タグ:ティム・ホルツ ( 18 ) タグの人気記事

プロセス写真35枚(!)付き、ウィンターワンダーランドカードの作り方/夫のアイデアで雪景色

昨日の続きです。

どなたにも迷わず楽しく作っていただけるよう、キットにはなるべく詳しい説明を同封しています。ウィンターワンダーランドのキットには単色でシンプルに仕上げる場合とディストレスマーカーを使用する場合を想定した説明書を作りました。

ディストレスマーカーには合計49色もあるし、それ以外のスタンプ用マーカーをお使いの方もいらっしゃるだろうから、どの色をどこに使う、なんていうインストラクションは要らないだろうな、と最初は思ったんです。

でも私のデザインに忠実に、色も形もまったく同じに作りたい、という方も毎回いらっしゃるので、ディストレスマーカーでのカラーリングガイドも急遽作って追加いたしました。

で、テストがてら、プロセス写真も撮りました。キット購入予定のみなさん、ぜひブックマークしてね(笑)!

では行きます。

ディストレスマーカーのmowed lawn(明るいグリーン)で木々を塗ります。広い面は、ペンを倒してブラシの側面で塗ると早いです。



b0208652_12172489.jpg

すっごい年代物のスタンプみたいですが、今年買ったものです。夫が使うとすぐにこうなっちゃう。インクパッドのフタもです。フタだけならいいんだけれど、届いたばっかりの真っ白なユニコーンのパッドも部分的にもうピンクになってた(苦笑)。

ところどころにpine needles(深いグリーン)を点々とつけます。


b0208652_12195913.jpg

この点々の多い少ないで仕上がりの雰囲気が変わってきて楽しいです。

木の幹をgathered twigs(チョコレート色)でなぞります。



b0208652_12212048.jpg

さっ、とね。丁寧になぞってもテキトーになぞっても結果はほとんど変わりません。時間かけてもどうせ報われないから、サクサク前進(笑)!

pumice stone(あたたかいグレー)で鳥さんを塗ります。



b0208652_12235516.jpg

同じくpumice stoneで、地平線もなぞります。


b0208652_12262212.jpg

このとき、すでに塗ってあるグリーンの上をもう一度なぞることになります。ペンの先が直接別のインクに触れて色が混じってしまいますが、ニョロニョロニョロ、とヘビを一本描けばお手入れ完了です。


b0208652_12293460.jpg

始まりはグリーンが混じっていたものの、最後は本来の色に戻っています。これをティム・ホルツのデモのビデオで見たのもディストレスマーカー購入を決めるきっかけのひとつでした。だってこれまでこうやってダメにした黄色とか黄緑とかのマーカー、いっぱいあるから。

tea dye(明るい茶色)でシカさん親子(夫婦?)を塗ります。


b0208652_12322554.jpg

撮りませんでしたが、このあとvintage photo(濃い茶色)で木でやったように点々と2、3回色をつけます。

時間をかけてしまった場合、最初の色が乾き気味になっている可能性もあるので、はぁ〜っと温かい息をかけて、スタンプします。


b0208652_12353826.jpg

できました〜!


b0208652_12355532.jpg

ここに、お手持ちのクリスマスフレーズスタンプを押すか、または付属のヴェラム紙のフレーズラベルを貼り付けます。


b0208652_11251712.jpg

背景も、一例としてプロセス写真を撮りました。

夫も私も、空にはソフトストーン【CP】という抑え気味の薄いブルーのシャドウインクを使うのが気に入っています。晴れやかな青空にはならないんだけれど、とても自然だし、何より薄いので失敗が目立ちません(笑)。


b0208652_12371014.jpg

インクブレンディングツール【CP】にインクを取って...


b0208652_12401911.jpg

...ペーパーにこすりつけるのですが、いきなりオン、はNGです。


b0208652_12410197.jpg

ペーパーのふちから少し離れたところで構えて...


b0208652_12413852.jpg

弧を描きながら入場します。


b0208652_12422125.jpg

そして、螺旋を描くようにクルクルと回し、入退場をくり返します。


b0208652_12440067.jpg

そうすれば、着色が不得意な私でも自然な空に仕上がります。


b0208652_12462197.jpg

私は真っ白でなくする、というのを目的にしているので意図的にあまり色を着けていませんが、くり返しインクを取ってクルクルこすればもっとしっかりと着色できます。

インクブレンディングツールを使う時は、必ずクラフトシート【CP】を敷いています。これでスポンジの滑りがよくなるし、最後の拭き掃除も簡単です。

雪の部分にはインクではなく、チョーク【CP】を使いました。


b0208652_12500306.jpg

実はこれ、今年の1月の初めてのクロップパーティー便に入っていたんです。頼んでないのにふーこ店長が「よかったら使ってみてください」と分からんものをねじ込んだ(笑)、記念すべき第1弾がこれでした。

その時はスタンプ画像にこすってみたりステンシルに使ってみたりしたんだけれど、淡い発色が好みに合わず、結局は形にならないまま道具箱の底に沈んで行ってしまいました。

ところが今月初めのヒーローアーツでのワークショップで流行りのチョークボード(黒板)風デザインのカード作りに本物のチョークを使うテクニックを習って以来、ちょっぴり気になって道具箱から掘り起こしておいたんです。

このチョークセットが届いたときはまだインクブレンディングツールにも出会っていなかったので、こういったふんわりとした背景作りにも興味がなく、あまり使い方も思い付かなかったのでした。考えれば分かるんだけれど、「真っ白でない程度」に着色したい場合は粉類が最適です。

使い方です。セットには先にクリップの付いたこんなツールが付いてきます。


b0208652_12585037.jpg

これに小さなコットンボールを挟み...


b0208652_12592970.jpg

使いたい色のチョークをこすり取って...


b0208652_13001157.jpg

ペーパーに移します。


b0208652_13003892.jpg
取るチョークの量やこする力加減によって、思った以上に陰影を付けることができます。私はそういうのはあまり得意じゃないんですが、YouTubeなどをみていると、これだけでまるで芸術作品のようなカードを作られる方もいらっしゃいます。

キラキラと雪が反射する冬景色にしたい場合は、グリッターやグリッターグルーなどのオプションがあると思います。でも私の淡い着色の背景はグリッター加工をするには頼りなかったので、代わりにミストを使って控えめな光沢をプラスすることにしました。


b0208652_13063945.jpg

キラキラ粒子は底に溜まっているので、使う前にボトルをよく振ります。


b0208652_13074018.jpg

キャップを外して、管に付いたインクをクラフトシートに落とします。


b0208652_13111337.jpg

いつもはディストレスマーカーでの水彩風の着色に使っているウォーターブラシ【CP】。


b0208652_13121118.jpg

キラキラ入りのミストインクを水の入ったブラシの先につけて...


b0208652_13125187.jpg

なぞります。ちょこ、ちょこ、と部分的に。


b0208652_13132112.jpg

普段こういうことをまったくしない私にしては上出来でしょう?


b0208652_13140090.jpg

次は夫がやっていたアレンジです。

彼は白のジェルペン【CP】が大好きで、とにかくなんでもこれで最後のタッチをしてしまいます(たまにやり過ぎて、せっかく上手にスタンプしたり着色したりしたのがほとんど隠れてしまい、ジャクソンポロックのまねごとみたいなことになっています・笑)。


b0208652_13180978.jpg


木の上に、ひたすらもじゃもじゃにラインを描いていきます。


b0208652_13190975.jpg

これはいくらなんでももじゃもじゃ過ぎるでしょう?というところまでもじゃもじゃにすると...


b0208652_13201300.jpg

ね、間違いなく上より下の方が寒い!


b0208652_13232065.jpg

もうひとつ、夫のアイデア拝借。

一緒にマイケルズへ行った時、突然「クーポン余ってる?」と聞いてきて購入したシャーピーペイント。


b0208652_13251613.jpg

どうということありません、われわれ日本人が「ポスカ」として親しんでいるあれと同じです。

これをトン、トン、とドット状に乗せていけば...


b0208652_13265767.jpg


牡丹雪。


b0208652_13322541.jpg

ちと地面、失敗(汗)。

長ーくなりましたので、続きは明日にいたします。キットの発売は明日金曜日の夜9時です。ぜひご検討くださいますようお願いいたします。

マーサ・スチュワートのクリスマスアイテムもドンと揃います。私もいくつかカードを作り足していますので、明日もまた見にいらしてください。

今日もランキングの応援をよろしくお願いいたします!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ







by marikobrown | 2013-11-28 13:39 | カード

ディストレスマーカーの新色12本!/特徴と保管方法のおさらい

ディストレスマーカーの新色12本【CP】!

b0208652_11532836.jpg


...がクロップパーティー便で届いたのはインスタグラム(@marikobrown)によるともう4週間も前のことで、到着するなり誰かさん(@ron_e_brown)はすでに遊んでいたんですが...

b0208652_11534065.jpg


色見本を掲載するのをすっかり忘れていました。

b0208652_951763.jpg


12本セットでの販売なので、色を選ぶ目的よりどんな感じかお伝えできればと思って作りました。

「シーズナルカラー」と言うだけあり、春夏秋冬を意識した色が揃っています。名前も「ripe persimmon」(熟れた柿)とか、「evergreen bough」(常緑樹の大枝)とか、それっぽくて気分が盛り上がります。

ディストレスマーカーはアンティークっぽくくすんだ感じの落ち着いた色味が特徴でしたが、今回の新色12色は打って変わって明るく鮮やかな色が揃っています。

私が特に気に入ったのが、ピーコックフェザー。孔雀の羽という意味です。ディストレスマーカーはスタンプマーカーとしても使用出来るので、さっそく羽のスタンプにインクを付けて...

b0208652_10162249.jpg


ね、すごくキレイでしょう?

b0208652_10165044.jpg


確か夏のCHAではティム本人も最高に気に入っている色だと言っていたような気がして、写真を探して見ましたら...インクではなくてグリッターでしたが、ありました。

b0208652_1020916.jpg


本当はこのピーコックフェザーで羽のカードを作り始めたんですが、合う色のマスキングテープがなかったので別のインクに変更したのです。

羽のスタンプはグリッツデザイン【CP】。

b0208652_1028750.jpg


羽のスタンプとカラフルなディストレスマーカーを見ていたら、ネイティブアメリカンのヘッドドレスが思い浮かんだので、こんなサンプルも作ってみました。

b0208652_10251482.jpg


ディストレスマーカーは片方がジャーナリング用のファインティップ、反対がブラシになっているデュアルティップマーカーなので、スタンプへのインキングがスムーズです。

b0208652_10294622.jpg


簡単に塗り分けてカラフルなスタンプを楽しむことが出来ます(詳しくは「感動!ディストレスマーカーでくっきり色分けスタンピング」へ)

b0208652_10312432.jpg


ディストレスマーカーの最大の特徴は、「水との反応の良さ」。これがどう初心者さんにとって好都合かと言いますと、スタンプの印面にインクがカラカラに乾いても、「は〜っ」と温かい息を吐きかければジューシーさが蘇るのです。つまり、いくらでも時間をかけて色を選んで塗ることが出来ると言うわけです。

実際、夜インクを付けたまま忘れて寝てしまった翌日、試しに「は〜っ」をしてみたら、普通にスタンプできて内心驚きました。

こんなにたくさんの色のマーカーを持ち替えて塗るのも、のんびりだらだら気長にできます(今年の初めのフェイスブックへの投稿)。

b0208652_1117539.jpg


水との反応のよさを活かし、水彩画風のスタンプを楽しむことも出来ます。

ディストレスマーカーでインクを付けてスタンプした後、ウォーターブラシ【CP】という水を入れて使う筆ペンのようなものでささっとこするだけで、こんな作風に早変わり。

b0208652_10382846.jpg


ディストレスマーカー+ウォーターブラシで水彩画風のバタフライ」では、ステップバイステップでこれの押し方をお見せしています。

これもスタンプしたのをお水でこすっただけなんですよ。まるで絵の具や筆やパレットを出してきてがんばったみたいでしょう?

b0208652_10431071.jpg


先週クロップパーティーに初登場したローンフォーン【CP】のスタンプには色ぬりを前提としたアウトラインのみのデザインが多いので、これを機にマーカーを揃えたい方もいらっしゃるのではないかと思います。

コピックマーカーのようなスタンプの色ぬりに人気のアルコールマーカーとディストレスマーカーの決定的な違いは、直接スタンプのゴム面にインキング出来るかどうかだと思います(コピックは乾きが早いのでスタンプのインキングには不向きです)。

どちらにもそれぞれ素晴らしい長所があり、出来れば両方揃えたい!というのが本音ではありますが、私は今のところカラーリングにもインキングにもジャーナリングにも使えるディストレスマーカーに満足しています。

ディストレスマーカーには今日ご紹介した新色12本セット【CP】と、オリジナル37色+新色12色の49本セット【CP】があります。

値段的にもテクニック的にも、マーカーのセットの導入は敷居が高い、と感じるのは私も一緒です。去年の秋にディストレスマーカーと出会うまで、私もまさか自分がカード作りにマーカーのセットを取り入れるとは思いもよりませでした。

しかしやってみたら簡単なのに仕上がりは申し訳ないくらい(笑)本格的。ディストレスマーカーを持ったことで「あれもやってみたい」、「これもやってみたい」と欲も出て、作風も広がったように感じます。

さて、すでに購入されていらっしゃる方、これから検討される方のための、高い(笑)ディストレスマーカーをより長く楽しむための保管方法のおさらいです。

まずキャップの閉め方。黒いリングが見えているのはNG。

b0208652_11311099.jpg


乾きを防止するため、ぴちっと閉めます。

b0208652_1131305.jpg


そして、長期保管はタテ置きではなく、ヨコ置き。

b0208652_11323382.jpg


ディストレスマーカーに限らずですが、デュアルティップマーカーはインクが片方のペン先に偏らないよう、水平に保管します。

私もローンフォーンの新作スタンプが届くのを待っているところです。ぬる気マンマンで(笑)ディストレスマーカーを揃えて待ち構えています!

昨日は更新しなかったにもかかわらず、41人の方がランキングの投票をしてくださいました。ありがとうございました。おかげさまで現在総合243位!確実に回復しています。

今日も読んで参考になりましたら、ぜひ下のバナーのクリックをお願いいたします。ワンクリックで自動的に私のブログに10ポイント加算される仕組みです。過去7日間の集計で順位が出ています。どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-09-30 11:43 | カード

クラフトエディションのコアキットで簡単プロジェクトライフアルバム作り

プロジェクトライフのコアキットを使ってアルバムページを作り足しました。

b0208652_10315822.jpg


ブランクカードを着色したりマスキングテープをボーダーのように貼り付けたり...とカード作りの延長でスクラッチから始めるのももちろん楽しいのですが、写真といっしょにキットのカードをどんどんポケットに突っ込んでいくだけのサクサク進められるアルバム作り、というのがプロジェクトライフ式の醍醐味でもあると思います。

使ったのはクラフトエディション【CP】。

b0208652_10353683.jpg


...って、はっきり言ってこんなんじゃ選択の基準になりませんよね?

現在は品切れ中ですが、中身がいろいろ見られたら今後の再入荷の際に参考になるかな?と思ってカードを広げて撮ってみました。

b0208652_12242792.jpg


クラフトエディションは白の部分が真っ白ではなくクリーム色っぽくて、全体に温かい色合いをしているんです。なので、今回私が使った写真のように暗めの室内で撮った露出の高い写真や、インスタグラムなどのアプリでビンテージ風に加工した写真にしっくりなじみます。

雅風さんもブログに載せられています。このエディションはもともとMewさんからのおすそ分け、というか、私の買ったエディションと半分ずつ交換する形でいただいたもので、それをさらに少し雅風さんにお送りしているんです。

コアキットはジャーナリングカード(3x4インチの小さい方)は同じデザインがそれぞれ10枚ずつ入っているので、プロジェクトライフ仲間を作って交換出来ると楽しいと思います。

さて、さくさくっと昨日の夜作ったこのページ。手を加えたのはタイトルカードだけです。と言っても、実はタイトルカードにしたのも元はキットに含まれていたこんなデザインの4x6インチの大きい方のカードに...

b0208652_1135596.jpg


...「LIFE」と書かれた3x4インチの小さい方のカードを重ねて、手持ちのアルファベットのステッカーを加えただけなんです。

b0208652_1137373.jpg


はっきり言ってズルでしょ(笑)?

コアキットは最初から綿密にカラーコーディネートされているため、どれも合わせやすくて配色にも配置にもほとんど悩みません。

下の段の2つのポケットも、右はやじるしのデザインの大きいカードの上に小さいカードを重ねただけ、左は小さいカードを2枚並べて裏からテープで貼ってつなげただけです。

b0208652_1145631.jpg


スクラップブッキングってこんなに簡単でいいのでしょうか(笑)?

厳密に言いますと、もう一カ所手を加えている部分があります。右下のカードの赤いフレームのラベルです。と言っても、単に日付を書き間違えちゃったので、隠して書き直すための作戦です(笑)。

b0208652_11471337.jpg


スタンプがズレたりインクをこすってしまったりしたところを「なかったこと」にするのにラベルのシールは必需品ですよね。あたかも「初めからそこにラベルを貼る予定だった」、と言わんばかりに堂々と貼り付けるのが隠ぺいのコツ(笑)です。

これみたいにぱりっと厚手のクラフト向けのラベルシールなら問題ないのですが、事務用品として売られているものは薄くて透ける場合があるのでご注意です。2枚重ねたり、カードストックに貼り付けてから切り取るなどの工夫が必要だと思います。

プロジェクトライフ、楽しんでいらっしゃいますか?作ったページをフェイスブックのコンテストサイト「みんなの作品展」で見せていただけるとうれしいです。

インスタグラムでは「#クロップパーティー」というハッシュタグを作りました。クロップパーティーで買ったものやそれで作ったものなど、関連写真が一気に見られます。自分が持っていないアイテムで作られた作品が見られるので物欲が刺激されてしまいますが(苦笑)、試し押しのインクの色などは購入のガイドにもなるので私も欠かさずチェックしています。何よりみなさんの作品が見られるのが楽しいです!

昨日は大変多くの方々がランキングのバナーをクリックしてくださいました。夫も喜んで、調子に乗っています(笑)。今日も応援お願いいたします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-08-21 12:19 | アルバム

CHAレポート:ティムホルツ編/お土産プレゼントのお知らせ

CHAはこの方なしでは語れません。ティム・ホルツ!

b0208652_4205941.jpg


朝イチで会場に着き、商談の場所を確認したのはオープンからほんの10分後くらいのこと。まだ人も少ないし準備中のブースなどもあって静かだったんですが、ティムのブースだけは大繁盛。彼はいつ見ても人に囲まれていました。

表現するのが難しいんですが、彼は何と言うか、いい意味で「フツー」なんです。すごいスターオーラが出ているにもかかわらず、彼自体はフツーに誰とでも接していて、ゴミ出しに行って近所のおばちゃんたちと井戸端会議するみたいにフツーにリラックしているんです。自然体というのでしょうか。

これまでYouTubeなどでCHA会場にいる彼の様子は何度も見ていますし、みなさん同様私もフェイスブックやインスタグラムでは彼をフォローしているのでなんとなくどんな感じの方なのかイメージが湧いていましたが、想像通りの印象でした。

私もだんだん慣れて、手元を覗き込めるこんな距離でデモを見ることが出来ました!

b0208652_44194.jpg


新しい商品、ディストレスグリッターのデモでした。私たちが使い慣れているマーサのグリッターとの違いは粒の大きさです。

b0208652_4433980.jpg


細かければ細かいほどよしとされているグリッターですが、ティムの新作ディストレスグリッターは大粒なので、まるでザラメのように乱反射します。

余談ですが、ティム、何でグリッターを接着していると思いますか?なんとグロッシーアクセント【CP】を使っているんです!手なんか汚れて当たり前〜、という感じでグロッシーアクセントを伸ばし、ザラザラっとグリッターをかけて余分を瓶に戻し...

勢いのある力強い作品は、勢いのある作業から生まれるんだなぁ、なんて、ティムの手元を見ながら妙に納得してしまったのでした。

私が個人的に反応したのはこれ。ディストレスマーカーの新色12本!

b0208652_457101.jpg


これまでのディストレス感のある落ち着いた色味と違い、明るい色が揃っています。37色セットを使っていると、「これよりもう少し原色に近い色味があったら」と思うことがたまにありますよね?これはきっとそのあたりの望みを叶えてくれる12色ではないかと思います。

こちらはすでにふーこ店長がフェイスブックページでアナウンスした通り、クロップパーティーでもオーダー済みです。新色のリリースにあわせてこれまでの37色入りに12色が加わった49色セットも発売されています。まだお持ちでないみなさんもぜひこの機会にご検討ください。

ティムのファンサービス精神には心打たれるものがあります。次の予定が迫ってスタッフが呼びに来ているというのに、次々と差し出されるオリジナルエコバッグに和やかに、でも黙々とサインを続けるティム。

b0208652_565248.jpg


私も並んでもらっちゃいました!

b0208652_571795.jpg


前日にインスタグラムでお知らせがあったサイン入りのスタンプのプレゼントには、長蛇の列が出来ていました。45分くらい並んだかな?待った甲斐がありました!

b0208652_5115287.jpg


ティムと、このブループリントシリーズのデザイナー、マリオ・ジェイムズ・ロッシ3世、通称MJ3のサイン入りの新作ハロウィンスタンプです!

b0208652_5133214.jpg


ひとつひとつがとても大きいクリングスタンプです。ポイズンのボトルの高さが8cm強、かぼちゃの横幅も7.5cmもあります。ここまで大きいと配置に悩まないので、初心者さんにも使いやすいデザインだと思います。

b0208652_5164578.jpg


雰囲気のあるパターンペーパーをマットに、まわりをディストレスしたスタンプ画像をまん中に貼り付けたすっきりシンプルなカード。

b0208652_5181587.jpg


こちらはステンシルやステッチ、ペーパーディストレッサーも使われていて凝っていますが、スタンプ画像はディストレスマーカー【CP】とウォーターブラシ【CP】でラフにこすっただけでこんなに雰囲気が出ています。

b0208652_5221699.jpg


かぼちゃもディストレスマーカーとウォーターブラシによる着色ですね。

b0208652_5231764.jpg


そして楽しみにしていたこれ【CP】の出番です!

b0208652_5235888.jpg


カラスさんは別のスタンプセットのものみたいです。

b0208652_5244077.jpg


これにも使われています。

b0208652_5322295.jpg


他の新作スタンプやサンプルは今朝のティムのブログにたくさん載っています(Stampers Anonymous show recap 2013)。

ちなみにこの記事の3枚めの写真の列の最後にいるグループの後ろに私がいて、私の後ろにも長い列がありました。カタログをいっぱい詰めた革のバッグの柄が肩にずっしり重くて苦しんでいる私を不憫そうに見て、「今度は車輪付きトートで来なくちゃダメよ」とアドバイスをしてくれているシーンかもしれません(笑)。

さて、お土産プレゼントのお知らせです。

初めてのCHA記念に自分のものにしておきたいのは山々だけれど、ティムのサイン入りのオリジナルエコバッグをプレゼントすることにいたしました!

b0208652_5432833.jpg


14x16インチの大判バッグで、底や脇の厚みの部分にもストライプのディストレス柄が入った凝ったデザインです。

b0208652_5462098.jpg


ティムの直筆サイン入りです。

b0208652_61185.jpg


サイン入りスタンプもプレゼントしちゃおうか、三日三晩悩みましたが(笑)、今回これは私の記念にさせてもらうことにしました。その代わり、ふーこ店長が同じものを仕入れてバッグとセットにしてくれるそうです。

b0208652_6124374.jpg


ティムホルツの直筆サイン入りオリジナルエコバッグと新作ハロウィンスタンプをセットで1名様に、抽選に外れた方の中からさらに3名様に同じスタンプを差し上げます。

ご応募には条件があります。

8月1日から8月31日までの間にお振込指定(ゆうちょ銀行、楽天銀行、みずほ銀行)でお買い物をしてくださった方々が対象で、5,000円分のお買い上げで一口とさせていただきます。

海外在住等でご応募の条件を満たせないみなさま、大変申し訳ありません!しかし今回は私のお小遣いではなく、クロップパーティーの多大な出費で実現したCHA参加であったことをご理解いただけるとうれしいです。

ショップとは関係のないプレゼント企画は私のブログ3周年の再来月に予定していますので、その時のご応募をお待ちしています!

昨日は127人もの方がランキングバナーをクリックしてくださいました。1390位から533位にまで戻っています!

b0208652_6162941.jpg


応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。明日はCHAレポート番外編です。CHAというよりは、ラスベガスレポートです。実はこんなに近くに住んでいるのに、私にとっては初ラスベガスだったんです。なので完全旅行者目線でお届けいたします!

毎日更新を目指してがんばります。今日もクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-07-31 06:20 | ペーパークラフト

アメリカンクラフトのスタンプマーカー/ディストレスマーカーの価格についてのお知らせ

ディストレスマーカーがついに37色揃い、うれしくて仕方ありません。もともとスタンプの印面を複数の色でインキングすることやスタンプした画像を着色することにはまったく興味がなかったのですが、去年の秋に初めて5色入りを買ったのをきっかけにすっかり気に入ってしまいました。

もしかしたら、ディストレスマーカーに触れる前の私のようにご自分が気に入るかどうか半信半疑の方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にはアメリカンクラフトのスタンプマーカーの5色入りでトライしてみるというオプションもあります。

b0208652_22101866.jpg


アメリカンクラフトからは、私が確認できる限りアーストーン【CP】、プライマリーカラー(原色)【CP】、パステルの3種類の5色セットが出ています。

私はパステルを買ってみました。

キーライム(グリーン)、ブラッシュ(ピンク)、ラベンダー。

b0208652_22155018.jpg


パウダー(ブルー)とブラウンシュガー。

b0208652_22163020.jpg


スタンプはエイミー・タンジェリン【CP】。

b0208652_22231294.jpg


脇役的なバラなのに、試し塗りにちょうどいいサイズと形で引っ張りだこ(笑)。

仕様も使い心地もディストレスマーカーとよく似ていますが、ひとつ決定的な違いがあります。いずれもデュアルティップタイプのマーカーで片側のブラシは同じサイズなのですが、反対側の先が違うのです。

右がアメリカンクラフトのスタンプマーカー、左がディストレスマーカーです。

b0208652_22192162.jpg


書いてみるとずいぶん太さが違います。

b0208652_22204038.jpg


アメリカンクラフトの方は細めのフェルトティップです。普段の書き物にもディストレスマーカーを使う私にはちょっと太いかな、と思いますが、着色にはよさそうです。

やってみたいけれどいきなり37色はどうかなぁ、もしも好きじゃなかった場合を考えるとリスクだなぁ、という方にはよいスターターだと思います。

ディストレスマーカーやスタンプマーカーはスタンプした後の色塗りにもいいですが、私は印面を着色して押した後ウォーターブラシでこするのが気に入っています。

水を入れて使う筆ペンのようなものです。

b0208652_22381746.jpg


上はスタンプしたところ、下はそれをウォーターブラシで滲ませたもの。

b0208652_22305272.jpg


押し方や使った色、ペーパーなどについては「ティストレスマーカー+ウォーターブラシで水彩画風のバタフライ」でご説明しています。

その他、ウォーターブラシでインクを拾って水彩画のように着色するのも気に入っています。

先日クリアランスで見つけたかわいいキツネさん。

b0208652_22341913.jpg


半額以下でラッキー、と思ったら実は定価は6.99ドルだったというオチがあるのですが(笑)。

インクパッドで普通にスタンプ。

b0208652_22343698.jpg


ディストレスマーカーを常に敷いてあるクラフトシート【CP】にこすって...

b0208652_22521341.jpg


ウォーターブラシでインクを拾って...

b0208652_22523537.jpg


着色。

b0208652_2252503.jpg


インクを拾ってすぐの時は濃く、塗っているうちに段々薄くなるので自然にグラデーションになります。水をつけた普通の絵筆だと色素がなくなるにつれ水も減って乾くので調整が必要ですが、ウォーターブラシの場合は水だけはコンスタントに出てきます。なので私のような絵心のないド素人でもきれいなグラデーションになるのです。

何のワザもコツも経験も要らないのにこんなに本格的に仕上がってゴメンネ、と毎回心の中でつぶやきます(笑)。

b0208652_22531081.jpg


エイミー・タンジェリンのスタンプとディストレスマーカーは在庫切れになっていますが、再オーダーをかけてすでに日本に向かっているそうです。気になる方はぜひ「入荷連絡を希望」をクリックしてメールアドレスをお伝えください。追加され次第自動でお知らせが届くようになります。

アメリカの郵便料金の大幅値上げに続いて円安も進み、輸入業者はダブルパンチを受けています。クロップパーティーでも一部の商品の価格の見直しを余儀なくされており、ディストレスマーカーも来月には値上がりの予定があるそうです。

昨夜ふーこ店長に確認(というよりお願い)しまして、次回入荷分に関しては今まで通りの9,975円(税込)【CP】でご提供することになりました。ぜひこの機会にご検討くださいますよう、よろしくお願いいたします。

先週は頭痛と闘いながら母の日カードキットを完成させ、金曜日に発送して力尽きました。週末は思う存分ゆっくり過ごしたので、今日からまたがんばります!

明日はいよいよフォトフリーダム【CP】が登場いたします!1998年撮影の15年前のお宝写真を使ったレイアウトでご紹介いたしますので、ぜひまた見にいらしてください。

更新を3日サボってランキングポイントはガタ落ちです。ぜひ応援をお願いいたします!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-04-15 23:36 | ペーパークラフト

失敗かな?と思ったインクパッドの活用例/ディストレスマーカー入荷

トイカメラ風に加工されるアプリで撮ると明るい部分が白く飛んでしまうため見えにくかったのですが、実は昨日のミニバラのタグの台紙にはうっすらとパターンが入っているんです。

b0208652_23173979.jpg


これもミニバラと同じくエイミー・タンジェリンのニューコレクションのクリアスタンプを使っています。

b0208652_2320582.jpg


これです。

b0208652_23202490.jpg


タグの台紙よりうんと小さいスタンプです。

b0208652_23213832.jpg


これをまず下に合わせて押して...

b0208652_2322950.jpg


つなぎ目を合わせるように重ねて...

b0208652_2322435.jpg


ブロックを積み上げていくように埋めていきます。

b0208652_232386.jpg


最後ははみ出しちゃうけど...

b0208652_23234277.jpg


常にクラフトシートを敷いているので拭き取りも簡単です。

b0208652_23242034.jpg


こうやって作った台紙のすそにミニバラを貼り付けたのが...

b0208652_23251631.jpg


昨日のタグだったというわけです。

b0208652_23274983.jpg


背景に使ったのは、アイスというグレー系のインクパッド。

b0208652_23285242.jpg


とにかく薄付きで、買って来て試した時は失敗したかと思うくらいでした。しかしまったくそんなことはありません。これくらい淡いからこそ背景として気にならず、しかもブレもかすれも全然バレないのです(笑)!

試してみたら思ったより薄くてガッカリ、というインクパッドをひとつふたつお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは「使えない」としまい込まず、発想を変えてバックグラウンドに使ってみると意外とお気に入りに昇格することもあるかもしれません。

ミニバラの色塗りに使ったディストレスマーカー【CP】もようやく入荷!私のように回り道をしないよう(苦笑)、ぜひ思い切って37色セットを。

b0208652_2344747.jpg


バラで買うと定価1本3.50ドルですが、37色プラス、単体で買うとマーカー1本と同じ値段のケース入りで9,975円(税込)とお得です。

7,000円以上のお買い上げで送料が無料になります。今週の金曜日にはアンナ・グリフィンのエンボシングフォルダーなど新発売の予定もありますので、興味のある方はぜひ「お取り置き」を選択してお待ちください。カートに入れただけでは2時間ほどで元に戻ってしまうそうです。

オマケ。

カードサイズの大判バックグラウンドスタンプの楽しさや便利さにすっかり慣れてしまい、今はもうそれナシではデザインも始まらないくらいになっていますが、かつては今回のタグのように小さいスタンプを何度も何度もくり返し押して背景を埋めていました。

これしか持っていなかった時は苦労しました。

b0208652_0622100.jpg


何枚も作って一番マシなのだけ採用、とか、ムダも多かったです。今思えば隙き間や重なりが目立たない薄付きのインクパッドを使えばよかったのでしょうね。当時は市販のパターンペーパー並にきっちりスタンプしようと必死でした(笑)。

ボーダースタンプはいくらかラクですが、やはり緊張します。

b0208652_0201350.jpg


アンナ・グリフィンのクリアスタンプでした。

b0208652_021214.jpg


そして実は去年のクリスマスにもミニバックグラウンドスタンプでがんばっているんです。先月のアンケートでもお気に入りにあげてくださった方が何人かいらしたこのカードです。

b0208652_0111091.jpg


これもアンナ・グリフィンのクリアスタンプを使っていたのでした。

b0208652_012228.jpg


お気づきだったでしょうか?薄付きのインクだから濃淡があるのもつなぎ目が少々アレレなのもバレていなかったことでしょう(笑)。でも正直言って、やっぱり1回でポンッと背景が押せるカードサイズのバックグラウンドの方がダンゼン便利です!

これぜーんぶバックグラウンドスタンプ。もちろん1回で押しています。ミニサイズだったら試作の時点で力尽きていたと思います(笑)。

b0208652_025405.jpg



私のブログの読者さんにはきっとママ世代の方が多くいらっしゃるのでしょう、春休みに入ったくらいからブログの訪問者数が激減し、通常の平日より600〜800人少なくなってしまいました。比例してランキングポイントもだいぶ落ち込んでいます。

新年度が始まり今週、来週とまだまだお忙しい日々が続くことと思いますが、そんな中アクセスしてくださるみなさんには心から感謝しています。今日も読んで気に入っていただけましたらぜひバナーのクリックをお願いいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-04-09 00:42 | カード

ティム・ホルツのディストレスマーカーとエイミー・タンジェリンのスタンプでミニバラのギフトタグ

先日22本のディストレスマーカーが届いたので...

b0208652_2152719.jpg


ついに全37色が揃いました!

b0208652_21524225.jpg


自分がこんなに気に入るとは思いもよらず、私は去年5色入りを3パックという買い方をしてしまいました。バラで買うと高く付くし(定価1本3.50ドル)、セットで買う方がお得(37本入りで100ドル前後)とは言えすでに15本は持っているので、どうやって揃えようかと迷っていました。

するとブログやフェイスブックで私の悩みを知ったクロップパーティーのふーこ店長が見かねたのか(?)、「ディストレスマーカーの買い足しに」とボーナスをくださったのです。いい大人が恥ずかしいやら、うれしいやら(苦笑)。で、さっそくオーダーしたというわけです。

ただペーパーに試し書きするよりスタンプした画像を着色する方が楽しいかな?と思い、たーくさんぬりえして切り抜いてミニバラのギフトタグを作りました。

b0208652_21582793.jpg


どれもとてもいい色です。さすが本来37色セットで買うべきマーカーだけあり(笑)、本当に組み合わせやすいカラーセレクションだと思いました。

b0208652_2284985.jpg


ミニバラのスタンプはエイミータンジェリン【CP】。

b0208652_22101280.jpg


一番上の段の「thanks!」はヒーローアーツ【CP】。

b0208652_22115743.jpg


2段めの「HELLO」もヒーローアーツ【CP】 。

b0208652_22164634.jpg


「HELLO, FRIEND」の一部にだけインクをつけて「HELLO」にしています。

b0208652_22132261.jpg


下の段の「happy day」も同じスタンプセットに含まれています。

在庫切れの商品もすでに再オーダーがかかっていますので、ぜひまたチェックをお願いいたします。入荷しましたら私もブログでお知らせしたいと思います。

今週は廃盤になったマーサ・スチュワートのパンチ、金曜日に発売となるアンナ・グリフィンのエンボシングフォルダーなど、話題豊富にいきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-04-07 22:33 | カード

ディストレスマーカー+ウォーターブラシで水彩画風のバタフライ

先日水彩画風のバタフライのカードを作ったとき、写真を撮りながらスタンプをしました。今日はこれの描き方(押し方)です。

b0208652_22505142.jpg


使うのはディストレスマーカー。

b0208652_22514781.jpg


バタフライのスタンプは...

b0208652_22523428.jpg


マーサ・スチュワートのネイチャーというクリアスタンプセット【CP】に含まれています。

b0208652_22525166.jpg


もともとスケッチしたような画風のスタンプなので、ディストレスマーカーの雰囲気によく合うと思います。

b0208652_22532420.jpg


まず、マスタードシードという色を付けます。

b0208652_225637.jpg


ディストレスマーカーはデュアルティップです。

b0208652_225779.jpg


細い方は普段の書き物にちょうどよく、我が家では小論文の添削にも使ったことがあります。フェイスブックに載せた写真を見て目敏い読者さんに「ディストレスマーカーで赤ペン先生」と指摘されました(笑)。夫は文法のうっかりミスが多いので、ネイティブでもない私が提出前の最終チェックをするというあべこべな夫婦なのです。

ブラシの方はスタンプのインキングに最適です。

b0208652_22592159.jpg


羽のまん中辺りを塗ります(紛らわしいですが、インクではなく塗る色とエリアを示したフォトショップの加工です)。

b0208652_22595447.jpg


ブラシを倒して側面で塗ると早いです。端から端まで一気にざっざっと2〜3回くらいでOK。

b0208652_232321.jpg


くるっと回転させて...

b0208652_234597.jpg


反対の羽も同様に。

b0208652_2342499.jpg


次はワイルドハニー。

b0208652_2344362.jpg


マスタードシードのすぐ外側。

b0208652_235264.jpg


ひと筆で充分。ギャップが出来ないよう、すでに付けた色に重ねるくらいがいいと思います。混ざっても大丈夫、というより、むしろ境目がブレンドしている方が仕上がりのなじみ方がいいような気がします。

b0208652_236060.jpg


反対も。

b0208652_237947.jpg


次はピールドペイントで...

b0208652_2373956.jpg


羽の根元を着色。

b0208652_23102342.jpg


ササッと。

b0208652_23104068.jpg


最後にビンテージフォトで...

b0208652_23111494.jpg


残りのエリアをインキング。

b0208652_23115659.jpg


触角とボディをひとなで。

b0208652_2313765.jpg


ふちもぐるっと。

b0208652_23132555.jpg


は〜っと温かい息をかけて...

b0208652_2314197.jpg


スタンプ。

b0208652_23143351.jpg


次にウォーターブラシ(水を入れて使う筆ペン)か水をつけた絵筆で...

b0208652_23155241.jpg


こすります。

b0208652_23162880.jpg


合計1分半くらいでバタフライ1匹完成します。

クリアスタンプセットには大小のバタフライが含まれているので、いっしょに使うとバランスが取りやすいです。

b0208652_23223944.jpg


背景にはラティス【CP】というバックグラウンドスタンプを使っています。透明のパウダーのヒートエンボスです。センチメントはティムホルツのスタンプ【CP】です。

実はこのラベルのインクの色に悩んだんです。

b0208652_0121650.jpg


「バタフライに使った色から選んだらいいんじゃない?」と解決法を提案してくれたのは夫でした。夫は小論文のしめにカッコつけて大きなことを言うことがあるので、「最終段落は本文のポイントの言い換えのみ。本文から結論できない概念を持って来たり新たな問題を提起してはいけない」といつも言っているんです。

なので、「小論文と同じで最後の仕上げに新しい色を持って来たらダメでしょう?」と勝ち誇ったように言われてしまいました(苦笑)。でもバタフライの羽に使ったピールドペイントでスタンプしたらピタッと決まりました。

使うペーパーによって発色や滲み具合が違います。

左から水彩画用紙、ブリストル紙、そして今回使ったヒーローアーツのエッグシェル【CP】というクリーム色がかかったスタンプ向けカードストック。

b0208652_23313350.jpg


ティム・ホルツはデモでよく水彩画用紙を勧めています。発色がいいし、表面が少しザラザラしていて趣もあります。

まん中のブリストル紙は硬くて厚めの紙で、デザインのクラスではインク画やアクリル画に使いました。ふやけたり染みたりしないのでお水でこすっても安心で、ミストをたっぷりかけても丸まらないので最近またよく使っています。

ヒーローアーツのカードストックは水彩画向けではなく、色も真っ白ではないので、発色も滲み具合も控えめです。私はやさしい雰囲気が気に入っています。

このカードもディストレスマーカー+ウォーターブラシ+エッグシェルのカードストックの組み合わせでした。

b0208652_23474254.jpg


適当にインクをつけて適当にお水でこすっただけでちょっぴり本格的に見えるカードが出来るので、ディストレスマーカー+ウォーターブラシの組み合わせは大変気に入っています。

先週入荷したアメリカンクラフトの原色のスタンプマーカーセット【CP】も気になります。ティムホルツとはまた違った色合いで、明るくポップな作風になるのではないかと思います。

ディストレスマーカーをお持ちのみなさん、どんなふうに楽しんでいらっしゃいますか?

今日から4月!しかも新年度開始が月曜日なんて、まるで今日からダイエットをしろと言われているような気分です(笑)。夫は春休みが終わり、またテスト勉強やレポート書きの日々が再開します。私も母の日のカードキット発売に向けてがんばろうと思います。

今日も応援お願いいたします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-04-02 00:51 | カード

ミスト祭り!みんなのカラーサンプル/ミスター・ヒューイ(Mister Huey's)とは

先日掲載したミストのタグ型カラースワッチ(色見本)。

b0208652_620532.jpg


これをご覧になって、ブログ「ときめき日和」のsyabousasanさんがさっそくお手持ちのタタードエンジェルでサンプルを作ってブログ記事にしてくださいました。

b0208652_512533.jpg


色の名前を入れてさっそく書き直してくださったのがこちらの記事です。

ミストでカラーサンプル作り②

色ももちろん参考になりますが、薄付きなのでペーパーが浸るくらいスプレーしてもこれくらい、などの描写がとてもためになります。

ミストを使ったスクラップブックページのお披露目、楽しみにしています!

さらにsyabousasanさんの記事をご覧になった読者の清美さんが、フェイスブックページにお写真を投稿してくださいました。

ミスト祭り!

b0208652_5185375.jpg


名前から想像する色と実際の色がまったく違うこともあるので、こうやってスプレーしたものを見せていただくと安心できますね。

こちらはミスターヒューイ(Mister Huey's)。

b0208652_5213251.jpg


ミスターヒューイはタタードエンジェルと違って、大半がキラキラの入っていないミストです。エイミー・タンジェリンが使うミストはほとんどこのタイプです。

ミスト祭りを受けて、クロップパーティーのふーこ店長から「メーカーに在庫のある色は全部仕入れましょう」とご連絡がありました。これは楽しみです!

ちなみに「ミスター」は「Mister」。Mist(ミスト)にerがついて「ミストするもの」で、名前の頭につける敬称のMisterにかけています。そして「ヒューイ」は「Huey」。英語で色相のことをhue(ヒュー)といい、これは男性の名前ヒュー(Hugh)の語尾にyをつけて愛称で呼んだ時の音にかけています。つまり「色さん」と擬人化したダジャレですね。

これ、ちょっと恥ずかしいオジサンギャグと感じるのは私だけでしょうか?フェイスブックでは、コメントの流れから「長嶋監督がミストしているところを想像してしまった」などというおかしな人も(笑)。でも日本で「ミスター」と言えば彼ですよね。

夫に「ミスター・ヒューイって言ったら何を想像する?」と聞いてみたら、「お年寄り」と言われました(ヒューはどちらかと言うと古風な印象の名前なので)。確かに私もヒューと聞いたらヒュー・グラント、ヒュー・ジャックマン、ヒュー・ヘフナーなどを思い浮かべますが...こんなにかわいい色のオシャレなミストなのに(苦笑)。

さらに余談ですが、最初の記事を書くにあたって日本ではどれくらい普及しているのだろうとカタカナで「ミスターヒューイ」と検索したら、競馬情報が出てきました。

数年前にスコアリングボードの記事を初めて書く際も、カタカナ検索ではスポーツ試合のスコアを付けるボードしか出て来ませんでした。しかし今ではペーパークラフトの道具としてすっかり定着し、たくさんのサイトが出て来ます。

ミスターヒューイもオシャレなカラーミストとして市民権を得る日が来るでしょうか(笑)?

ミスト祭りは続きます。いつもノリよくみんなを盛り上げてくださるブログ「すぶろぐ」のmadame_chinさんもスワッチを作ってブログ記事にされています。

b0208652_6134287.jpg


彼女はマーサのボーダーパンチを使ってステンシルされています。これだと長ーく模様が入れられるので、カードやアルバム作りへの応用が利きますね。

実験結果はどうなったかというと...

私も続かせていただきますよ。スプレーではなく、ボトルのキャップを外して管から垂れてくるインクを落としたスプロッチのサンプルも作りました。

b0208652_6192695.jpg


2、3色の組み合わせにしています。

壁に掛けてにんまり眺めていたら、どうしてもこれらを使ったカードが作りたくなりました。背景ではなくて、インクのしみがメインデザインのアブストラクトアートのようなカードです!

b0208652_624039.jpg


カラーコーディネートしたラベルを貼って...

b0208652_6244979.jpg


その都度ふさわしいフレーズをスタンプをして使おうと思います。

b0208652_625123.jpg


おまけ。

昨日はブログの更新をしませんでしたが、フェイスブックでは遊びで外出先からこんなクイズを出しました。

b0208652_6341472.jpg


「バブルバス?」、「竜宮城?」。

ヒントを出すと...

b0208652_6351187.jpg


「親指姫になってチューリップの中?」、「イソギンチャク?」、「レディガガの撮影会?」...何だそりゃ(苦笑)?

答えは...

b0208652_6373612.jpg


洗車機でした。ヒントですぐに分かると思ったんだけれど、みなさん想像力が豊かでいらっしゃるようで(笑)。

それでは今日も応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-03-24 06:43 | ペーパークラフト

スタンプアタック!iPhoneダイアリー

今日も簡単にiPhoneダイアリー形式で失礼いたします。スタンプアタック(笑)!最近入手したスタンプをいくつかピックアップしています。

インターネットショップでひとめ惚れして購入したスタンプセット。かわいい缶入りで、お値段もカヴァリーニ並によかったのてっきり木製の持ち手がついているものだと思い込んでいたら、フォームスタンプでガッカリ。

b0208652_7583594.jpg


フェイスブックで話題にしてみると、どうやらフォームマウントのスタンプが苦手なのは私だけではないようでした。子ども向けスタンプではこのタイプが主流で、私もディズニーランドのお土産屋さんで買ったものなどいくつか持っています。安全でいいのかもしれませんが、なんせ軽いので浮きやすく、スタンプがずれてしまうんですよね。

しかし使いにくいと言って避けてしまうには惜しいデザインです。試しにクリングスタンプのようにアクリルブロックにくっつけてみました。

b0208652_825679.jpg


適度な重みと安定感が出て快適にスタンプできました!

b0208652_8225694.jpg


ただしクリングスタンプのように勝手に貼り付いてはくれないので、工夫が要ります。私はリスティッカブルというものを使いました。

b0208652_8333942.jpg


これについては過去の記事で少し詳しく書いていますが、おそらくアンマウントスタンプ用のタックンピールというものとよく似ていると思います。お持ちの方、ぜひ試してみてください。私も買ってみようと思います。

セットのスタンプはどれもかわいくって、使うのが楽しみ。

b0208652_9115042.jpg


シュールなふくろうさんはティム・ホルツのディストレスマーカーでインキング。スタンプした後、ウォータブラシでちょこちょこっとこすっています。

b0208652_8525782.jpg


リボンが消えているところに注目です。本物のリボンを付けようと思っているのです。ペン型のスタンプインクならこんなことも簡単です。

ディストレスマーカーとの出会いは私のスタンプの使い方に革命をもたらしました、なんて言うと大げさですが(笑)、単色のインクでポンッと押しただけの雰囲気こそがスタンプらしくて一番と思っていた私にとっては画期的な出来事だったのです。

絵心のない私でも、まるで水彩画のようなバタフライが描けちゃいます。

b0208652_933163.jpg


インクを付けるところから完成まで、ひとつ1分半くらいです!

ラベルもスタンプです。ディストレス風(アンティーク調)の作風で知られるティムのこの春の新作だけあり、掠れたようなデザインに味があります。

b0208652_952558.jpg


センチメントスタンプはいい加減集まったのでしばらく自粛しようと思っていたのですが、これだけはスルーできませんでした。

b0208652_993663.jpg


これ、ぜーんぶラベルに収まるのです!おめでとうやありがとうの他、ハロウィン、クリスマス、バレンタインなどの季節のフレーズも含まれている、文字通りオールオケージョンのスタンプセット。書体にクセがないのでくり返し使っても飽きないんじゃないかしら。

私はさっそく入院中の義母へのカードに「get well soon」のスタンプを使ってお見舞いカードを送りました。これまで持っていなかったので助かりました。

スタンプアタックは続きます。

ヒートエンボスで電線に止まる鳥さん。

b0208652_9434069.jpg


グリッター入りエンボスパウダーでピニャータ。

b0208652_9424389.jpg


「真理子さんがどんなふうにお使いになるか、楽しみです!」とふーこ店長がクロップパーティー便に同封してくださったバックグラウンドスタンプ。

b0208652_945167.jpg


ヘキサゴンも最近よく見るデザインですよね。うーん、どうやって使おう。

そしてこれ!ネットで見つけて即決でした。

b0208652_9475793.jpg


「crazy」、「silly」、「seriously?」、「wow」。我が家のアルバム作りに必要な単語がいっぱいです。なぜなら...

b0208652_951025.jpg


どちらがよりバカな顔ができるか、写真を撮って競い合うような夫婦ですから!

b0208652_9524015.jpg


夫の勝ちですよね。え?私も負けてない(苦笑)?

それでは今日も応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ



by marikobrown | 2013-03-22 10:00 | ペーパークラフト


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(43)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧