのアルファベットのクリアスタンプセットを使用。1月はサンセリフ(Sanserif)から、2月はセリフ(Serif)のセットから。

マーサのカスタムスタンプキットをご紹介した時にフォントへのこだわりについてはちょっぴり書いていますが、先にちょこっと短い線の飾りがついているかいないかで印象がずいぶん違います。

1月のサンセリフ(飾りなし)の方はカジュアルでかわいいイメージですが、棒線の先にちょこっと足がついたセリフを使っただけで、2月の方はぐんとフォーマルなイメージになっていると思います。

マーサのスタンプやパンチと合わせてクラフトをするときはサンセリフの方を好んで使っていますが、こうやってデザインごとにフォントを変える楽しみというのもありますよね。

長くなりそうなので、3月以降の分は別の記事にしようと思います。ヘタな消しゴムはんこも登場しますので、ぜひまたひやかしにいらしてくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-28 10:24 | ペーパークラフト

クリスマスに贈ったもの:年号入りのツリーオーナメント

プレゼントはまだツリーの下にそのまんま(笑)。アイテムの陳列じゃ楽しくないので、活躍中の図を追々記事としてアップしていこうと思っています。

今日はもらったものではなく、贈ったものをちょっぴりご紹介。今年、念願のマイホーム購入が叶った友達に、クリスマスツリーオーナメントを選びました。

b0208652_9302923.jpg


リースにお家、リボンの部分には「Bless this home(この家に祝福を)」と入っています。その下に小さくぶらさがっているのは「2010」。つまりマイホーム購入の年号が入ったお家モチーフのツリーオーナメントです。

アメリカには、年号入りのオーナメントを毎年少しずつ買い足して、クリスマスツリーを家族の歴史のディスプレイのように扱う習慣があるんです。

結婚の年号入りのハートやウェディングケーキ形のものや、テディベアやガラガラに赤ちゃんの生まれ年が入ったものが代表的。観光地やテーマパークなどでも、旅行の記念に年号入りのクリスマスオーナメントを見かけることがあります。

私も親しい友人の結婚して初めてのクリスマスには、その年のエディションのオーナメントをレノックス社(LENOX)のものから選んでいます。この友人にも2005年版を送りました。

出産した友人には赤鼻のトナカイさんの「Baby's 1st Christmas」の年号入りをチョイス。これは上のような薄型ではなく立体で直立するので、ツリーを出さない年でもそのまま飾れて喜ばれているんですよ。

買ってしまってから出産予定日が遅れそうだという話のあった年は、「25日前に生まれますように」と祈ったものです。そうでないと、赤ちゃんの初めてのクリスマスは翌年になるから(笑)!

年号入りの写真フレームタイプのオーナメントもあります。お子さんや家族、ペットなどの写真の入ったオーナメントが毎年増えて行ったら、10年後、20年後はさぞ楽しいクリスマスツリーになることでしょうね。まさに家族の歴史を物語るツリーです。

我が家にも年号の入った陶器のプレート形や、フルーツ形、絵柄の入ったものなどいろいろありますが、ここ数年は私の希望でシンプルに赤と金の真ん丸のオーナメントだけを使っています。

リボンをぐるぐるにしたり、キャンディーケイン(赤と白のしましまのステッキ形のキャンディー、ナゼかだんだんなくなるから、常に補充用を用意しておかなければならない・笑)だけをぶら下げた年もありました。

3年連続で同じだから、来年あたりはもうちょっと凝ってみようかしら?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-27 07:49 | 日々の暮らし

今日がほんとのクリスマス!

今日は12月25日。アメリカは今日がクリスマスです。

夫がどうしてもブログに載せてくれというので、めんどくさいなーと思いつつ、やや投げやり気味(笑)に撮った、昨夜イブのブラウン家。

b0208652_8274838.jpg


「あんな小さいツリーしかないと思われたら家族や友達が気の毒がる」、「真理子にプレゼントあげてないと思われたら、お父さんが悲しむ」と言うので。

家族からも友達からも信頼の厚い夫。そんな心配は断じてない!のですが、これで本人の気が休まるんなら、はい、ちゃんと大きいツリーも飾って、欲しいものも買ってもらいましたよ(笑)。

ちなみに今、夕方ですが(夫は弟たちと電話中)、ツリーの下はこのまんま。中身知ってるから、開けるのはあとでいいや(笑)。メインのプレゼントはまだ届いていません。発売がもうすこし先なのです。

今日は夫の希望で唐揚げとマカロニサラダのフツーのメニュー。借りてきた映画を観て、午前中に焼いたスイートポテトパイを食べて、ゆっくり過ごそうと思います。

アメリカ在住のみなさん、素敵なクリスマスの夕べを。日本、香港、オーストラリアのみなさん(コメントを拝読して、だんだん読者の方の所在が分かってきてうれしい今日このごろ)、楽しい日曜日を。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-26 09:08 | 日々の暮らし

マーサスチュワートのハトのパンチでペーパーモビール

天井からつり下げたモビールを撮るのは本当にむずかしい!角度も構図もなんだか落ち着かず、例によって薄暗い室内での写真ですが、雰囲気だけは伝わるでしょうか?

マーサ・スチュワートのハトのパンチサークルカッターで切り抜いた輪を合わせて作った、真っ白なペーパーモビールです。

b0208652_10341586.jpg


ハト3羽、輪っか3つ、そして間のお星さま2つがそれぞれ好き勝手にゆっくり動いているものだから、シャッターチャンスが極めて少ないのです。だってカメラに対してすべての面が一度にこちらを向くなんて、確率/統計学的にありえない(笑)!

指で止めてみたり、ふーっと静かに息を吹きかけて回してみたりして、これが精一杯。見上げずに遠くから望遠で、なんてのは夢の話です(笑)。

ハロウィンの北欧の切り紙モビールのときも、全員がこちらを向いてくれる確率といったら甚だしく低く、忍耐強く待って、しつこくしつこく200枚くらい撮ったものでした。

その甲斐あってか、エキサイトブログの編集部の方に「今日のカワイイ!」としてオフィシャルサイトに取り上げていただいたわけですが...今回はムリがあるね(苦笑)。

******************************

ハトのパンチの記事で大小のバタフライを比較しましたように、マーサスチュワートのラージパンチで抜いたモチーフにはかなりの大きさがあります。カードだけではもったいないそのサイズに着目して、今回はモビールに変身させてみたわけです。

通常のミディアムパンチだと12インチ(約30cm)四方のスクラップブック台紙に対しても頼りないサイズになりますが、ラージであれば使い方次第ではバランスよくレイアウトに使えるかと思います。

******************************

さて、写真(まだ言い訳するか・笑)。我が家でモビールを撮るのは背景も厄介者。ダイニングエリアとの仕切りになっている腰までの高さのハーフウォールの上に吊るしているのですが、この位置から以外だとひどい逆光に。だけどもう少し右を向くとダイニングテーブルの上から吊るされているランプと重なってしまうのです。

そこでぐるりと右に向き直ってダイニングを通り越しますと...

b0208652_11204326.jpg


今度はキッチン。まあ、こんなふうによその家の生活感が垣間見れるのはちょっとうれしかったりするし、素人のブログの良さでもありますけどね(いきなり開き直り・笑)。

ちなみに奇跡的に去年のクリスマスから生き延びたこのポインセチア、ちっとも色づきません。明日、クリスマスなんだけど(汗)。

******************************

おまけでもう一枚。先日の暖炉全体の写真では反射していて分かりづらかったので、マーサ・スチュワートのウィンドウ・クリングを撮ってみました。

b0208652_12201310.jpg


このクリスマスシーズンは出ていませんでしたが、ハロウィンではコウモリやヴァンパイアなど、かなりの種類が出ていたようです。窓やミラーにそのままピタッと貼って剥がせ、毎年使えます。ご参考までに。

この写真で、スイッチオンで着火するなんちゃって暖炉だということがよく分かりますね(笑)。

明日のために、スイートポテトパイの下ごしらえはしてあるんですが...買い出しに行ったら日系スーパーで地鶏のもも肉を見つけ、「クリスマスは唐揚げがいい」と言い張る人が約一名いまして。4日前の誕生日にもリクエストに応えて「山盛りの唐揚げ」だったのに。どこまで唐揚げ星人なんでしょう?

私の献立は崩壊したけど、手間と時間が10分の1ほどになったので(本音・笑)、アラバマの家族たちとの電話を楽しんだり(大家族なのでひと巡りすると日が暮れる・笑)、借りて来た映画を観たりして、明日はゆっくり過ごそうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-25 12:10 | ペーパークラフト

HAPPY HOLIDAYS!/クリスマスの思い出

b0208652_6321278.jpg


ロンパースのデザインとして登場した夫の海軍入隊当時の写真をポップアート風にしたものを、クリスマスカラーに変えてホリデーカードにしてみました。こんなこともフォトショップなら簡単です。

この季節のグリーティングには、「Merry Christmas」よりも「Happy Holidays」が好まれます。クリスマスの他、ハヌカやクワンザなど、別の宗教や人種のお祭りも含むことができるからです。言ってみれば無難ワード。

それにサンクスギビング後あたりから、元日を過ぎ、1月の半ばくらいまで新年のあいさつ代わりにも飛び交う言葉なので、クリスマスカードが早く届いてもかなり遅れちゃっても大丈夫(笑)。大変便利なあいさつ文句なのです。

アメリカは23日、日本はイブの、今日のような日にはもってこいですね(笑)。

******************************

先日、クリスマスプレゼントを「ツリーの下に家族分まとめて置いて行く」vs「それぞれの枕元に置いて行く」という日米のサンタ事情の違い(笑)が話題になったばかりですが、もうひとつ違いを感じるのが、この、イブ。

日本ではいつから24日がメインのように取り扱われるようになったのでしょう?アメリカでは宗教にもよりますが、家族が集まってごちそうを食べるのは通常25日。前日はいたって普通の日です。

私の実家でも物心ついた時からごちそうやケーキを食べるのは24日の夜でした。終業式と重なり、通知表をもらう日でもあるけれど、開放感もあって楽しかったものですよね。 

元保母の母はイベントに対して大変ノリがよく、毎年3歳下の弟と6歳下の妹と一緒にツリーを飾ったり、おりがみで作った輪っかで部屋をディスプレイしたり。

サンタクロースの存在を信じる・信じないは別として、確実にプレゼントを運んでくれるのが誰であるかをよく知っていたので(笑)、3人で父の帰りを楽しみに待ったものでした。

お夕食のメニューは事前に取った子どもたち3人のリクエスト(ハンバーグやナポリタン・笑)を少しずつひと皿盛りにしたお子さまランチスタイル。爪楊枝と紙で作った旗を立ててくれたのがとても懐かしいです。

プレゼントにもいろんな思い出があります。持っていた記憶のある一番古いプレゼントは、バンダイのモグラたたきゲーム。調べてみたら1977年発売!まだあるようです。

もしかしたらテレビCMで見て小さな私が反応したのかもしれませんが、特にねだった記憶はないので、おそらく父か母の方が興味あったのではないかと思われます(笑)。

小4の時にもらったのは大きなウサギのぬいぐるみ。これは毎晩抱っこするシミュレーションして夢見たほど欲しかったものだったので、うれしくてたまりませんでした。

ところがもらって数日後、幼い妹にチョコレートを食べたあとの口で一番白い足の裏の部分にチューをされてしまったので、悔しい思い出として大変よく覚えているのです(笑)。

******************************

今回で渡米して13回めのクリスマス。毎年のこの季節のことをいろいろと思い出しますが、やっぱり写真のある年のものはよく覚えているものですね。

撮りっぱなしであと回しにし続けている写真を、来年こそは定期的にスクラップブックにしていこう!と、いきなり新年の抱負で〆てみるのでした(笑)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-24 06:45 | 日々の暮らし

ハンドメイドブロガーさん必見!フォトショップのすすめ

サンディエゴは珍しく雨続き。空はどんより。もともとあまり日当りのよくない我が家のリビングルームも薄暗く、フラッシュなしの撮影はかなり難しくなっています。

ハンドメイド作品などであれば明るい窓辺に近づけたり、光のあたる角度を変えたりすればよいのですが、移動できないものとなるとそうは行きません。

カメラに内蔵されたフラッシュは、部分的に反射したり、のっぺりとした印象になりがちなので、どうしても使いたくありません。

では昨日の暖炉まわりの写真はどうしてあんなに明るく見えたのか?

タネ明かしをします。それは、アドビ・フォトショップのおかげです。

じゃーん!

b0208652_6195189.jpg


左は未修整。間接照明に照らされ黄色っぽく、右が窓なので上から斜めに影も入っています。カメラが真っ正面でなかったようで、暖炉のフレームも右に傾いていますね。

これを、全体的に明るくし、奥まった右の方を起こし、色補正をし、影を消し、最後に線を少しシャープにすると、右のような写真になります。

フォトショップとは、画像編集ソフトのことです。私は去年、今回デジタルフォトグラフィーに通ったカレッジで、同じグラフィックデザイン科のデジタルイメージングというクラスを受講してフォトショップを学びました。

折り目や亀裂の入ったぼろぼろの古い写真を修復したり、白黒やセピア色の写真をカラー化したり、文字入れをして(タイポグラフィ)ポスターを作ったりと、さまざまな用法を学びました。

が、一番ありがたがられているのは、シミやシワを消して肌色をワントーン明るくする、フォトショップ・アンチエイジング(笑)。特に私の母は、私が撮る旅行写真などをとても喜んでくれます(笑)。

冗談はさておき、このフォトショップ。クラフトのブログを始めてから、ますます重宝しています。せっかく作ったカードも、見てくださる方に色や質感がそのまんま伝わらないのではちょっぴり残念ですよね。

使っているコンデジ(Canon PowerShot G11)が割に優秀なせいか、まったく補正の要らないことも多いのですが、より実物に近づけるため、積極的にフォトショップを使うようにしています。

これ以前には、フォトショップエレメンツという、家庭向けのフォトショップを使っていました。プロ用のフォトショップの簡略版ですが、お値段は10分の1くらいで、クラフトやお料理ブログの写真を編集するには充分な機能があると思います。

アドビ社のもの以外でもさまざまな画像編集ソフトが出ていますし、無料でダウンロードできるものもたくさんあるようです。最近はデジタルスクラップブッキング向けにレイアウトの入ったようなものもあるそうですね。

みなさんは何をお使いでしょう?無料のもの、初心者でも簡単に使えるものなど、オススメがあったらぜひコメント欄で教えてくださいね。

ワンタッチで写真におもしろい効果を加えられるものなどもあるので、フォトクラフトをしたい私自身も新しいものに大変興味があります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-23 06:24 | 日々の暮らし

2010年、ブラウン家のマントルピース、クリスマス編

ちょっともの足りないかなぁ...ま、いっか(笑)。

b0208652_11142654.jpg


上に乗っているのはグリッター・トレイン・ステーション(Glitterable Train Station)。去年のウィンター・ヴィレッジに引き続き、マーサスチュワートのペーパークラフトキットを使いました。キットとはいえ、イライラ作業満載です(笑)。

暖炉のガラス戸に貼ってあるのはウィンドウ・クリング。透明のビニールに白でシカや木のシルエットが入ったもので、ガラスやミラーなどに接着剤なしでぴたっと貼ってはがせます。これもマーサスチュワートのもので、うちでは今年で3回めの登場。

今年はハロウィンではかわいいウィンドウ・クリングを何種類も見ましたが、クリスマス向けは出ていないようです。今見てみたら、このシカファミリー(Deer Family Window Cling)のものにプレミアがついていました。大事に使おう。

右は生のモミの木です。ミニツリーに見えますが、てっぺんまで80cm近くあります。生の木は香りがいいですね。飾りは付けてなかったんですが、撮影してみたらあまりにも殺風景だったので、針のような葉にチクチク刺されながら(笑)急遽足しました。

そのとなりは松ぼっくり。クリスマスが近づくと、クラフトショップだけでなく、スーパーやドラッグストアなどでもシナモンの香りを移した松ぼっくりがみかんのネットのようなものに入って出回ります。去年はひもを付けてぶら下げましたが、今年はカゴ盛りで。

赤いお馬さんは、去年のクリスマスに日本の友達から送られてきた、木製のダーラナホース。私は北欧雑貨が好きと公言したことも意識したこともないのですが、よくプレゼントにもらいます。私が描いたり作ったりするものを思わせ、いかにも私が好きそう(笑)なんだとか。たしかに好きです。

左端は停電用(笑)のキャンドル。意外と停電が多く、長時間持つキャンドルは必需品です。毎年クリスマスになるとシナモンの香りの赤いキャンドルを買って、部屋の何カ所かに置いて楽しんでいます。

*****************************

今年は小さな生の木も買ったし、プレゼントはすでに所定位置となった部屋のすみに積み重なっているから、大きい方のツリーは省略かな、と思っていたのに、帰宅した夫がいきなり組み立てました。

どうやらプレゼントはどうしてもツリーの下に置かないと気が済まないようです(笑)。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
by marikobrown | 2010-12-22 12:02 | 日々の暮らし


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(43)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧