タグ:クレイ(粘土) ( 11 ) タグの人気記事

マーサのクレイで結婚記念日カード作り

もうすぐ結婚7周年を迎える友人にアニバーサリーカードを作りました。

結婚記念日のカードというと曲線の美しいカリグラフィーやバラやハートのデザインを思い浮かべますが、今回はちょっと別の路線です。

b0208652_7451028.jpg


エアドライクレイ(自然乾燥で仕上げる軽量粘土)の文字が主役です。

b0208652_6443453.jpg


マーサ・スチュワートのシリコン型を使いました。
b0208652_6441780.jpg

粘土と言っても発泡スチロールのように軽いので、いつも紙同士を接着するのに使っているクラフトグルーで充分くっつきます。

b0208652_5193781.jpg


反射させて撮ると...

b0208652_6451084.jpg


カードのすそに複数のエンボスラインが入っているのが分かります。マーサ・スチュワートのスコアリングボードとスタイラスを使って1/4インチ間隔でラインを引きました。

結婚記念日にはちょっと辛口過ぎるデザインだったかしら(笑)?

更新を2日休んだらポイントが半分になりました。応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-06-20 08:09 | カード

マーサのクレイでフォトコーナー/粘土の比較クツワ編

粘土の比較(クレヨーラ編デビカ編)の続きです。

今日はクツワ社の「フワフワムースのかみねんど」の感想です。

b0208652_627943.jpg


これは適度な弾力があり、なめらかで、作業中手にくっつくこともなく、とても扱いやすい粘土でした。小さい(高さ1.5cm)上にひっかかりポイントが多くて初心者にはなかなか難しいマーサ・スチュワートのアルファベットモールドとも相性ばっちりでした。

b0208652_6594828.jpg


使用感もマーサの粘土にとてもよく似ていて、率直に言ってしまうとむしろこちらの方が型から取り出しやすかったくらいです。

80g入りで友人によると310円。1gあたり3.9円の計算です。マーサの粘土(1gあたり9.5円、1ドル80円で単純計算)と同じくらいのクオリティでお値段は半分以下。とても優秀な商品だと思います。

他の3社の粘土と比べ、特徴的だったのは仕上がりの色。マーサ・スチュワート、クレヨーラ、デビカの粘土は乾いた後の色が同じで混ぜてしまうとどれが何か分からなくなりましたが、このクツワの粘土だけは色味が違ったのです。

b0208652_6273679.jpg


白衣のように真っ白なものとややアイボリーがかったものが混ざっているのが分かるでしょうか?後者の温かみのある白に仕上がっているのがクツワのものです。

私は乾いたら色を塗るつもりでいましたので気になりませんでしたが、白のまま使うのなら仕上がりの印象が多少違ってくると思います。

そのまま仕上げをするならアイボリーがかった方が使いやすいような気がするし、個人的に好きです。カードストックなど他のマテリアルと合わせる時に真っ白よりもなじみがいいのではないかと思います。

****************

粘土の比較はこれにて終了です。それぞれに長所・短所があるので、一覧表にまとめたりランクを付けたりはあえてしません。

私個人としては、マーサ・スチュワートの粘土はそれなりの品質なので、日本のメーカーのものが気軽に買えない環境であればこの値段でもしかたないかな、と結論できたのが収穫です。

実はマーサ・スチュワートの粘土も中身はメイド・イン・ジャパンです。エアドライクレイはアメリカよりも日本の方が進んでいる分野のようですので、わざわざこちらのもので揃える必要性はあまりないかもしれません。

しかしシリコン型は別です!マーサ・スチュワートの代わりになるようなものはなかなか見つからないと思います(最後はやっぱりマーサ贔屓・笑)!

私は詳しくないのですが、これまで4人の読者さんからシュガークラフトでも上手く行ったという報告を受けています。カップケーキの飾りにカップケーキ型のお砂糖菓子とか、アルファベットでお名前を入れたバースデーケーキとか...夢が膨らみますね!

****************

アルファベットはランダムではなく、ちゃんとフレーズや文章になるように計画して作りました。これからいろいろと応用しようと思っています。

アルファベット型のパッケージ写真。

b0208652_7315243.jpg


ベイカーズトゥワインでつないだミニミニガーランドがかわい過ぎる!

キットからは、二層のハート以外にも...

b0208652_7283478.jpg


コーナーを飾るフレームを2種使用。
b0208652_727893.jpg

b0208652_7272358.jpg


カラー粘土をちょっぴり混ぜてベージュを作り、素焼き風にしました。

b0208652_7312090.jpg


フォトコーナーのように使おうと思っています。忘れた頃に形となって再登場するかと思いますので、どうか気長に見守ってください(笑)。

****************

昨日は訪問者892人中、72人の方がひとつめの、38人の方がふたつめのバナーもクリックしてくださいました。記事を最後まで読み気に入ってくださった方がそれだけいると思うととてもうれしく、続けて更新しようという気持ちになります。ありがとうございました。

今日もどうぞよろしくおねがいします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
すでにいただいているコメントやメールのお返事が遅れていますので、今日もコメント欄を閉じようと思います。次回またお願いします。
by marikobrown | 2012-06-01 08:15 | ペーパークラフト

マーサのシリコン型でウェディング・アニバーサリー向けのハートのモチーフ/粘土の比較 デビカ編

前回の続きです。

日本の友人が送ってくれた粘土は2種類。結論から言いますと、いずれもマーサ・スチュワートのアルファベット型で形成することができました。しかし特徴や扱いやすさはずいぶんと違います。

今日はデビカ社の「クリーミーふわふわかるーん」の感想です。

b0208652_11122287.jpg


これはとにかくやわらかい粘土です。型に詰めた時にシワが寄りにくく、作業するのも仕上がりの見た目もとてもなめらかです。

しかし今回比較に使ったのはこの型。
b0208652_11161627.jpg

セリフ(それぞれのストロークの先にちょこんとついた足)のあるフォントなので取り出す時に角に引っかかるし、おまけにこれ、文字の高さがたったの1.5cmと本当に小さな型なんです。

デイジーなど他の型の場合はよかったのですが、アルファベットは取り出したあと歪みを直すためにひとつひとつ丁寧に整える必要がありました。あまりにやわらかく、あまりにも小さいので、なんとか取り出せても形を整える段階でつぶしてしまって二度手間になることも。

そして、使用した4つの粘土のうちどれよりも湿り気があるのに、乾くのが一番早いのもこれでした。お急ぎの場合や手慣れていらっしゃる方にはいいかもしれません。しかし、私のような初心者には少々プレッシャーでした。

というのも、たとえば先の尖った道具でつついたり指の腹で表面をならしたりしながら、こんなふうにごく少量の粘土を敷き詰めようとしていると...

b0208652_11381378.jpg


部分的に乾いてきて一度千切れたところの接着が悪くなってしまうのです。

さらに乾くとふさふさの繊維のようなものが出てきて、作業中何度も型を逆さまにして振り払ったりフーッと吹いたりして取り除かなければなりませんでした。

しかも手にくっつくので、それが乾き始めると大変。ゴミ箱の上で手をこすりあわせてぼろぼろと落とそうとするとふさふさの繊維が宙を舞うので、何度か中断して手を洗いに行きました。他の粘土では必要のなかったことです。

この粘土は本当になめらかで伸びがよいので、クリームのように絞り出してスイーツデコなどに使うのに最適なのではないかなと思います。

マーサ・スチュワートのアルファベット型にそのまま使うには少々根気が要りましたが、マーサのカラー粘土と混ぜ合わせたら適度のドライ感が出て扱いやすくなり、スムーズに型から出せるようになりました。

b0208652_635507.jpg


70g入りで、定価は分かりませんが、友人は97円で買ったとのこと。1gあたり1.4円となり、これは比較した4社の粘土の中で一番お手頃価格です。

初心者のため作業がもたつき、しかもただでさえ難しい型にこだわった私にとっては難易度の高い粘土でしたが、使い方次第では賢いチョイスなのではないかな、と思います。

ちなみにハート型には淡いミントグリーンに着色した粘土を合わせました。

b0208652_14303592.jpg


狙いどおりの出来映えに、型から出した瞬間、ナポレオン・ダイナマイト(邦題は「バス男」だそう)風に「Yes!」と言ってしまいました(笑)。

これは今年のバレンタインに買ったエンチャンテッド・ウッドランドというシリーズのスタンプセットに含まれていたハートと同じデザインの簡略版です。

赤やピンクにするとバレンタインっぽくなるだろうけれど、今回はウェディングやアニバーサリーカード向けにこんな配色にしてみました。ちょっぴりウェッジウッドのジャスパーみたい?

次回に続きます。

昨日は訪問者862人中、70人の方がひとつめの、28人の方がふたつめのバナーもクリックしてくださいました。ありがとうございました。今日もどうぞよろしくおねがいします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
すでにいただいているコメントやメールのお返事が遅れていますので、今日はコメント欄を閉じようと思います。次回またお願いします。
by marikobrown | 2012-05-31 12:47 | ペーパークラフト

マーサ・スチュワートのクレイ用アルファベット型と2つめのスターターキット/粘土の比較クレヨーラ編

今日はクレイ(粘土)の話題です!

b0208652_1175019.jpg


マーサ・スチュワートのクラフターズ・クレイ(Crafter's Clay)に初めて触れたのが2ヶ月前のこと。その後、ペイントして木製のアルファベットに貼り付けてマントルピースの飾りにしたり、先日はワークショップでミニボックスを作ったりもしました。

最初にキットを買った時に何に一番驚いたかって、含まれていた粘土の量の少なさ!別売りの粘土は同じ量(68g)で$7.99。見た目本当に少なくて、とにかく高い!という印象なんです。

私はオーブンで焼いて仕上げるタイプのポリマークレイ(樹脂粘土)や自然乾燥するとカチカチに固まるいわゆる紙粘土には馴染みがあったものの、この手の粘土に触れるのは初めてのこと。品質も値段も他と比較する術がなく困っていました。

すると何人かの読者さんが類似品などの情報を寄せてくださいました。日本で大流行のスイーツデコでホイップクリームとして使う粘土に描写がよく似ている、アメリカではクレヨーラ社から同じようなものが出ている、などなど。

私のブログに大変協力的で好奇心も旺盛な日本に住む友人がすぐに見つけて送ってくれ、探しても探しても見つからなかったクレヨーラ社のものも突然近所のショップに大きなコーナーが特設され、欲しかったシリコン型も新たに入手したのでいざ比較!

b0208652_11505979.jpg

b0208652_11511938.jpg

b0208652_11513542.jpg

b0208652_11515069.jpg


...したのはもう何週間も前の話なのですが(苦笑)、やっと重い腰を上げてまとめましたので記事にしたいと思います。が、その前にご了承いただきたい点がいくつか。

1) あくまでもこのタイプの粘土に馴染みのない私個人の感想であるということ。上手く扱うコツや裏技などもあるのかもしれませんが、「よく練ってから使う」、「硬い時は水を加えて練る」という共通の注意事項のみに従って使用した場合の比較です

2) マーサ・スチュワートのシリコン型を使用した際の結果であるということ。他の型では試しておりません。また、フリーハンドでの形成に関しても比較していません。

3) あくまでもマーサの粘土を基準とした比較であること。マーサの粘土と使用感や仕上がりが似ていれば似ているほど良し、それで単価がより低ければなお良し、としています。

「粘土の善し悪し」というより、「マーサの粘土に近いかどうか」。要するに独断と偏見に満ちた実験です(笑)。

使ったのはこのシリコン型。

b0208652_9522652.jpg


アルファベットのセットで、マーサのクラフト商品ではおなじみのオーナメンタル・ボドニというフォントです。私はスタンプを持っていて、偶然にもクレイに型押しをするような使い方で紹介しています。

反らせると簡単に出てくるデイジーやバラの型と違い、小さい上に角の部分が離れにくく、引っ張ると伸びたり歪んだりします。たとえば「H」はまん中の小さな横棒だけでつながっているので千切れやすいし、「S」の曲線はどんなに気をつけても伸びて出てきます。

私のような不慣れな素人には少々難しい型の方が粘土の扱いやすさや特徴が分かりやすいかなと思い、これで比較することにしました。

もうひとつはこれ。

b0208652_11112415.jpg


このキットに含まれているものです。

b0208652_11125925.jpg


ズームしますと...

b0208652_11192840.jpg


粘土が二段階に詰められ、ツートーン仕上げになっています。こういった細かい作業がやりやすいかどうかも比較してみようと思います。

すでに長くなりましたので、何度かに分けて結果報告をしたいと思います。

今日はアメリカ代表(笑)クレヨーラ社(Crayola)のモデルマジック(Model Magic)。
b0208652_101602.jpg

113g入りで$3.99。1ドル80円として換算すると、1gあたり2.9円。マーサ・スチュワートのクレイは同じように計算すると1gあたり9.5円になりますので、比べ物にならないほどお得です。

触った感じはほかのどの粘土よりもドライで、弾力があり、硬めの印象。よく練っても左右に引くとスムーズに伸びずにブチッと切れます。

ドライでホールド力があるといいますか、丸めた時のまとまりみたいなものがとてもよいので、型から外す時もぽこっとスムーズに出てくることを想像していました。しかし違いました。

ドライなようでいて表面はペタペタしているので、型に入れるとぴったりくっついて離れない!型離れのいいデイジーでも試してみましたが、型に粘土が残る始末でした。なのでマーサのシリコン型を使う場合は代用不可能と判断しました。

水を加えてよく練ったら他の粘土のようにスーッと伸びるようにはなりましたが、型に入れて使うには逆効果。粘土のかたまりを押しつけて吸引しないと出ないという有様に終わりました。

シリコン型では上手く行きませんでしたが、ある程度の硬さがあって形成しやすいのでちいさなお子さんが動物のフィギュアを作ったりするのには最適なんじゃないかな、と思います。

次回をお楽しみに。

ランキングにポイントがあまり入らず、ブログの継続に対して士気が落ちています。エールの代わりにバナーを押してくださるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-05-30 11:56 | ハンドメイド

マーサのクレイでデイジーのミニボックス作り

先週クラフトショップマイケルズで、マーサ・スチュワートのクラフターズ・クレイのデモンストレーションがありました。と言っても店員さんが店頭でクレイの使い方を見せてくれるだけの簡単なもので、チラシの予告ではこのカードを作ることになっていました。

私の行った店舗の担当者さんはいかにもマーサのクレイを扱うのは初めてといった感じで、開始の時間になっても「これ、乾くのにどれくらいかかるのかしら?」などと言いながら渡されたマニュアルとパッケージの裏の説明を読んでいました(なんてのんびりなの!)。

そしてこのパッケージを見て、「お花のカードよりこのボックスの方がかわいいわね。私、この鳥さんがすごく気に入ったわ。一緒にボックスを作りましょ!」(なんて自由なの!)。
b0208652_10493762.jpg


ラッピング用品売り場からチップボードの小さな箱を数種類、木工用品売り場からペイントを数色、その他接着剤や刷毛を集めてきて、参加型のワークショップとなりました。

限られた材料と時間で、私のボックスはこんなふうになりました。
b0208652_1016348.jpg

直径3インチ(7.6cm)のふた付きの丸い箱にブルーのペイントを塗り、てっぺんにデイジーを乗せ、ふたの側面にちいさな葉っぱをぐるりと貼り付けました。
b0208652_1021521.jpg


まあ別にすごく気に入ったわけでもなく、何か新しいテクニックを学んだわけでもなく(苦笑)。でも普段マイケルズの店員さんたちと長話をする機会なんてあまりないので、お互いのクラフトの経歴や今ハマっていることなどを話しながら楽しい時間を過ごしました。

ある年配の店員さんは数学を専攻して高校で教え、さらに司書の資格もお持ちで図書館勤務の経験も経て、今は9歳の頃からずっとやっているかぎ編みの講師をしながらマイケルズで働いていらっしゃるそうです。

今回のデモの担当だった私と同世代くらいの方は、5歳の時に父親が再婚した相手(継母)が嫌でたまらず、自室に閉じこもってシリアルやオートミールの空き箱でお城を作ることによって不満や怒りを発散させたのがクラフト道のはじまりだったそうです。

母親の影響でスクラップブッキングを始めたという若い店員さんは、なんと閉店した地元の個人ショップから売り場の棚ごと(!)買い取って、自宅がスクラップブッキングの専門店のようなことになっているんだそうです!

みなさんがクラフトの道を進むようになったきっかけは?


******************


さて、マーサのクレイ。EKサクセスのサイトにビデオが4つ追加されています。いずれも宮井友紀子さんというホノルルでスタジオとショップをされている日本人の方がデモンストレーションをしていらっしゃいます。





1:40あたりから始まるバラの花びらを作る手つきが、もう神業!

マーサのテレビ番組のゲスト出演も何度かされているのですが、そのたびにマーサのペットをモチーフにした作品をお土産にされているんです。才能と優れた技術をお持ちで、かわいらしくて、しかも粋な気遣いもできるなんて!日本が誇る、素晴らしいアーティストさんです。

私も新しいシリコン型を買って次のプロジェクトに備えています。はい、ゴッドハンドなど持っていない私は完全にシリコン型頼みです(笑)。

お返事が遅れていますが、コメント、楽しく&うれしく拝見しています。トマトレシピの提案、どうもありがとうございました。参考にして美味しく消費しようと思っています!

ブログ村がメンテナンス中のようです。ポイントはちゃんと反映されるのかな?できれば一応クリックしてくださるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-05-22 12:42 | ペーパークラフト

マーサスチュワートのクラフターズクレイでSPRING到来!

パティオのチューリップとバラが咲いたら両脇に飾って撮り、ブログのヘッダーの写真は4月になってから変更する予定でいましたが、待てずに昨日のうちに変えてしまいました〜(笑)!

ヘッダーの写真はページデザインの白とグレーに合わせてかなり色補正をしています。実際のマントルピースの上は、いまのところこんな感じです。

b0208652_15133034.jpg


2文字ずつ見てみましょう。

b0208652_15134216.jpg


マーサ・スチュワートの新商品、クラフターズクレイ・スターターキット(Crafter's Clay Starter Kit)で作ったさくらの花、枝、葉、そして鳥さんを、ポップドッツ(スポンジで厚みのついた両面シール)でアルファベットに貼り付けています。

b0208652_15135467.jpg


アルファベットは白くペイントされた木製のもので、クラフトショップでバラ売りされています。クリスマス独立記念日など、季節のデコレーションにたびたび使用しています。

b0208652_1514340.jpg


ブルーとグリーンの鳥さんは、やっぱり妥協せずペイントしておいてよかった!

私なりのこだわりは、左端から右端までスムーズに目で追えるように枝や葉っぱを配置したところです。「S」の左端から始まってカーブに沿って一旦下に降り、「P」の左上に向かってまた上がるようなイメージです。「P」と「R」の枝には距離がありますが、枝先の向きと葉っぱの配置でなんとなく線がつながっているような気がします。

「I」のてっぺんには枝を置きませんでしたが、ここもまるでRとNの間が枝でつながっているような錯覚を起こしませんか?「N」の左上、右下、そして「G」の左下から右上へと、ここもまた同様に枝が起伏するのを目で自然に追うことが出来ます。

アートやデザインのクラスではprinciples of art(芸術の原理)というのを学びます。そのひとつにmovement(動き)があり、これは美術作品を見る人の目の動きへの考慮が含まれます。去年受講したフォトグラフィーのクラスでも、構図の話になるとこのコンセプトはよく出てきました。

こんな解説がなければハッキリとアップ&ダウン&アップ&ダウン...の様子にまでは気づかなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、「なんとなく抑揚があって楽しげな感じ」、「動きが軽やかで春らしいイメージ」くらいは伝わったと思うのです。どうでしょう?

カードやアルバムのページを作る際も、「なんだか落ち着かないレイアウトだな」と思ったら少し離れた距離から第三者のつもりで流れをチェックしています。

目の動きがブツンと途切れてしまうところや角度がずれていてスムーズにつながらないところをほんの一カ所直すだけで、すんなりとまとまることもあるんですよ。

粘土の次は、イラストに挑戦中!絵を描くのは相当ヘタだと何度も言っているんですけれどね、今回はスケッチブック、見せちゃいます(笑)。

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーをそれぞれクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログにポイントが入る仕組です。登録等は一切ありません。順位が上がると更新意欲がアップするので、1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-25 16:45 | ハンドメイド

マーサのクレイとマーサのペイントでマーサカラーのマーサクラフト!

先日作ったブルーの鳥さんはとても気に入ったのだけれど、淡いピンク色のさくらや黄色の鳥さんと並べると少々目立ちすぎてしまう印象だったので、白い鳥さんをペイントしました。

b0208652_19141281.jpg


簡単に思いどおりの色に仕上がりました!

b0208652_19142784.jpg


使ったのはマーサ・スチュワートのクラフトペイントシリーズの2色。

b0208652_19151622.jpg


左はピーシュート(Pea Shoot)、右はサーフ(Surf)。どちらもまさにマーサカラー。今回のためにわざわざ買いに行ったのではなく、全品30%オフの時にごっそりストックしておいた(笑)ペイントのうちの2本です。ぴったりの色でラッキーでした。茶色の足の部分はウィンザー&ニュートンのアクリルペイントを使っています。

数滴のお水を足して少し柔らかくしてから使いましたが、ほとんど原色のまま使用しています。赤、青、黄、白さえあれば何でも作れるのは分かっているけれど、こんな絶妙な色に辿り着こうと思ったら...経験上、鳥さんが100羽塗れるくらい大量に出来てしまうはず(苦笑)。

マーサラブラブなしつこいタイトルですが、タイトルどおりの内容だったでしょ?

鳥さんがなんで立ってるか気になる人!裏に待ち針を刺して作業したのでした(笑)!

b0208652_19174163.jpg


焼くとカチカチに固まるポリマークレイと違って、発泡スチロールのような質感のまま乾くこのエアドライクレイはこんなことができるのも扱いやすいポイントかも。色を塗るのも乾かすのも楽でした(直接触れないから手が汚れないはずなのに汚れてるけど・苦笑)。

仕上がった時にはすでに薄暗かったので完成図の写真は撮りませんでしたが、帰宅した夫も、「かわいい!どうやってこんなの作ろうって思い付いたの?」と絶賛中のかわいさです!

今日はマーサのサイト内のクラフトブログでもクレイ作品がフィーチャーされていました。タグのアイデアも素晴らしいけれど、かわいさに関しては今回ばかりは私の勝ちです(笑)。完成品をお楽しみに。

おまけ。筆を洗ったバケツ代わりのガラス瓶(空き瓶にワイヤーのハンドルをつけてリメイク)の水が、光に透けてとてもいい色でした。捨てるのもったいないくらいきれいな色。

b0208652_19153171.jpg


背景にヒントがチラリ(笑)。

追記:完成したものを撮り、ブログのヘッダーにしました!

あっという間に週末です。先週は去年買ったばかりのカウンタートップのトースター兼オーブンが、今週はメインのオーブンが故障し、どちらも交換待ち。オーブンに頼っていたという意識はまったくなかったけれど、かなりの不便を感じている自分を発見しています。

パンが焼けない、それじゃあ朝食にスコーンでも焼こうかな、あ、オーブンが使えないんだった、それじゃあ湿気り気味のグラノーラを焼き直そうかな、そうだった、オーブンがないんだった!みたいな。今朝はコーヒー入れながら、冷凍のベーグルを手に途方に暮れました(笑)。

オーブンもトースターもない週末の朝はちょっとさみしすぎるので、土曜日はどこかで美味しい朝食を食べたいなと思っています。みなさんもどうぞ楽しい休日を。

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーをそれぞれクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログにポイントが入る仕組です。登録等は一切ありません。順位が上がると更新意欲がアップするので、1日1回クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-23 21:14 | ハンドメイド

マーサのパンチの無料デモンストレーションのお知らせ/クレイクラフトの続き

新商品のクラフターズクレイ・スターターキットを紹介した昨日の記事にはいつもよりランキングのポイント数が多く入り、あらためてマーサ・スチュワート人気を確認。そして私のブログの読者さんたちは皆マーサファンであることを確信(笑)!

そこでタイムリーなうれしいお知らせ。ブログ「Hello Sandwich」のEbonyが、青山でマーサのパンチのデモンストレーションをすることになったそうです!

詳細はこちら。英語なので大事なところは訳しておきますね。

日時:3月31日
場所:アントレスクエア

13:00 オリジナルラッピングバッグとコサージュ作り
14:00 スクラップブッキングとブックマーク(しおり)作り
15:00 オリジナルカードとタグ作り
16:00 パーティーデコレーション(コースター、ランチョンシート、カップデコレーション)

なんと無料だそうです!予約はaoyama@entrex.co.jpまで、とのこと。

Ebonyはシドニー出身のアーティスト/グラフィックデザイナーで、私は3年ほど前にマーサ・スチュワートもクラフトもまったく関係のないところで彼女のブログを知り、それ以来ずっとブックマークして更新を楽しみにしています。

私は彼女の捉えた「Tokyo」が好きで好きで。言葉にするのはとても難しいのだけれど、自分が中高生だった頃のアメリカやヨーロッパへの憧れと少し似ているというか、新潟から東京へ移り住んだばかりの18、19歳の頃の感覚にもなんとなく重なるというか...彼女の文章を読んだり写真を見たりすると、なんとも言えない甘酸っぱい感情を覚えるのです。

日本での仕事が決まった時は私も自分のことのようにうれしく思い、陰ながら応援していましたが、メジャーな雑誌で取り上げられたりラッピングの素材本を出版したりして、あっという間に日本でも有名人になってしまったEbony。31日、青山で会える日本のみなさんが羨ましい!

追記:デモンストレーションの席がどんどん埋まっているようです。予約はお早めに。

ちなみに私はマーサの回し者でも主催のアントレスクエアさんに頼まれたわけでもありません。純粋にマーサファン&エボニーファンなのでお知らせしたまでです。


****************


さて、今日は昨日長くなりすぎたのでカットした部分を。

スターターキットには2種類あり、それぞれシリコン型の他、お花の作り方と材料(フローラルワイヤーとフローラルテープ)が付いてきます。私が買ったのはあじさいの作り方が入っているバージョン。もうひとつのキットにはバラの作り方が入っています。

b0208652_8594792.jpg


これは新しいものではなく、だいぶ前からマーサのサイトに載っていました。写真の下の「Watch the video」というところから、彼女のテレビ番組で紹介された際の動画も見られます。

商品の販売はこれが初ですが、マーサファンにとってクレイクラフト自体はたびたび目にしていたものなんです。私のクラフトバイブル、Martha Stewart's Encyclopedia of Craftsにも...

b0208652_1038404.jpg


...クレイのページが。

b0208652_9194810.jpg


なので、私が今回初めて触れたこのふわふわのマシュマロみたいな粘土も、けっしてマーサ・スチュワート・クラフト独自の開発の新商品というわけではなく、すでに他社から出ている粘土クラフターさんたちにはおなじみのものだと思うんですよね。

「air-dry clay」で検索してみるといろいろと出てきますが、いずれもキッズクラフトといったパッケージとお値段設定。クレヨーラ価格でマーサクラフトが出来れば万歳なんだけれど(笑)。

「マシュマロのような感触で、完全に乾いてもふわふわ、指で押すとつぶれるけれど離すとスポンジのように弾力で元の形に戻る」なんていう粘土、もし知っていらしたら教えてください。情報お待ちしています!

さて、キット。クレイでお花を作るという機会はおそらく私にはないと思うのですが、うれしいのはこの裏面のカラーミックスチャート。

b0208652_9381395.jpg


何色と何色を混ぜると何色が出来る、というのはアートやデザインの本によく載っていますし、カラーホイールなども参考になります。しかし色は足せても一度混ぜたら引くことはできないので、ほんの少ししか必要ないのにとんでもなく大量に同じ色の絵の具が出来上がってしまった、なんていう経験をお持ちの人も少なくないのでは?このチャートは分量も一目瞭然です。

もうひとつおまけ。私が粘土専用にしているまな板です。

b0208652_949294.jpg


以前はキッチンでまな板として使っていましたが、何度も誤って食器洗い機に入れてしまい、つなぎ目に隙き間ができてしまったので新しいものに変えたんです。10年くらい前のことです。

しかし捨てることができなかったのは...

b0208652_9592892.jpg


「MSE」、これ、何だと思います?「Martha Stewart Everyday」の略なんです。2000年にKマートで販売の始まった、マーサスチュワートのキッチンコレクションのまな板だったんです。在米歴の長い方には懐かしいマークではないでしょうか?

ディナープレート、サラダボウル、グラス、マグ...とにかく毎週末、狂ったように食器を買い集めました。もともと食器類は2人暮らしにはあり得ないほど持っていたので、引っ越しの時にマーサのものも人にあげたり寄付したりしてしまいましたが、今もごく一部は現役です。

このまな板も捨てようか迷っていましたが、数年前からポリマークレイをするようになって第2の用途を与えることができました。クラフトルームのよく見えるところにぶら下げています。

私、クラフトネタはいつか尽きてもマーサネタだけは尽きない自信があります(笑)!またいろいろとお見せしたいと思います。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログに10ポイント加算される仕組です。どうぞ応援してくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-20 10:25 | ペーパークラフト

マーサスチュワートの新商品、クラフターズクレイ(Crafter's Clay)を使ってみました

ポピーの植え込みのあるモールも知っているし、海岸の美しい街ラホヤ(La Jolla)にもヘアサロンの予約があったので、久しぶりに本気で撮影しよう!と一眼レフカメラをスタンバイさせて週末を迎えたのですが...

サンディエゴはあいにくの雨。かなりの勢いの降り方で、風も強く、家にいてもゴーゴーと音が怖いくらい。今、日曜日の夕方ですが、やっと降り止んで雲の切れ間から少し光がもれています。

天候はそんなでしたが、私の机の上は春色です。

b0208652_751341.jpg


昨日のサロンの帰り、ついに見つけたんです!マーサ・スチュワートの新商品、クラフターズクレイ・スターターキット(Crafter's Clay Starter Kit)。

b0208652_72193.jpg


内容は、ホワイト、ブラウン、イエロー、レッド、ブルーのクレイ(粘土)、シリコン製のモールド(型)4つ、押しつけたり筋をつけたりするのに使うプラスチック製のディテーリングツール2本、お花作りのためのフローラルワイヤーとフローラルテープ。

b0208652_7283018.jpg


この他、写真付きのお花の作り方(このキットにはあじさいの作り方)が入っていて、裏面はどの色とどの色をどれくらいの割合で混ぜるとどんな色が出来るかがひと目で分かるカラーミックスチャートが載っていました。

ひとつひとつ見てみましょう。

赤と黄色と白を混ぜて作ったバラ。直径5cmです。

b0208652_7325323.jpg


デイジーは定番カラーの白x黄色にせず、ピンクとココア色を練って作ってガーベラっぽくしました。これも直径5cm弱。

b0208652_7381313.jpg


桜は思いっきり白の分量を多くして淡いピーチピンク仕上げ。和菓子みたいで美味しそうでしょ。これは直径2.5cmほど。複数使いによさそうな小さめサイズです。

b0208652_7403440.jpg


鳥は3色。ブルーバード。

b0208652_7414372.jpg


くちばしからしっぽの先までの一番長いところで5cm弱。

あとで着色したりグリッターをかけたりするつもりで色の粘土をいっさい混ぜずに使用。でも真っ白のままの鳥もいいかも?

b0208652_745040.jpg


足だけ茶色の粘土の黄色い鳥。

b0208652_7455366.jpg


これは型から上手に出すのが少々難しく、何度か足が千切れて失敗しました。乾いてからペイントすればいいだけの話でした(笑)。

昨日の夜作ったのでまだ完全には乾いていません(通常24時間かかるとのこと)。できあがりをどう使うかはすでに決めています。お楽しみに!

新商品を使ってみての感想は...とにかく軽い!小さい!そして少ない(苦笑)!

まず軽さ。予想以上の軽さです。マシュマロみたいで、粘土の概念を覆されます。私がポリマークレイ(樹脂粘土)と昭和のころに母とハマった紙粘土しか知らなかっただけで、粘土クラフターさん達の間では常識なのでしょうか?

乾いたものもカチカチの粘土という感じではなく、フニュっとした発泡スチロールっぽい手触りです。初めはスクラップブッキングやカードに粘土?と半信半疑でしたが、作ってみてこれならと納得しました。

小さい、というのは型のことです。私が見たお店には全種類はなかったのですが、買おうと思っていたカップケーキやいちごのデザインのものは実物を見て保留にしました。マーサのパンチで抜いたモチーフかひとまわり大きいくらいのサイズなんです。

普通の粘土ような使い方を想定していたので小さいと感じたのかもしれません。粘土細工ではなく、アルバムやカードのエンベリッシュメントに、それこそ立体ステッカーくらいの感覚で使うための粘土なんだと思えば逆にちょうどいいサイズなのかな?

しかし、少ない!というのはけっして私の主観だけではないと思います。別売りの白い粘土のパッケージを手に取って、その小ささ(薄さ)にびっくり&がっかり(笑)!え〜っ?これだけ?

キットに入っていたのと同じサイズだと思いますが、2.4オンス(68g)の白粘土ぜーんぶ使い果たして出来上がったのはこれだけです。

b0208652_8152312.jpg


別売り粘土$7.99は高く感じますが、やっぱり特殊な粘土なのでしかたないのでしょうか?

ただ、色付き粘土の方はほんのちょっぴりできれいな色が作れるので、かなり長く持つと思います。余りは湿ったペーパータオルと一緒に保管するといいとありましたが、私はラップにぴっちり包んでジッパー付きの袋に入れました。たぶんこれでしばらくは大丈夫。

b0208652_8224952.jpg


作ったものがちゃんと乾き、予定のものをエンベリッシュしたらまた話題にしたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援してくださいね。下のバナーをクリックするとランキングサイトに飛び、自動的に私のブログに10ポイント加算される仕組です。どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ
 
by marikobrown | 2012-03-19 08:26 | ペーパークラフト

マーサのスタンプとポリマークレイで手づくりお香立て

アロマテラピーのマイブームは続いています。最近はペパーミントオイルを配合したバスソルトがお気に入り。メントールの効果でお風呂上がりの肌がスースーしてとても気持ちいいのです。市販のシャンプーやボディソープに数滴入れてもいいかもしれません。

ブームの波に関係なく、常に楽しんでいるアロマと言えばお香です。オイルだと種類によってはお値段がよかったり、専用のポットやディフューザーも必要。その点お香はとても気軽です。

お魚を焼いた日など生活臭が気になるときは、風通しをよくした状態でお香を焚くのが一番効果的だと思っています。夫はファブリーズがすべての解決策だと思い込んでいるようですが(苦笑)。

我が家ではリビングの他、バスルームにもお香を常備しています。くさいのをしたら、した人が責任を持って一本焚くことになっているからです(ハウスルールのひとつ・笑)。

ハンドソープの容器やキャンドルの底に柄を挟んで固定して、シンクにかざすようにして焚いていましたが、先日久々にポリマークレイを使ったついでにこんなのを作りました。

月餅みたいですが...

b0208652_16151617.jpg


お香立てです。

b0208652_1616234.jpg


素焼き風のモノグラムタグ同様、ポリマークレイを丸めて伸ばし、スタンプを。マーサ・スチュワートのカメリア(Camellia、椿)クリアスタンプセットを使いました。

b0208652_184077.jpg


大中小とサイズが揃っていて、しかもそれぞれべた塗りと白抜きのバージョンがペアになっているので、とても合わせやすく使いやすいスタンプセットです。

焼く前にお香を刺して穴をあけますが、タグのひも通しの穴と違い、この場合は2%の収縮率の影響を受けます。オーブンから出してまだ熱いうちに、もう一度刺して調整しました。

口臭や体臭などのオジサン臭にとても気をつけている夫は、生活臭対策にも積極的。それはよいことなのですが...ファブリーズへの過信だけはちょっと困っています。

ソファ用の毛布を洗おうかと言えばシュッシュッ。クッションカバー洗うから外してと頼めばシュッシュッ。おならをすれば、空気清浄機のスイッチのほうが近いというのにファブリーズに手を伸ばしてシュッシュッ。なんと最近は、「おなら前(pre-fart)スプレー」などと言う造語を作って、5秒前にファブリーズすればチャラになるとでも思っている様子なのです!

人工の香りはときどき頭が痛くなるし、なによりファブリーズを傍らに置いてテレビを見たり、手にボトルをぶら下げて家の中をうろうろする姿が滑稽!なのでこのブーム、早く去って欲しいです(苦笑)。

アロマの話題のつもりが、なんだか臭い話になってしまいました...

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングページに飛び、10ポイント加算されるしくみです。7日間の集計で順位が出ています。どうぞよろしく。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-08-16 17:33 | 日々の暮らし


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(43)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

人気ジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧