人気ブログランキング |

タグ:カメラ・写真 ( 80 ) タグの人気記事

男の生け花、元電気技師編

パティオのジュリア・チャイルドが花盛りを迎えていて、庭に咲いたバラを切って飾る、というささやかな夢が叶っています。

b0208652_5572461.jpg


優雅な焼き物の一輪挿しに飾るなんていうのはうちには似合わないので(第一そんなもの持っていないし・笑)、クリームやオリーブの空き瓶に挿してキッチンカウンターやテーブルに。これくらいが身の丈にちょうどいい感じです。

これもそうですが、ひとつの枝先からお花が2つも3つも咲いているんです。私の家に連れてきてから葉っぱの色つやや花つきがよくなるというのは稀なことなので、うれしいけれど「ちょっと話が上手過ぎる」と今後を警戒しています(笑)。

昨日は日曜日だったので、お茶をする時にテーブルに飾ろうと張り切って5つ切りました。いつもは1本なのだけれど、5本となるとやっぱりきれいに飾れなくて...デジャヴ(笑)?

見かねた夫が代わりに生けてくれました。思いっきりトゲが刺さって放送禁止用語を放っていましたが(笑)、私のリクエスト通り、お花をすべてこちら側に向けて密集させてくれました。

b0208652_623263.jpg


で、今日。撮った写真をダウンロードして見ていたら、あれ、お花、もしかして束ねてある?夫に任せて私はお茶の用意をしていたので注意を払っていなかったのだけれど、たしか奥の自分の部屋と行ったり来たりしていたような。

裏側を向けて確認してみたら...

b0208652_644788.jpg


!!!

これ、テレビやオーディオの後ろでケーブルを束ねるやつじゃないの?言ってくれればフローリストテープがあったのに。いかにも元電気技師のフラワーアレンジメントだったのでした(笑)。

ジュリア・チャイルド、つぼみがたくさんなので、まだまだ楽しめそうです。

b0208652_6474817.jpg


ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-10-18 06:51 | 日々の暮らし

地元新潟阿賀野市の夏まつり

小・中・高と一緒だった友人ツインズママさんが、「水原まつり 2011 (代官行列・民謡流し・灯籠来舞・時代村・大花火)」と題して地元の夏祭りのレポートをしてくれました。

私の故郷はいたって静かで平和な田舎町なのですが、夏祭りのこの3日間はまるで熱気が違うんです。お祭りのために生きている!なんていう祭り男&祭り女もいるし、よその土地で暮らしていてもこの日だけはすっかり町民に戻る人も。大人も子どもも皆とても楽しみにしているお祭りです。

ツインズママさんが迫力の写真を紹介してくださっていますが、大人数十人でやっと持ち上がるような巨大な灯籠を肩に担ぎ、ぶつけ合い押し合って勝負を決める灯籠来舞(とうろうらいぶ)というのが目玉です。風流というより、勇ましく男性的なお祭りです。

瓢湖のほとりで上がる花火も、商店街の端から端まで屋台が途切れなく続く夜店も、民謡流しも(父がやっていたため民謡好きで、リコーダーより横笛が得意な子どもでした)好きでしたが、私が毎年待ちわびていたのは「神楽」(かぐら)。標準語で言うと、神楽舞より獅子舞の方がイメージに近いのではないかと思います。

獅子舞は北海道から沖縄まで日本各地にありますし、チャイナタウンではカラフルでにぎやかな中国のものも見られますが、私にとっては子どもの頃から見てきたこの庚町(かのえちょう)神楽が一番!近隣の市町村でも何通りか見たことがありますが、庚町のものほどソウルフル(?)な神楽にはなかなか出会えません。

以下は、一昨年の夏に帰省した時に撮ったものです。

近所の公園にて。ホントはこれがメインなのだろうけれど...

b0208652_14111390.jpg


私が好きなのはこの4人組の踊り!

b0208652_14113041.jpg


シャン、シャン、と鈴を鳴らし、刀をかざしたり振り回したり。輪を広げたり縮めたり、時折体勢を低くしながら、太鼓と笛に合わせて踊ります。

b0208652_1411463.jpg


何がソウルフルってこの太鼓!こもったような、なんとも言えない音色で、とにかくビートが魅力的。結婚した年に初めて見た夫が、「この人たち、黒人の血が混ざってんじゃないか?」などと言って驚いていました。白人とアジア人にはリズム感がないという独断と偏見の持論を持つ夫ですから(ヒドいでしょ!)、おそらく最高の褒め言葉のつもりでしょう(笑)。

b0208652_14164194.jpg


探してみたら、ありました〜、動画!お祭りや太鼓が好きであちこち見て回られている都内在住の方がアップロードされているようです。ところどころビートがイレギュラーになるところが最高!1:20あたりから4人の踊りに編集されています。せっかくなのでぜひ音付きで。


 


ツインズママさんのところの双子ちゃんたちもやってもらっていますが、神楽に頭を噛んでもらうと頭が良くなるとか、よい子になるとか、病気をしないとか言われていて、ある程度の年齢の子どもたちは自分の頭を差し出すんです。かわいそうに、もっとちびっ子は泣き出します(苦笑)。

b0208652_14122726.jpg


まわりから促され、夫もガブッとやってもらっていました(笑)。

b0208652_14124231.jpg


夫にとってももちろん初体験でしたが、長い歴史のある庚町の神楽にとってもこんなに黒い頭を噛む機会は後にも先にもあんまりないことでしょう(笑)。

終わると彼らはこうやって次の町内へ。ひっぱりだこで、一日中踊って回ります。

b0208652_17444778.jpg


大人は夜に備えて昼間から飲んでいますが(笑)、子どもたちのお楽しみは仁和荷(にわか)。山車に縄を付けて、みんなで引いて「わっしょい、わっしょい」とかけ声をかけながら、町内安全、家内安全を願って町を練り歩きます。

b0208652_17474342.jpg


第二次ベビーブーマーの私の時代はこれの何倍もの長さがあり、少子化?過疎化?とちょっぴりさみしくなりましたが、それでも子どもたちは元気いっぱい。夫は男の子たちと仲良しになって、太鼓を教えてもらっていました。

b0208652_17543994.jpg


グッド、グッド、とおだてられて喜ぶ夫。大人より子どもたちの方が見栄も恐れもないようで、私の通訳なしでもがんばって英語を使ってコミュニケーションを取っていたのが印象的です。

夕方はいよいよ若い衆の出陣です。

b0208652_17595978.jpg


そこの2人、見つめ合い過ぎ(笑)!相思相愛なのはよくわかったから!初登場の弟です。

久しぶりに懐かしい写真を見ました。9月1日付けでこんな写真も。

b0208652_1845197.jpg


父に車を停めてもらい、夫が撮った一枚です。五頭連峰を背景に広がる色づいた稲穂の海。社会の教科書に出てきた(笑)、稲作の盛んな越後平野の東の端です。

写真中央から少し右のところにある頭が5つあるように見える山を五頭山(ごずさん)と言い、春の登山も秋の紅葉狩りももっぱらここでした。小学校の校歌にも出てきました。

ファイブヘッドでゴズサンと覚えた夫は、日本でもアメリカでも峰の数を数えてはニズサンとかサンズサンなどと言うのが得意技になっています(笑)。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングページに飛び、10ポイント加算されるしくみです。7日間の集計で順位が出ています。どうぞよろしく。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-09-03 18:46 | 日々の暮らし

ガーデンアルバム追加/蘭の奇跡/本日のジュリア/本日の悲劇

お花の写真だけに限定したアルバムを1冊作っています。

b0208652_1301567.jpg


バラ柄のテーブルクロスにバラ柄の表紙でクドいですが(汗)。

お庭を持っていないくせに(苦笑)、ガーデンアルバムと呼んでいます。記念日にもらった花束やパティオで育てたお花の写真が中心のポケット式のアルバムで、植えた日や咲いた日などのちょっとした記録を書いたインデックスカードも一緒に入れています。

一昨日買ってその日に撮ったジュリア・チャイルドの写真を追加しました。今年に入ってからの他のページも一部抜粋。

b0208652_1473450.jpg


去年の分も少し写真を撮ってブログ記事にしています。

よく見ると去年と同じ蘭の写真があります。なんと、去年の9月に買った6鉢の蘭のうち3鉢が生き残っており、なんとなんと、そのうちのひとつが今年また花をつけたのです!

b0208652_14262530.jpg


次から次へと新しい花芽が伸びて年中咲いている、なんていう人もいますが、私の場合は花が終わる頃には葉っぱと根っこも終わっているというのが通常なので(苦笑)、これは奇跡。

去年の姿。

b0208652_1427647.jpg


約1年後の今の姿。

b0208652_14274080.jpg


ごく短い花茎が1本だけ。花数もさみしく、花自体のサイズも去年よりひと回り小さいような気もしますが、いいんです。1年持ったというだけで私にとっては快挙なんです(笑)。

最近また暑さがぶり返し、昼間のコンクリートのパティオはとてもカメラを持って出られるような状態ではないので、朝の涼しい時間にジュリアと遊び(?)ました。

b0208652_14401879.jpg


緩み始めたつぼみにも惚れ惚れ。

b0208652_14411679.jpg


めしべが見えるとバラっぽくないと夫が言うので...

b0208652_1444038.jpg


バラのカタログを見せてあげたら、そのバリエーションの多さに驚いていました。去年、ミニバラの病気対策に困った私を見かねて友人がバラの栽培ガイド本を送ってくれるまでは、私自身もこれほどの種類があるとは知りませんでした。

品種にもよると思うのですが、このバラは八部咲きくらいのときに花を摘んでしまうのがよいそうです。次にひかえているつぼみの発育促進のためです。

どれくらいで八部咲きなのかちょっと掴めてませんが、夕方、完全に開いてるなというものはお店の人に教わった通り枝元から葉っぱを数えて切りました。

切ったバラをティーカップに挿して、気分はちょっぴりろんどんらいふ(笑)。ロンドンにお住まいのmappetさんのお宅は、お庭もテーブルセッティングも、もう、バラ、バラ、バラ〜。クラクラします(笑)。ご存知の方も多いかと思いますが、私も数年来の大ファンです。

つぼみがいっぱいなので、しばらくは気兼ねなく花摘みをして室内でも楽しめそうです。

b0208652_14554881.jpg


しかし悲劇が起こりまして...三脚から外す時にカメラがゴロンと落下。本体は大丈夫だったのですが、レンズが壊れてしまいました。写真ブロガーのお兄さんたちに、「新しいレンズを買えとのお告げだ」とそそのかされています(笑)。

バラ撮りに最適なレンズはどんなのかしら(←切り替え早過ぎ・笑)?

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングページに飛び、10ポイント加算されるしくみです。7日間の集計で順位が出ています。どうぞよろしく。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-08-26 15:53 | アルバム

黄色いバラ&フランス料理研究家、ジュリア・チャイルド(Julia Child)

鉢植えのバラを買いました。

b0208652_1610215.jpg


ジュリア・チャイルド(Julia Child)という品種です。

真っ赤な大輪のバラや優雅なピンク色のイングリッシュローズにも大変惹かれましたが、このジュリア・チャイルドには品種名を確かめる前に目を奪われました。というのも、同じ枝に白と黄色の花が咲いているように見えたからです。

バラ栽培の本やカタログでしか見たことがなかったのでてっきり鮮やかな黄色とばかり思っていましたが、咲き進むにつれ色が淡くなるのだと店員さんから教わりました。

つぼみは濃い黄色。

b0208652_16105994.jpg


今日買ったのでこれが咲き始めてからどれくらい経ったものかは分かりませんが、明るい黄色をしています。育種会社のサイトではバターゴールドと表現されています。フランス料理研究家だったジュリアにちなんでのバターかしら(笑)?

b0208652_16122043.jpg


こうやって薄暗くなってから撮った写真で見るとほのかなクリーム色をしていますが、日差しの強かった昼間の店頭では真っ白い花に見えました。

b0208652_16385268.jpg


切り花はたまにもらうし、小さなギフト鉢に入ったミニバラも育てたことがありますが、ホントのバラ栽培は初めて。身分不相応な気がして、少々恐れ入っています(笑)。

******************************

品種名を検索中、すばらしいブログに出会いました。帰宅して日が暮れる前に大急ぎで撮った私の写真ではその美しさが充分伝わらないと思うので、興味のある方はぜひグランパ・マチスのLos Angeles便りのマチスさんのお写真をご覧になってみてください。夢のようなお庭です。

******************************

ちなみに名前の由来であるジュリア・チャイルドも大好きです。彼女は60年代にフランス料理を母国アメリカの家庭に広めたことで有名なテレビシェフ・料理書著者。数年前にヒットした伝記映画「ジュリー&ジュリア」で若い世代の人たちにも知られたのではないかと思います。

私は日本にいた97年ごろ、パーフェクTV(現在のスカパー)のフードチャンネルでやっていた彼女の番組の再放送で初めて見ました。独特な声と話し方(映画ではメリルストリープが見事に再現していましたね)がとても印象的でした。私が渡米した頃はまだ料理番組などにゲスト出演したりしていて、その人気と影響力のほどを伺い知ることが出来ました。

亡くなったときはとても残念で、彼女のファンでお料理大好きな友人と長電話をして語ったのを覚えています。追悼番組での彼女にゆかりのある料理家たちへのインタビューがとても興味深かったのも鮮明です。

ジュリアのアシスタントをしていて、自身も後に人気テレビシェフ・グルメ雑誌編集長となったサラ・モールトンがジュリアから学んだことは、「料理がどんなに不本意に仕上がっても、視聴者にはあたかもはじめからそのように意図したと思わせること」だったそうです。明らかに焦げていても、「こんなふうに香ばしくていい焼き加減にね」といった具合に(笑)。

料理ライブで人気を博したエメリル・ラガシは、「最も強烈に記憶に残っているのは、番組中手が滑って全長1メートル以上あろうかという魚をバーンと床に勢いよく落としてしまったあと、何ごともなかったように尾ひれの根元を掴んで拾い上げて料理の説明を続行したところ」と言っていました。なんだか怖いものなしの彼女らしいなあと、想像がつきませんか(笑)?

ジュリア・チャイルド(バラの方)、また撮ろうと思います。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングページに飛び、10ポイント加算されるしくみです。7日間の集計で順位が出ています。どうぞよろしく。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-08-24 18:08 | 日々の暮らし

マーサ・スチュワートのマットパッドでトラベルスクラップブッキング

お出かけ写真のアルバム作りにぴったりのものを見つけました。

b0208652_11594848.jpg


マーサ・スチュワートのトラベルマットパッド(Travel Mat Pad)というものです。

4.75x6.75インチ(約10x15cm)のペーパーセット。マット(mat)とは写真の下に敷くペーパーのことで、写真よりひと回りくらい大きいサイズが一般的。それが冊子状(pad)に綴られたのがマットパッドです。

エッジパンチでまわりに貝のパターンを入れたこれもマットになりますし、ワークショップに参加して作った去年のバレンタインスクラップブックもマットを多用しています。

マットを取り入れたレイアウトは、Miracle Colorのたたさんが本当にお上手です。カラフルなマットをちらりと写真の下から覗かせたり、写真と縦横の比率の違うマットを合わせてまわりを飾ったり...北海道でスクラップブッキングの講師をされているたたさんには、いつもインスパイアされています。

マットはもちろん12インチや8インチのペーパーからも作れるのですが、初めから4x6インチの写真にちょうどいいサイズにカットされているのでムダが出ないし、テーマの揃ったペーパーがセットになっているのでアルバム作りもいくぶんかスムーズ(なはず・笑)です。

マーサ・スチュワートに限らず、ペーパーパッドは12インチ、このマットパッド、そしてボーダーパッドと言って長い辺が12インチの細長いペーパーのセットがシリーズになって出ることが多いのですが、実はマットパッドを買ったのは初めてでした。大は小を兼ねるからと(笑)、一番大きな12インチのパッドばかり選んでいたのです。

でも、たとえばほんのひとつかふたつだけモチーフをパンチするのに12インチを下ろすのは少々躊躇してしまうもので、勇気を持てずに(笑)見送ったりすることも。その点お手頃価格でいろんな種類のペーパーが少しずつ手に入るマットパッドは利用価値が高いかもしれません。

試しに写真を重ねてみました。

270kmの長ーいドライブ中の景色にやじるし柄のマット。東西の移動だったので、左右を指すやじるしがイメージにぴったりです。

b0208652_14232423.jpg


マップ柄もお出かけっぽさ満点。

b0208652_1441516.jpg


州境の看板にはハイウェイサインの柄を。

b0208652_14451561.jpg


砂漠植物にはナゼか方眼紙がしっくり来る(笑)?

b0208652_14471083.jpg


7月初旬の連休中に撮ったお出かけ写真は合計600枚にもなるので、選んで編集する作業だけでもいっぱいいっぱい。せめてレイアウトはトラベルテーマのマットパッドでさくさくっと...と目論んでいるのですが、やっぱりきっと悩むんだろうなあ(苦笑)。

マットパッドはもう一冊追加しました。

b0208652_15101275.jpg


こちらはブライト(Brights)。明るい色の、マーサっぽいドット柄やチェック柄のペーパーのセットです。すでにカードをひとつ作りました。カードならすぐに飛び込めるのに、どうしてスクラップブッキングは構えてしまうんでしょう。

スクラップブッキング、私にとってはまだまだハードルの高いクラフトです。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックするとランキングページに飛び、10ポイント加算されるしくみです。7日間の集計で順位が出ています。どうぞよろしく。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-08-14 15:37 | アルバム

なげやりモード100%の花火写真、ビフォー&アフター

日本は花火大会の季節ですね。この辺ではディズニーランドやシーワールドなどのテーマパーク以外では独立記念日とニューイヤーイブくらいしか大きな花火が見られないので、探せば毎週花火大会のハシゴが出来そうなこの時期の日本が羨ましいです。

今までちゃんと花火を撮ったことが一度もなかったので、今年は張り切って完全装備で挑んだというのに、まさかの結末に終わってしまった独立記念日。

実は出口を抜けて駐車場に出たとき、振り返ってほんの一枚だけ撮っていたのです。

b0208652_1618787.jpg


まわりは強い蛍光灯で青白く照らされ、向こうからの風で煙が流され空は灰色っぽく、三脚も立てずに手ぶれ覚悟で、そのときたまたま付いていたレンズとカメラ設定でなげやりモード100%。

...のわりには普通にコンデジの花火モードあたりで撮ったくらいには見えませんか?実はこれ、RAWデータからの現像とフォトショップで、目も当てられないようなオソマツ写真をちょっとばかり見栄えよく編集してあるんです。

じゃーん、ビフォー(左)&アフター(右)。

b0208652_16182034.jpg


あんなになげやりに撮った手ぶれ写真がここまでどうにかなるのなら、もうちょっとソノ気で取り組むんだった〜!後悔先に立たず。早々とへそを曲げてしまうと損ばっかりです(苦笑)。とりあえず、独立記念日スクラップブッキングに出来そうな一枚は確保できました〜!

*************************

アメリカ在住の日本人は口を揃えて「日本の花火の水準の高さはすごい」と言います。アメリカの花火はしょぼい、の隠語とも言えるのですが(笑)、その日米差は歴然。

テレビ中継されるようなもの以外は、たとえばサンディエゴで一番大きな花火大会でも、日本の田舎の名も知られていないような夏まつりの花火の方が立派だったりするかもしれません。

独立記念日だけあり、最初に国歌が流れたり、国旗がハイライトされたり、打ち上げ中も海軍のマーチなどそれっぽい曲がBGMになっていたり、ときどき赤白青の星条旗カラーの花火なんかがわーっと上がったり...なんというか、雰囲気攻撃(笑)?

とにかく日本の花火は素晴らしいと思います。

興味本位でちょっと調べてみたら、「日本一」というのは打上玉数や火薬量、寸法、技術、それに観客数などなど、基準によって違ってくるそうですね。それでも日本三大花火大会と言われるものはあるようです。

そのうちのひとつ、新潟県の長岡まつりの花火は、私も見に行ったことがあります。信濃川沿いで打ち上げられるのですが、大きな橋に沿って滝のように流れる演出のナイアガラという花火がとても印象的でした。

その他には世界一の四尺玉を誇る、新潟県小千谷市の片貝まつりの花火にも行ったことがありますし、関東にも6年ほど住みましたので、隅田川や多摩川の花火を見る機会にも恵まれました。

でもやっぱり好きなのは地元の花火です。私が幼少の時に引っ越して来た町には白鳥渡来地として有名な瓢湖(ひょうこ)という湖があり、夏まつりの花火はこのほとりで打ち上げられるのです。水面に写る花火がとても美しいんですよ。今度はいつ見られるかな?

*************************

先週、先々週と、恐ろしい暑さの中あちこちお出かけしていましたが、先週末から急に気温が下がり、今週は22〜23℃ととても過ごしやすい日々が続いています。

きっとまた恐ろしい熱波が襲ってくるのだろうから、今のうちにとキャビネットやクローゼットの整理をしたり、家具を動かして掃除をしたり配置を変えたりしています。

布やペーパーもぼちぼちいじっていますので、まもなく通常のハンドメイドブログにカムバックできるかと思います。どうぞまた覗きに来てくださいね。

ブログランキングに参加しています。応援してくださいね。ワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-07-14 19:44 | 日々の暮らし

iPhoneダイアリー第3弾:超日常編

この2、3週間で撮ったお出かけ写真は膨大で、しかもRAW画像と言ってフィルム写真の「現像」に相当する処理が必要なフォーマットで撮影しているため、もう圧倒されて、どこからどう手を付けたらいいのやら。

その点、携帯で撮る写真は気軽でいいですね。ということで、ひさびさのiPhoneダイアリー!第3弾は超日常(笑)編です。

数日前からものすごくキムチが食べたかったので、夕方、韓国系のスーパーへ。

b0208652_16333159.jpg


キムチやナムルやお豆腐のお惣菜や...

b0208652_16391610.jpg


韓国風のり巻きを買って...

b0208652_16422993.jpg


お野菜やフルーツも新鮮でとても安いので、ピーチ隊長も参戦。真剣です。

b0208652_16432839.jpg


焼き菓子やプリザーブには火を通しても酸味の残るイエローピーチを選びますが、生で食べるならホワイトピーチやホワイトネクタリンの繊細な甘みの方が好きです。

私は完全に焼き肉&キムチ腹だったのに、帰り道...

b0208652_1659645.jpg


コストコのピザ腹になってしまった人が約一名。

b0208652_17212416.jpg


なのでホールでオーダーして冷たいものを食べながら焼き上がりを待ち...

b0208652_1783566.jpg


持ち帰ってピザディナーと相成りました。

私はチーズが100%モッツァレラでないピザは好きではなく、ソースにも生地にも好みがあってちょっとうるさい方なのですが、夫はデカくて(コストコのは18インチ=45センチ強!)具がどっさりならなんでもいいみたいです(笑)。

コストコのベリーベリーサンデー(Very Berry Sundae)は美味しいですよね。先週、今週と2回も食べたので(笑)、私は今日はモカのフローズンドリンクを。

iPodを車のラジオにドッキングするケーブルが壊れてしまったので、クローゼットからCDの箱を掘り出してきて、出かけるごとに1、2枚持ち出しています。今日のチョイスはこれ。

b0208652_17354733.jpg


私の手が写り込んでるし、デイヴのあごに付いてる丸いのは何だろうと思っていたら、これ、iPhoneのレンズですね。ゆるーくかるーく、のiPhoneダイアリーは編集一切ナシ(笑)!

夕暮れ時に聞く「Waterloo Sunset」」が素敵。メロディもコーラスも美しく、レイの声がとても優しい、キンクスのバラードではお気に入りの曲です。

ほんの数年前までは当たり前だったのに、車にCDを持ち込むという行為がなんだかレトロに感じます。そのちょっと前まではカセットテープだったのにね。

小僧寿司チェーンのキッズミールのランチボックスにチェッカーズのカセットを全部詰めて、長野県の野尻湖や福島県の鶴ヶ城へお花見ドライブに連れて行ってもらったのが懐かしい(笑)。

帰り道、明るい空に白い月が出ていました。

b0208652_181345.jpg


真ん丸に近かったので調べてみたら、次の満月は15日とのこと。このあいだは海に沈みかけているオレンジ色の月を、夜中、車窓から見て、こんなの撮れたらいいなあと思いました。

明日は朝ご飯から3食キムチとナムル食べて、お夕食は焼き肉。リベンジです(笑)!

思いっきり日常的な、自分の覚え書き要素丸出しのiPhoneダイアリーでした。

ブログランキングに参加しています。どうぞ応援してくださいね。ワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-07-13 18:30 | 日々の暮らし

ハイビスカス、グラジオラス、独立記念日

パティオが日陰のうちに...

b0208652_224490.jpg


ハイビスカス、今日は横顔を撮ってみました。昨日はふたつ、今日はひとつ咲きました。一度にいっぱい咲いてくれないかなあ。

グラジオラスもだいぶ開きました。

b0208652_446394.jpg


昨日はアメリカ独立記念日。花火を見にふたたびサンディエゴ・カウンティフェアへ。

b0208652_2335253.jpg


今回は撮影を目的としたので、前日からマニュアル本の花火の撮り方のページを読み、カメラ機材を一式詰め込み、三脚を立て、リモートレリーズをセットして、いざ9:00pm...

...というところで気づきました、私たちが座っていたアリーナ席からはちょうどひさしの部分にかかって花火が見えないことに!ヒュルヒュルヒュル〜の部分は見えるんです。でも肝心の開いたところがゼンゼン見えない!

同じ階にいた人たちは一斉に見えるところへ降りて行きましたが、私はもう三脚を立てるスペースも別のロケーションを探す時間もないと判断したらガックリと来てしまい、花火が終わって大混雑する前にと駐車場に足が向かってしまいました。

ドーンとお腹に響く花火の音を背中に聞きながら、ときどき振り返って涙でにじむ(笑)光線を見上げながら...失意の独立記念日2011だったのでした。

展示されていた写真を受け取りに、今日もこれからフェアグラウンドへ。すでに31℃だ〜。

ブログランキングに参加しています。どうぞ応援してくださいね。ワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-07-06 03:07 | 日々の暮らし

夜のサンディエゴ・カウンティフェア 2011

アメリカ独立記念日(7月4日)が近づいてきました。今年は月曜日なので3連休。我が家は夫が有給休暇をつなげたので5連休です。

昨日はさっそくデルマー・フェアグラウンド(Del Mar Fairgrounds)で開催中のサンディエゴ・カウンティフェア(San Diego County Fair)に出かけてきました。

b0208652_11315157.jpg


人ごみ、炎天下、渋滞...と私の苦手なものばかりのカウンティフェアですが、夜に出かければ日差しだけは避けられます。

屋台も...

b0208652_11425078.jpg


絶叫マシンも...

b0208652_11431115.jpg


...素通りしてまず向かったのは、フォトグラフィーコンテストの会場です。

b0208652_11433480.jpg


はじめて応募したコンテストで一次審査を通過した、私の写真も展示されているからです。

b0208652_1146043.jpg


右上についてるリボン?残念ながらは受賞はなかったのですが、Honorable Mention(選外佳作賞)というものをいただいたのです。

b0208652_11504412.jpg


やった!

プロ・アマチュア問わず応募できるこのフォトコンテスト。一次審査通過作品はどれも素晴らしく、大変刺激を受けました。と同時に、「これなら私のクラスメートの方が上手く撮っていた!」というような作品が受賞していたりして、受講したデジタルフォトグラフィーのクラスのレベルの高さにも気づかされました。

よい作品に触れて夫も私もすっかり士気が上がってしまい、迷った末に一眼レフカメラと三脚を車のトランクにお留守番させたことを後悔しました!ここで使っているコンデジ(Canon G11)は気に入っているのですが、やはり夜や蛍光灯の下での撮影には限界があるようです。

写真をじっくり見たあとは、屋外のステージでジョーン・ジェットのコンサート

b0208652_1216065.jpg


彼女(Joan Jett)は、私の好きな数少ない女性ボーカリストのひとりです。

10時を過ぎても人でいっぱい。

b0208652_1229771.jpg


そしてフェアと言えばこれです。

b0208652_12293978.jpg


フライドフード!てんぷらのような衣をつけてこんがりキツネ色に揚げたカリカリのチキンやオニオンリング、小判型にスライスしたポテトあたりまでは普通のメニューにもありますが...

フライド・オレオ(クリーム入りのココアクッキー)、フライド・トゥウィンキー(ホイップクリーム入りのスポンジケーキ)、それにフライド・クロンダイク(チョコレートコーティングのバニラアイスクリーム)って!

...フェアならではの珍味です(笑)。

私はオーソドックスにフライドフィッシュとフライドズッキーニスティックを、夫も冒険せずにハンバーガーを、ABBAのコピーバンドのパフォーマンスを見ながら食べました。

フォトブースでタテに4枚つながったフェアお決まりの証明写真を撮り...

b0208652_13131951.jpg


アイスクリームを食べながら駐車場までぶらぶらと歩き、渋滞に巻き込まれて深夜の帰宅。久しぶりに楽しい夜遊びでした。

絶叫マシン?100万円もらっても乗りません!

アメリカ在住のみなさん、楽しい4th of July weekendを。日本のみなさんもどうぞよい週末をお過ごしくださいね。

ブログランキングに参加しています。どうぞ応援してくださいね。ワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ

by marikobrown | 2011-07-02 13:21 | 日々の暮らし

サンディエゴ現代美術館 in ラホヤ(La Jolla)

先週行った、ラホヤ(La Jolla)にあるサンディエゴ現代美術館(Museum of Contemporary Art San Diego)のレポートです。この日の写真はすべてコンデジで撮っています。
b0208652_17555750.jpg


入館する前から、こんな彫刻がお出迎え。手の部分が動いています。

b0208652_17565151.jpg


どんなに大きいか、友情出演者との比較でお分かりいただけるでしょうか。

エントランス。残念ながら、ここからは先は撮影NGです。

b0208652_17571814.jpg


HIGH FIDELITY: Selections from the 1960s and 1970sというエキセビションをやっていました。たまたま学芸員による無料のガイドが始まったのでラッキーでした。

モダンアートはエキセントリックで分かりづらいものはあまり得意でないけれど、単純に視覚に訴えるポップでカラフルでかわいいのは大歓迎!恐れ多くも、「このアイデア、いただき♪」などとつぶやきながら見てしまいます。

EMPEROR'S RIVERという写真展も開催中。サンディエゴのフォトグラファー、Philipp Scholz Rittermannによる、急速に発展する中国の新旧のコントラストをとらえた作品の数々です。

夫は政治的角度から内容について論議したがっていたけれど、私はほとんど無視で(笑)ただただそのパノラミックなワイドアングルの素晴らしさとプリントの質の良さに感嘆。一枚の写真が何メートルもあるんですよ。

屋外の彫刻の庭では撮影OKです。ボートで出来たスカルプチャー。

b0208652_17574640.jpg


いったい何でくっつけてるんでしょうね?クラフトボンドじゃムリ。

b0208652_17581520.jpg


作品の大きさと遠近法で、いつもは大きな友情出演者も今日ばかりは小さく見えます(笑)。

これは指摘されるまで気づきませんでした。分かります?

b0208652_17583942.jpg


まるでクッキー型で抜いたよう!

他にはこんなのとか...

b0208652_1759446.jpg


こんなのとか...

b0208652_17593377.jpg


...いかにも夫が「オレには解せねぇ」とブツブツ言いそうなタイプの作品群。

しかしこのボート、しつこくて悪いけど、やっぱり物理的にすごいよね。ほんと、いったいどうやって接着してるんだろう(完全にクラフター目線・笑)。

b0208652_181329.jpg


ちなみにどの写真でもチラリと入っている黄色いホース。これも展示の一部なんだそう。私は「水まきをしたあとのしまい忘れかしら?詰めが甘いわ」、などと思っていました。

見下ろせばすぐ海の、とても景色のよい美術館です。いちばん長居してしまったのは...

b0208652_182442.jpg


ペリカンのご一行様が飛んでいくのが見えるテラスでした。

b0208652_1823269.jpg


寒くて外にいられなくなるまで撮りつづけ、この日いちばん多かったのはペリカンの写真!一眼レフカメラを車にお留守番させたことを激しく後悔したのでした。コンデジではこれが限界。また撮りに行かないとね。今度はもう少し明るいうちに。

*************************

先週末はミラマー基地へ、今日はコロナドビーチへ、そして明日はジュリアンへ行くのだけれど...写真の選択と編集が追いつかない!お出かけ写真をその日か翌日に記事にしていらっしゃるブロガーさんたちってすごいです。私はハンドメイド記事も数日遅れでアップしてるのに。

まあ、どうか気長にお付き合いください。

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。みなさんのワンクリックで10ポイント発生し、過去7日間の集計で順位が出ています。

押してね、これ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

これも応援してね↓
人気ブログランキングへ


 
by marikobrown | 2011-06-26 18:19 | 日々の暮らし


ごくシンプルな手作りカード、アルバム、ペーパークラフト、ツールやマテリアルの使い方etc、カリフォルニア州サンディエゴからお届けするハンドメイド日記です


by marikobrown

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ

(304)
(196)
(134)
(112)
(80)
(64)
(63)
(59)
(55)
(48)
(48)
(47)
(45)
(44)
(43)
(43)
(39)
(37)
(32)
(27)
(27)
(22)
(20)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(9)

カテゴリ

全体
日々の暮らし
カード
アルバム
ペーパークラフト
雑貨・文具
ハンドメイド
未分類

Blogs to Visit

写真ブログ:
Cafe Room
ciao
DigiCameLife
Fourth street

アート/クラフトブログ:
Chocolate Card Factory
Ku:man no niwa
Miracle Color
Petit Bonheur
アンティーク・雑貨・アート・・・大好き
英国でハンドクラフト
てのひら書びより
ときめき日和

暮らし/子育て/地域情報ブログ:
A46-301号室。
今日の空模様
写真屋さんのママぶろぐ
新・フランス男との愛に満ちた暮らし
徒然雑記帳
もろてん。


ブログランキングならblogram





ブログランキング・にほんブログ村へ


ファン

以前の記事

2017年 06月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

ハンドメイド
雑貨

画像一覧