<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「シャーピー(Sharpie)は画材です!」/ブログランキングについてのお願い

先週ポピーを撮りに行ったショッピングモールにはウォルマートも入っています。マーサスチュワート・クラフトが撤退してからは私にとっては何の魅力も行く理由もなくなっていましたが、夫が欲しいものがあると言うので久しぶりに入店。2010年の夏以来のことでした。

スクラップブッキングのコーナーに淡い期待を持ちつつ覗いてみましたが、特にこれと言うものも見つからず。ただし、Stickoのステッカーがすべて1ドルでした。セールというわけではなく、おそらく普段どおりのウォルマート価格なんだろうと思います。

別に欲しいものもなかったのですが、夫は自分のものを買うとき私にも何か買わないと気が済まない人なので(だから電気屋さんで大きい買い物をするたびに私のカメラのメモリが増える・笑)、そのうち買おうと思っていたマーカーのセットを選びました。

リミテッドエディションの5本と基本色がセットになったシャーピーです。

b0208652_13504870.jpg


これをかわいらしいイラストの本と同じ日に買ってしまったので、スケッチブックの試し書きがあんなサイケデリックな結果になってしまったわけです(笑)。

シャーピー(Sharpie)とは油性インクのフェルトチップペンの商標名ですが、クレラップのこともサランラップ、コピー機全般のことをゼロックスなどと呼ぶ人がいるように、シャーピーでなくても油性ペンであればシャーピーと言う人がいっぱいいるくらいアメリカではメジャーな商品です。

そういえば日本でもお父さん・お母さん世代にはメーカーにかかわらず油性マーカーのことをマジックとかマッキーって言う人、いますよね。それと同じかな。万国共通(笑)?

****************

さて、このシャーピー。どの家庭にも黒、赤、青インクくらいは探せばどこかに転がっていて、学校などでも学期の始めに揃えるもののリストに含まれていたりするものだと思うのですが、それ以上の色が存在することは州立大学に通っている時に知りました。

微生物学のクラスでは培養実験や観察などに使うペトリ皿やスライドグラスは各自で用意し、日付を記入したり持ち主特定のためにしるしをつけたりするのにシャーピーを使っていました。でもみんなが同じ色を使い、インキュベーターは他のクラスとも共用していたので、どれが誰のかいつも混乱になっていたのです。

それをたまたま夫に言うと、「いいものあげる」と。ダンボール2箱分ほどの事務用品コレクション(この人も溜め癖あり・笑)から出てきたものは、ターコイズやマリゴールドなどの珍しい色が入ったシャーピーのセットでした。おかげで私の班のメンバーはいつもさっとその日の作業が始められるようになったのです。

****************

そんなエピソードもあり、私の中でシャーピーは「日付や名前を記入したり、何かを色で整理する時に便利なもの」という位置づけになっていたのですが...

数年後、ドローイング(デッサン)のクラスに参加した時、先生が「シャーピーは画材です」なんて断言するではないですか!

いきなり爆弾発言をしたり、どう考えても冗談だろうというようなことを真顔で宣言したりして、天然すれすれな感じがとても魅力的だったこの先生。しかし、「シャーピーは画材です」は、どうやら冗談ではなかったようでした。

というのも、帰宅して検索してみると、シャーピーのホームページはものすごくアーティスティック!オフィシャルブログまであるではないですか!掲載されている作品にもびっくりでした。

それから私の中でシャーピーは、「引っ越し荷物やファイルボックスのラベル等の記入に登場する、普段は事務用品のストックと共にしまい込んである油性ペン」から「マーサやファーバーカステルのペンと一緒に机の上に並べておくクラフト用品」に昇格したのでした。

カヴァリーニのスタンプセットのパッケージデザインに刺激されてたまたまちょっぴり火がついたスタンプの色ぬりブームでも...

b0208652_1425279.jpg


ドローイングインクや水彩絵具などと一緒にシャーピーでもトライ。

b0208652_1434636.jpg


絵の具のように他の道具も要らないし、ブラシで塗るより簡単なので(という割にはかなりはみ出してるけど・苦笑)、スタンプの着色にも定番化しそうです。

シャーピーの特徴や使い心地などについては、今度デッサンのクラスや先生のことを話題にした時にまた触れたいと思っています。

今日は色見本をどうぞ。

b0208652_13294317.jpg


ヘタなひまわりを描いた5色が今回新しく加わった80's Glamという限定色で、右側のしずく型では今まで持っていた類似色との比較をしています。

これは過去のスケッチブックから。日付は2010年8月となっています。同じようにリミテッドエディションを買った時に作ったサンプルです。

b0208652_1335943.jpg


左上のTwin Tip(太ペンと細ペン合体型)のものが微生物学の時に夫からもらったもの。

b0208652_134588.jpg


無意味に顔つきです。ペンを持たせると調子に乗って行き過ぎてしまうのは、今に始まったことではないのです(笑)。

限定色はCouleurs Cafeと言ってモカとかアールグレイとか色名もそれっぽく、なかなかいい色揃いです(これにもまた無意味にマーサのグリッターペンで模様をつけたようです・笑)。

b0208652_13381870.jpg


旧スケッチブックは紙が薄いので次のページが透けています。気になる(笑)?

現時点で頂いているコメントとメールのお返事が追いつきそうにないので、今日はコメント欄を閉じようと思います。次回からまたお願いします。

****************

昨日は訪問者944人のうち53人の方が、一昨日は880人のうち51人の方が記事を読んで気に入り、ランキングのバナーをクリックしてくださいました。ありがとうごさいました。

これが割合として多いのか少ないのかは、他の参加者の方と比較したことがないので私には分かりません。でも欲張りを言うと、もし最後まで読む程度に楽しめたとしたらひとつくらいクリックしてよ〜、という気持ちです!

参加していらっしゃらない方にはばかばかしく思えることかもしれません。でもブログに商業目的がない私のような場合、自分が書いたものに対する評価のバロメーターはこれしかないのです。

ここで紹介したものがどんなに知られようと、売れようと、私にはまったくわからないし何の利益もありません。私の知らないどこかのどなたかの懐を暖かくするだけです。下に出ている広告もエキサイトがスペースを提供し操作しているもので、私とは無関係です。

明日閉鎖して削除しても誰にも何の損失もない、100%自己満足のブログです。明日も読みたい、いつか参考にするつもりでいる過去記事がある、などなど、私のブログの存続を望んでくださるなら、「また更新してね」のしるしにバナーを1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-30 17:24 | 雑貨・文具

モッドポッジとペーパーナプキンでデコパージュ(空き缶リメイク第2弾)

空き缶や空き瓶にちょっぴり手を加えて再利用するアイデアには以前にも少し触れていますが、実際のところ、キッチンでもクラフトルームでもほとんどはそのまんま使っています。

ヨーロッパの輸入品の紅茶やエスプレッソの缶はおしゃれなものが多いし、ジャムの瓶などもラベルがかわいかったりふたの柄がよかったり。キッチンでは作ったソースやドレッシング類の保存に、クラフトルームでは小さなスタンプやボタンなどの収納によく使っています。

でもいちばん使いやすいのは、実はホールトマトやコーンなどの缶詰食品の空き缶!高さも直径もペンやカッター類を立てるのにちょうどよく、安定もいいし軽いので、クラフトルームの見えるところ見えないところ、合わせるとおそらく20缶以上あると思います(笑)。

これらの缶のラベルはさすがにダサいのではがしています。これまでカルトナージュのように紙や布を貼ろうか、ステンシルペイントで模様を入れようか、と何度かリメイク案が浮上しつつ、でもまあ無地のアルミ缶も別に悪くないか、とここまできていたのですが、このたび...

b0208652_12512331.jpg


...遅ればせながら、私もペーパーナプキンでデコパージュをしてみました!

今日はカラフルな本体にカラフルな背景でまるでカメレオンの変身みたいですが(笑)、家中どこで撮っても過剰に反射するか暗いかのいずれかで、実物どおりに写るのがここだけだったんです。少々目がチカチカするかもしれませんがご了承ください(笑)。

遅ればせながら私も、というのは、ここのところ、私がよくお邪魔するブロガーさんたちがさまざまなクラフトに応用されているのを見ていたからです。Petit Bonheurさんは石けんに、雅風さんは手作りポストカードに。不二子さんはコラージュに多用されていて、ペーパーナプキンの種類や扱い方について特集も書いていらっしゃいます。

知ってはいても「私はいいや」というクラフトのジャンルやテクニックはけっこうあって(人がやっていることすべて真似てみたいっていうタイプではないのです、説得力ないかもしれないけど・苦笑)、ペーパーナプキンのデコパージュもそのうちのひとつでした。でも今ちょっとしたプランがあるので、とりあえず手元にある材料と廃材(空き缶)で試してみたというわけです。

ラベルをはがした空き缶にモッドポッジというデコパージュ用ののりを塗り...

b0208652_12514455.jpg


ペーパーナプキンを貼っただけ!前置き長いのに超簡単(笑)!

b0208652_1322454.jpg


モッドポッジの特徴や種類、日本で購入可能な類似品については過去記事で詳しく説明しています。接着、つや出し、防水を兼ねた優れもので、私は特にざらつきのあるテクスチャーと乱反射による鈍い光沢が気に入っています。塗る前と塗って乾かした後の比較写真も載せています。

乾いた後、外側にもつや出しとして全体にモッドポッジを塗っています。

b0208652_12523674.jpg


過去記事のビフォー&アフターの写真を見ていただければ、この空き缶のペン立ても実際どんな手触りか、どんなツヤか、だいたいご想像いただけるでしょうか?

蝶、シダ、カメリア、スクリプト、フローリッシュがセンスよく配置されています。これを自分でスタンプとステッカーでコラージュしようと思ったら、多分私の場合は3日がかり(笑)。ペーパーナプキンならぺろっと貼るだけ!

b0208652_1253337.jpg


上下数センチ余るように切って内側と底の部分に折り込んだ1枚ものですが、乾きかけの時に指で掴んで剥がれてしまった箇所だけ別のナプキンから切り取った蝶を重ねています。

b0208652_12533796.jpg


オレンジ色のモナークバタフライが別ピース。言われなきゃ分かんないでしょ?ごく薄いので手で触ってもほとんど分かりません。

b0208652_1254091.jpg


ペーパーのつなぎ目はモナークバタフライが密集してしまっていて少々暑苦しいですが、それ以外はぜんぜん気になりません。

b0208652_12542432.jpg


簡単にきれいに仕上がり大満足です!

ちなみにペーパーナプキンは広げるとこんな。

b0208652_12544823.jpg


今回はまん中の蝶の部分が缶の中央に来るようにしましたが、次回はカメリアとチューリップがメインになるようにカットしようと思います。

マリメッコバージョン、パンチスタジオバージョンと続くかも(笑)?

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーをそれぞれクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログにポイントが入る仕組です。登録等は一切ありません。順位が上がると更新意欲がアップするので、1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-28 18:26 | ハンドメイド

イラストに挑戦!「イラストの学校 かわいい動物と」(illustration school let's draw cute animals)

先週お見せしたポピーの写真は、お花畑でもガーデンショップでもなく、ショッピングモールの植え込みを撮ったものでした。グロスモントセンター(Grossmont Center)という東サンディエゴにある中規模のモールです。

私はいつももう少し西の別のモールへ行くのでここではほとんど買い物をしたことがありません。しかし2年前の今ごろ、何かの用事があって行った時にポピーとデイジーがびっしりと植えられていたのを覚えていたので、今回わざわざ「写真を撮りに」(笑)行ってみたのです。

ちなみに2年前に見た時はポピーよりもデイジーに反応していたようで、その結果が例のレイヤリングパンチとフロッキングパウダーのペーパーデイジーだったのでした。

さて、本題。大好きだったボーダーズが閉店してしまって以来本はもっぱらアマゾンで購入していましたが、2年ぶりにこのモールへ来て、ここには米国最大の書店チェーン、バーンズ&ノーブル(Barnes & Noble)があることを思い出したのです。

本屋さんのステーショナリーコーナーというのは私にとってマイケルズのマーサコーナーに近いものがあって、何気にボーダーズへ行く楽しみもそこに半分あったようなものなのですが、ここのセレクションもなかなか。

リサイクルマテリアルなどを使ったエコ系のシンプルでオシャレな事務用品や文具が揃っており、使いやすそうなスケッチブックやスマッシュジャーナルもありました。

クラフトやお料理の本も久々に立ち読み。かぎ編みやニットの本には欲しいなと思うものもありましたが、相変わらずスクラップブッキングとカードメイキングの本は全滅...本場のはずなのに、なんでアメリカのペーパークラフト関係の本はこんなにダサいんでしょう。

結局、本はレジ近くのコーナーで見つけたこの1冊だけにしました。

b0208652_9305656.jpg


ふと目に入ってもしや?と思ってよく見てみたら、やっぱり!著者はSachiko Umoto、日本人の方のお名前でした。なーんか「アメリカのカワイイ」じゃなくて「日本のカワイイ」なのね。どこが?と言われると困るけど、なんだろう、目と目の間隔とか丸っこさかとか?

帰って来て調べてみたら、著者は兎本幸子さんという方で、私の買ったものは日本の書籍の英訳版でした。日本での出版は08年、アメリカでも10年に発売されているみたいなので、ただ私が知らなかっただけですね。

イラストの学校」というシリーズ名でこの他にも人や植物のイラストの本も書いていらっしゃるようです。ブログもお持ちで、双子のお子さんを出産されてとても幸せそうです。

この本、とにかくかわいい上に...

b0208652_9414250.jpg


...絵描き歌のような解説で、私のような人でもドラえもんを描く能力さえあればかわいいうさぎさんやくまさんのイラストが描けるようになっているのです!すごい!

絵の才能は完全に終わっている私でも、簡単にこんなにかわいく描けました!

b0208652_945083.jpg


感激です!

さて、ちゃんとオチがあります(笑)。ここからがMB流。

最初は鉛筆でおとなしく練習していたものの、同じ日に買ったマーカーのセットの試し書きも兼ねるうちにだんだんと調子に乗り、スタンプなども組み合わせてみる。

b0208652_9492242.jpg


さらにエスカレートし、ボディを塗りつぶしたり背景を入れてみたり。

b0208652_9542391.jpg


お手本にはない「X」のおへそが気に入ってしまい、描かずにはいられなくなる。

b0208652_955207.jpg


ドンキーは勝手にアレンジして星模様。

b0208652_9554871.jpg


かなりサイケデリックなことになってしまいましたが...

b0208652_1002534.jpg


...けっして酔っていたわけでも何かの薬の副作用でもございません(笑)!なんで兎本幸子さんのラブリーなイラストからこんな結果が生まれるのかなぁ(苦笑)。

絵が描けるようになりたいとは前から思っていて、デッサンの教室に通ってみたり本を買ってもらったりと過去にも何度かトライしています。その辺のお話やスケッチブックの公開など、絵に関する話題にも少しずつ触れていこうと思います。

私の夢は、道具に頼らずいつかペン1本でカードやジャーナル作りが出来るようになること!道のりが果てしなく長いのは一目瞭然ですけどね(苦笑)。

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーをそれぞれクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログにポイントが入る仕組です。登録等は一切ありません。順位が上がると更新意欲がアップするので、1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-27 10:47 | 日々の暮らし

マーサスチュワートのクラフターズクレイでSPRING到来!

パティオのチューリップとバラが咲いたら両脇に飾って撮り、ブログのヘッダーの写真は4月になってから変更する予定でいましたが、待てずに昨日のうちに変えてしまいました〜(笑)!

ヘッダーの写真はページデザインの白とグレーに合わせてかなり色補正をしています。実際のマントルピースの上は、いまのところこんな感じです。

b0208652_15133034.jpg


2文字ずつ見てみましょう。

b0208652_15134216.jpg


マーサ・スチュワートの新商品、クラフターズクレイ・スターターキット(Crafter's Clay Starter Kit)で作ったさくらの花、枝、葉、そして鳥さんを、ポップドッツ(スポンジで厚みのついた両面シール)でアルファベットに貼り付けています。

b0208652_15135467.jpg


アルファベットは白くペイントされた木製のもので、クラフトショップでバラ売りされています。クリスマス独立記念日など、季節のデコレーションにたびたび使用しています。

b0208652_1514340.jpg


ブルーとグリーンの鳥さんは、やっぱり妥協せずペイントしておいてよかった!

私なりのこだわりは、左端から右端までスムーズに目で追えるように枝や葉っぱを配置したところです。「S」の左端から始まってカーブに沿って一旦下に降り、「P」の左上に向かってまた上がるようなイメージです。「P」と「R」の枝には距離がありますが、枝先の向きと葉っぱの配置でなんとなく線がつながっているような気がします。

「I」のてっぺんには枝を置きませんでしたが、ここもまるでRとNの間が枝でつながっているような錯覚を起こしませんか?「N」の左上、右下、そして「G」の左下から右上へと、ここもまた同様に枝が起伏するのを目で自然に追うことが出来ます。

アートやデザインのクラスではprinciples of art(芸術の原理)というのを学びます。そのひとつにmovement(動き)があり、これは美術作品を見る人の目の動きへの考慮が含まれます。去年受講したフォトグラフィーのクラスでも、構図の話になるとこのコンセプトはよく出てきました。

こんな解説がなければハッキリとアップ&ダウン&アップ&ダウン...の様子にまでは気づかなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、「なんとなく抑揚があって楽しげな感じ」、「動きが軽やかで春らしいイメージ」くらいは伝わったと思うのです。どうでしょう?

カードやアルバムのページを作る際も、「なんだか落ち着かないレイアウトだな」と思ったら少し離れた距離から第三者のつもりで流れをチェックしています。

目の動きがブツンと途切れてしまうところや角度がずれていてスムーズにつながらないところをほんの一カ所直すだけで、すんなりとまとまることもあるんですよ。

粘土の次は、イラストに挑戦中!絵を描くのは相当ヘタだと何度も言っているんですけれどね、今回はスケッチブック、見せちゃいます(笑)。

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーをそれぞれクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログにポイントが入る仕組です。登録等は一切ありません。順位が上がると更新意欲がアップするので、1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-25 16:45 | ハンドメイド

マーサのクレイとマーサのペイントでマーサカラーのマーサクラフト!

先日作ったブルーの鳥さんはとても気に入ったのだけれど、淡いピンク色のさくらや黄色の鳥さんと並べると少々目立ちすぎてしまう印象だったので、白い鳥さんをペイントしました。

b0208652_19141281.jpg


簡単に思いどおりの色に仕上がりました!

b0208652_19142784.jpg


使ったのはマーサ・スチュワートのクラフトペイントシリーズの2色。

b0208652_19151622.jpg


左はピーシュート(Pea Shoot)、右はサーフ(Surf)。どちらもまさにマーサカラー。今回のためにわざわざ買いに行ったのではなく、全品30%オフの時にごっそりストックしておいた(笑)ペイントのうちの2本です。ぴったりの色でラッキーでした。茶色の足の部分はウィンザー&ニュートンのアクリルペイントを使っています。

数滴のお水を足して少し柔らかくしてから使いましたが、ほとんど原色のまま使用しています。赤、青、黄、白さえあれば何でも作れるのは分かっているけれど、こんな絶妙な色に辿り着こうと思ったら...経験上、鳥さんが100羽塗れるくらい大量に出来てしまうはず(苦笑)。

マーサラブラブなしつこいタイトルですが、タイトルどおりの内容だったでしょ?

鳥さんがなんで立ってるか気になる人!裏に待ち針を刺して作業したのでした(笑)!

b0208652_19174163.jpg


焼くとカチカチに固まるポリマークレイと違って、発泡スチロールのような質感のまま乾くこのエアドライクレイはこんなことができるのも扱いやすいポイントかも。色を塗るのも乾かすのも楽でした(直接触れないから手が汚れないはずなのに汚れてるけど・苦笑)。

仕上がった時にはすでに薄暗かったので完成図の写真は撮りませんでしたが、帰宅した夫も、「かわいい!どうやってこんなの作ろうって思い付いたの?」と絶賛中のかわいさです!

今日はマーサのサイト内のクラフトブログでもクレイ作品がフィーチャーされていました。タグのアイデアも素晴らしいけれど、かわいさに関しては今回ばかりは私の勝ちです(笑)。完成品をお楽しみに。

おまけ。筆を洗ったバケツ代わりのガラス瓶(空き瓶にワイヤーのハンドルをつけてリメイク)の水が、光に透けてとてもいい色でした。捨てるのもったいないくらいきれいな色。

b0208652_19153171.jpg


背景にヒントがチラリ(笑)。

追記:完成したものを撮り、ブログのヘッダーにしました!

あっという間に週末です。先週は去年買ったばかりのカウンタートップのトースター兼オーブンが、今週はメインのオーブンが故障し、どちらも交換待ち。オーブンに頼っていたという意識はまったくなかったけれど、かなりの不便を感じている自分を発見しています。

パンが焼けない、それじゃあ朝食にスコーンでも焼こうかな、あ、オーブンが使えないんだった、それじゃあ湿気り気味のグラノーラを焼き直そうかな、そうだった、オーブンがないんだった!みたいな。今朝はコーヒー入れながら、冷凍のベーグルを手に途方に暮れました(笑)。

オーブンもトースターもない週末の朝はちょっとさみしすぎるので、土曜日はどこかで美味しい朝食を食べたいなと思っています。みなさんもどうぞ楽しい休日を。

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーをそれぞれクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログにポイントが入る仕組です。登録等は一切ありません。順位が上がると更新意欲がアップするので、1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-23 21:14 | ハンドメイド

ポピー(ひなげし)が咲いていました

昨日今日と、とても忙しく過ごしました。日米の粘土情報(笑)もたくさん寄せられ、うれしい&楽しいコメントもいくつも頂戴しているというのに、お返事が滞っていて心苦しいです。

オレゴンから届いた紅茶ポピーモチーフのクラフトマーサのクラフターズクレイなど、続きがあるお話もどれも中途半端なまんまで...追々撮影をしてみなさんが読んで楽しめるような記事を書いていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!

今日はさしあたり、先ほど超特急でダウンロードした写真でも。「春が来ました!」といわんばかりに(今日のサンディエゴは夏のようでしたが・笑)カラフルに咲くポピーです。

b0208652_17175083.jpg


見れば見るほど本物か紙製か布製か分からない花...(笑)。

b0208652_1718650.jpg


ポピーはうつむいたようなつぼみもまたかわいいですよね。

カンカン照りの真昼間の撮影だったので、コントラストが強く出すぎて思うような写真は撮れませんでした。でもこれで今年も同じところに咲いていることが確認できたので、シーズン中にもう一度、今度は夕方の撮影向きの時間帯にでも行ってみようかと思います。

今日は疲れました〜。普段のんびり暮らしに慣れ切っているからか、ちょっと忙しく過ごした日の夜は目を閉じると地球がぐるぐる(笑)。日差しの強い戸外に出っぱなしだった日なんて、まるで体育祭や陸上大会に参加した日の夜みたいです(笑)!

お返事が遅れていますので、今日はコメント欄を閉じようと思います。代わりに下のバナーをクリックして頂けるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-22 18:17 | 日々の暮らし

マーサのパンチの無料デモンストレーションのお知らせ/クレイクラフトの続き

新商品のクラフターズクレイ・スターターキットを紹介した昨日の記事にはいつもよりランキングのポイント数が多く入り、あらためてマーサ・スチュワート人気を確認。そして私のブログの読者さんたちは皆マーサファンであることを確信(笑)!

そこでタイムリーなうれしいお知らせ。ブログ「Hello Sandwich」のEbonyが、青山でマーサのパンチのデモンストレーションをすることになったそうです!

詳細はこちら。英語なので大事なところは訳しておきますね。

日時:3月31日
場所:アントレスクエア

13:00 オリジナルラッピングバッグとコサージュ作り
14:00 スクラップブッキングとブックマーク(しおり)作り
15:00 オリジナルカードとタグ作り
16:00 パーティーデコレーション(コースター、ランチョンシート、カップデコレーション)

なんと無料だそうです!予約はaoyama@entrex.co.jpまで、とのこと。

Ebonyはシドニー出身のアーティスト/グラフィックデザイナーで、私は3年ほど前にマーサ・スチュワートもクラフトもまったく関係のないところで彼女のブログを知り、それ以来ずっとブックマークして更新を楽しみにしています。

私は彼女の捉えた「Tokyo」が好きで好きで。言葉にするのはとても難しいのだけれど、自分が中高生だった頃のアメリカやヨーロッパへの憧れと少し似ているというか、新潟から東京へ移り住んだばかりの18、19歳の頃の感覚にもなんとなく重なるというか...彼女の文章を読んだり写真を見たりすると、なんとも言えない甘酸っぱい感情を覚えるのです。

日本での仕事が決まった時は私も自分のことのようにうれしく思い、陰ながら応援していましたが、メジャーな雑誌で取り上げられたりラッピングの素材本を出版したりして、あっという間に日本でも有名人になってしまったEbony。31日、青山で会える日本のみなさんが羨ましい!

追記:デモンストレーションの席がどんどん埋まっているようです。予約はお早めに。

ちなみに私はマーサの回し者でも主催のアントレスクエアさんに頼まれたわけでもありません。純粋にマーサファン&エボニーファンなのでお知らせしたまでです。


****************


さて、今日は昨日長くなりすぎたのでカットした部分を。

スターターキットには2種類あり、それぞれシリコン型の他、お花の作り方と材料(フローラルワイヤーとフローラルテープ)が付いてきます。私が買ったのはあじさいの作り方が入っているバージョン。もうひとつのキットにはバラの作り方が入っています。

b0208652_8594792.jpg


これは新しいものではなく、だいぶ前からマーサのサイトに載っていました。写真の下の「Watch the video」というところから、彼女のテレビ番組で紹介された際の動画も見られます。

商品の販売はこれが初ですが、マーサファンにとってクレイクラフト自体はたびたび目にしていたものなんです。私のクラフトバイブル、Martha Stewart's Encyclopedia of Craftsにも...

b0208652_1038404.jpg


...クレイのページが。

b0208652_9194810.jpg


なので、私が今回初めて触れたこのふわふわのマシュマロみたいな粘土も、けっしてマーサ・スチュワート・クラフト独自の開発の新商品というわけではなく、すでに他社から出ている粘土クラフターさんたちにはおなじみのものだと思うんですよね。

「air-dry clay」で検索してみるといろいろと出てきますが、いずれもキッズクラフトといったパッケージとお値段設定。クレヨーラ価格でマーサクラフトが出来れば万歳なんだけれど(笑)。

「マシュマロのような感触で、完全に乾いてもふわふわ、指で押すとつぶれるけれど離すとスポンジのように弾力で元の形に戻る」なんていう粘土、もし知っていらしたら教えてください。情報お待ちしています!

さて、キット。クレイでお花を作るという機会はおそらく私にはないと思うのですが、うれしいのはこの裏面のカラーミックスチャート。

b0208652_9381395.jpg


何色と何色を混ぜると何色が出来る、というのはアートやデザインの本によく載っていますし、カラーホイールなども参考になります。しかし色は足せても一度混ぜたら引くことはできないので、ほんの少ししか必要ないのにとんでもなく大量に同じ色の絵の具が出来上がってしまった、なんていう経験をお持ちの人も少なくないのでは?このチャートは分量も一目瞭然です。

もうひとつおまけ。私が粘土専用にしているまな板です。

b0208652_949294.jpg


以前はキッチンでまな板として使っていましたが、何度も誤って食器洗い機に入れてしまい、つなぎ目に隙き間ができてしまったので新しいものに変えたんです。10年くらい前のことです。

しかし捨てることができなかったのは...

b0208652_9592892.jpg


「MSE」、これ、何だと思います?「Martha Stewart Everyday」の略なんです。2000年にKマートで販売の始まった、マーサスチュワートのキッチンコレクションのまな板だったんです。在米歴の長い方には懐かしいマークではないでしょうか?

ディナープレート、サラダボウル、グラス、マグ...とにかく毎週末、狂ったように食器を買い集めました。もともと食器類は2人暮らしにはあり得ないほど持っていたので、引っ越しの時にマーサのものも人にあげたり寄付したりしてしまいましたが、今もごく一部は現役です。

このまな板も捨てようか迷っていましたが、数年前からポリマークレイをするようになって第2の用途を与えることができました。クラフトルームのよく見えるところにぶら下げています。

私、クラフトネタはいつか尽きてもマーサネタだけは尽きない自信があります(笑)!またいろいろとお見せしたいと思います。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログに10ポイント加算される仕組です。どうぞ応援してくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-20 10:25 | ペーパークラフト

マーサスチュワートの新商品、クラフターズクレイ(Crafter's Clay)を使ってみました

ポピーの植え込みのあるモールも知っているし、海岸の美しい街ラホヤ(La Jolla)にもヘアサロンの予約があったので、久しぶりに本気で撮影しよう!と一眼レフカメラをスタンバイさせて週末を迎えたのですが...

サンディエゴはあいにくの雨。かなりの勢いの降り方で、風も強く、家にいてもゴーゴーと音が怖いくらい。今、日曜日の夕方ですが、やっと降り止んで雲の切れ間から少し光がもれています。

天候はそんなでしたが、私の机の上は春色です。

b0208652_751341.jpg


昨日のサロンの帰り、ついに見つけたんです!マーサ・スチュワートの新商品、クラフターズクレイ・スターターキット(Crafter's Clay Starter Kit)。

b0208652_72193.jpg


内容は、ホワイト、ブラウン、イエロー、レッド、ブルーのクレイ(粘土)、シリコン製のモールド(型)4つ、押しつけたり筋をつけたりするのに使うプラスチック製のディテーリングツール2本、お花作りのためのフローラルワイヤーとフローラルテープ。

b0208652_7283018.jpg


この他、写真付きのお花の作り方(このキットにはあじさいの作り方)が入っていて、裏面はどの色とどの色をどれくらいの割合で混ぜるとどんな色が出来るかがひと目で分かるカラーミックスチャートが載っていました。

ひとつひとつ見てみましょう。

赤と黄色と白を混ぜて作ったバラ。直径5cmです。

b0208652_7325323.jpg


デイジーは定番カラーの白x黄色にせず、ピンクとココア色を練って作ってガーベラっぽくしました。これも直径5cm弱。

b0208652_7381313.jpg


桜は思いっきり白の分量を多くして淡いピーチピンク仕上げ。和菓子みたいで美味しそうでしょ。これは直径2.5cmほど。複数使いによさそうな小さめサイズです。

b0208652_7403440.jpg


鳥は3色。ブルーバード。

b0208652_7414372.jpg


くちばしからしっぽの先までの一番長いところで5cm弱。

あとで着色したりグリッターをかけたりするつもりで色の粘土をいっさい混ぜずに使用。でも真っ白のままの鳥もいいかも?

b0208652_745040.jpg


足だけ茶色の粘土の黄色い鳥。

b0208652_7455366.jpg


これは型から上手に出すのが少々難しく、何度か足が千切れて失敗しました。乾いてからペイントすればいいだけの話でした(笑)。

昨日の夜作ったのでまだ完全には乾いていません(通常24時間かかるとのこと)。できあがりをどう使うかはすでに決めています。お楽しみに!

新商品を使ってみての感想は...とにかく軽い!小さい!そして少ない(苦笑)!

まず軽さ。予想以上の軽さです。マシュマロみたいで、粘土の概念を覆されます。私がポリマークレイ(樹脂粘土)と昭和のころに母とハマった紙粘土しか知らなかっただけで、粘土クラフターさん達の間では常識なのでしょうか?

乾いたものもカチカチの粘土という感じではなく、フニュっとした発泡スチロールっぽい手触りです。初めはスクラップブッキングやカードに粘土?と半信半疑でしたが、作ってみてこれならと納得しました。

小さい、というのは型のことです。私が見たお店には全種類はなかったのですが、買おうと思っていたカップケーキやいちごのデザインのものは実物を見て保留にしました。マーサのパンチで抜いたモチーフかひとまわり大きいくらいのサイズなんです。

普通の粘土ような使い方を想定していたので小さいと感じたのかもしれません。粘土細工ではなく、アルバムやカードのエンベリッシュメントに、それこそ立体ステッカーくらいの感覚で使うための粘土なんだと思えば逆にちょうどいいサイズなのかな?

しかし、少ない!というのはけっして私の主観だけではないと思います。別売りの白い粘土のパッケージを手に取って、その小ささ(薄さ)にびっくり&がっかり(笑)!え〜っ?これだけ?

キットに入っていたのと同じサイズだと思いますが、2.4オンス(68g)の白粘土ぜーんぶ使い果たして出来上がったのはこれだけです。

b0208652_8152312.jpg


別売り粘土$7.99は高く感じますが、やっぱり特殊な粘土なのでしかたないのでしょうか?

ただ、色付き粘土の方はほんのちょっぴりできれいな色が作れるので、かなり長く持つと思います。余りは湿ったペーパータオルと一緒に保管するといいとありましたが、私はラップにぴっちり包んでジッパー付きの袋に入れました。たぶんこれでしばらくは大丈夫。

b0208652_8224952.jpg


作ったものがちゃんと乾き、予定のものをエンベリッシュしたらまた話題にしたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援してくださいね。下のバナーをクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログに10ポイント加算される仕組です。どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-19 08:26 | ペーパークラフト

今年の春のマーサ・スチュワート/次はクレイ(粘土)クラフトです!

先日カラフルなポピーが咲いているのを見かけて以来、頭の中はポピー、ポピー、ポピー(笑)!去年の今ごろのマーサ・スチュワート「リビング」にポピーをモチーフにしたクラフトが特集されていたはず、とマガジンファイルを見てみると...

ありました、2011年5月号!

b0208652_17572040.jpg


ちょっと心躍りそうな表紙でしょう?ブロックプリント(はんこ)のポピー、シルクのポピー、本物のポピーが混ざっています。さすがにはんこは分かるけど、その他は一瞬「ん?」ですよね。

スポンジのシートで作った大きなはんこをテーブルクロスやクッションカバーに押すブロックプリントポピー、細長く切ったシルクをお花の形にまとめてボタンで留めるシルクポピー、ポピーの形のレモンクッキー、ポピーの形のバタークリームで飾ったカップケーキなどなど、雑誌の特集に載っているものは作り方もレシピもすべてPoppy Creationsからご覧になれます。

フォーム(スポンジ)スタンプはこちらでは定番クラフトのひとつで、私の持っている何冊かのプリンティング本にも載っています。昨日はタイムリーにも日本にお住まいのCardNationさんがフォームスタンプ作りをブログで紹介されていました。パンチを使うアイデアに脱帽!

さて、ポピー。私のように、「ポピー、ポピー、ポピー!」となって、くれぐれもポピーの表紙をめがけて書店に走らないように(笑)。「リビング」の今月号の表紙はこれです。

b0208652_1516448.jpg


去年のブルーxホワイトの表紙も定番パステルカラーを外していて斬新だったけれど、今年の表紙はなんとネオンカラー!色づけしたたまごをネオンカラーの糸とネオンカラーのグリッターでデコレーションしているようです。伝統にとらわれないホリデーの飾り方が素敵です。

ちなみに「カントリー・リビング」は...

b0208652_15575076.jpg


潔くイースター無視(笑)?でもまあこれもこれで春らしいかな?

ペイントヤーン(毛糸)と続き、この春はいったい何が新しく出てくるのだろう?と楽しみにしているみなさん(自分のブログの読者の方はみんなマーサファンだと思っている・笑)へ。

ズバリ、次はクレイ(粘土)クラフトです!





EKサクセス(EK Success)のオンラインストアに出たのでいよいよ解禁か!と昨日今日とマイケルズをはしごしたのですが、残念ながら私の行動範囲内ではまだ見られませんでした。

クレイ自体は新しいことではありませんし、マーサのサイトにもクラフト本にも載っています。今回のリリースはあくまでもペーパークラフトの延長ということで、超軽量かつ多少の圧力がかかっても壊れないというのがポイント。スクラップブッキングやカードのエンベリッシュメントとして貼り付けたり、ラッピングの応用にも最適、と強調しています。

私の使うポリマークレイと違い、焼かずに自然乾燥で固まるタイプです。乾いた後はペイントもグリッターもつけられます。

粘土、モールド(型)、ツールなどがセットになったスターターキット2種、別売りのモールド4種、その他お花を作る材料や粘土の単品が出るようです。私はもう決めています(笑)!

今月と来月は「お花」と「カラフル」をキーワードにクラフトルームで遊ぶつもりで、パンチやグリッターも並べてスタンバイしています。春よ、来い!マーサのクレイよ、来い(笑)!

この1週間で順位が総合で200位以上落ちてしまいました。ティムホルツとかおりがみとか、慣れないことに挑んでしまったからかしら(苦笑)?今日も参考になりましたら、または読んで楽しんでいただけましたら、どうぞ下のバナーのクリックをお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-17 16:41 | ペーパークラフト

マステとスタンプで夕張メロンカラーのジャーナル作り

今日はスマッシュアルバムから。夕張メロンカラーの夕張メロン特集(笑)です。

b0208652_126119.jpg


以前にもチラリと書いたことがあるのですが、夫は大の北海道メロンファン。アメリカではスイカと並んでかなりの庶民派といいますか、むしろ貧乏ネタにされる傾向にあるくらいのフルーツなので、初めて食べてその値段を知った時の夫の仰天っぷりといったらかなりのものでした。

まだ横浜に住んでいた頃は実家の両親が宅急便で送ってくれたものですが、海外に住むようになってからは生ものは無理なので代わりに夕張メロン味のお菓子が届くようになりました。

いつもは私が頼んだ本や家族の旅行土産がメインの小包みの「隙き間埋め」に同封されてくるメロン味のお菓子。しかし今回は、妹の企画による夕張メロン集中攻撃(笑)だったのでした。

結婚が決まった頃、メロン好きの将来の義兄に「メロンロンちゃん」(名前がRonなので)というあだ名をつけた当時高校生だった妹。それ以来見つけてはちょこちょこと送ってくれていましたが、今回は大人買いです。「楽天で手に入る夕張メロンと名のつく美味しそうなお菓子はすべて買った」そうです(笑)!

届くと夫は大喜びで、テーブルの上にすべてを並べて、「撮って撮って!」。撮影にはライティングが大切だと思っている私は撮る場所、時間帯、光の入る角度など、すべてを自分がコントロールしたい方で、セッティングされた状態で「撮って」と言われるのは苦手なんですが...

コンデジでテキトーに(笑)撮った写真を小さくプリントして、お菓子のパッケージの切り抜きとともにスマッシュアルバムのページに並べてみたのがこれです。

b0208652_10564170.jpg


今回はかなり遊びました。まず、マスキングテープの使い方。長ーく貼り付けて、ページをコマ割りするように使ってみたのです。どうかしら?少々クドい?

使ったのはこれ。

b0208652_12225030.jpg


mtの5色セットから、ハッカとアプリコット。メロンっぽい組み合わせだと思いませんか?

スタンプは、CavalliniのPar Avionというセットから。

b0208652_13162370.jpg


バレンタインカードで取り入れて以来切手や消印が魅力的に見えてしかたなく、これも勢いで購入。ちょい無理やりですが、国際郵便ということで(笑)。

b0208652_13165438.jpg


お持ちの方はよくご存知だと思いますが、カヴァリーニのスタンプにはラバースタンプ部分とウッドマウントの間にスポンジの層が入っていないので、きれいに押すのはなかなか難しいんです。しかも今回はすでにジャーナル自体が平らでないので、無惨な状態に。

b0208652_12304386.jpg


でもまあ、これも味でしょ、手仕事の味(笑)!

流行に敏感な方には最初に目に入ったでしょうか。Vが並んだシェブロン柄のバックグラウンド。

b0208652_1239393.jpg


タイトルのラベルはダイモ・キャプションメーカーで作っています。

インテリアブログなどでは2年ほど前からよく見ていたシェブロン柄ですが、この半年くらいでペーパークラフト関連のアイテムでも目立つようになりました。

私はダイソーのトレーシングちよがみで作ったマスキングテープもどきを使って、このパターンペーパーもなんと自作!細く切って、貼って、さらに切って、貼って...

b0208652_1245913.jpg


...我ながら、なんかすごくヒマそうな人みたい(苦笑)。

はがきサイズのシェブロン柄のスタンプを探しているのですが、好みのものが見つからないので自分で彫ろうかな、と。はんこ彫りは得意でないけれど、これくらいなら彫れるでしょ、と思いつつ、すでに1年以上経過(汗)。

ジャーナルにはスマッシュパッドを使っています。ここのところタイトルをちょん切ってばかりいましたが、ひさびさに本来の使い方ができました(笑)。

b0208652_1258161.jpg


ジャーナルよりもメロンのお菓子が気になる、という方のために(私のブログの読者の方にはあんまりいないかな・笑?)、今日は写真にもフォーカスしてみましょう。

b0208652_1351238.jpg

b0208652_1353274.jpg

b0208652_1355729.jpg

b0208652_1362132.jpg

b0208652_1329998.jpg

b0208652_1365142.jpg


届いた数日後のある日、暖炉の上がこんなことになっていました。

b0208652_1383164.jpg


「キャンディー・ボート」と名付けて愛でていました(笑)。特大サイズのポッキーが横に入る長さから、かごの大きさが想像いただけるでしょうか?これに入り切らなかったほどのお菓子も、ほとんど私と夫のお腹に入ってしまいました。

来週からは、気持ちを引き締めてダイエット再開です!

ブログランキングに参加しています。今日も参考になりましたら、または読んで楽しんでいただけましたら、どうぞ下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-16 13:22 | アルバム


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(43)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

人気ジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧